だいたひかる、完全に諦めていた出産「自分の命を守るのが精一杯」

 お笑いタレントのだいたひかるが11月30日に自身のアメブロを更新。出産を完全に諦めていた当時を振り返った。

【動画】49歳で高齢出産…母親が直面する苦悩と葛藤

 この日、だいたは「子供はもう無理だと諦めた時」というタイトルでブログを更新。「3年前の今日の写真が、動画に纏められていました!」と述べ、複数の写真がまとめられた動画を公開した。

 続けて、3年前の当時について「放射線治療から約半年が経って…不妊治療とかは全く考えていなかった」と告白。「40歳で乳がんが見つかって、抗がん剤をして…」「その時は自分の命を守るのが精一杯でした」と闘病していた当時を回想した。

 また「そのまま閉経する可能性が高いと言われていた」というも「3年経ち生理も戻りだして、まだ不妊治療できるかも!?」と考えた矢先にがんが再発したことを説明。「完全に諦めるのに十分な、条件が揃ってしまったと思った」と心境を明かした。

 最後に「あと2ヶ月で子供が生まれる事が 夢のようです!」と現在の状況についてつづり、ブログを締めくくった。

49歳で高齢出産した女性が明かす苦悩と葛藤とは?親のエゴと根強い批判も
49歳で高齢出産した女性が明かす苦悩と葛藤とは?親のエゴと根強い批判も
だいたひかる『子供はもう無理だと諦めた時』
だいたひかる『子供はもう無理だと諦めた時』
だいたひかるオフィシャルブログ Powered by Ameba
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」 - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]