「お化けがシートベルトしてるから」千原ジュニア、昨今のコンプライアンス事情を明かす
番組をみる »

 12月1日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#9が放送。MCの千原ジュニアが最近のテレビ番組のコンプライアンス事情に言及し、コンプラを守ろうとするあまり「おばけがシートベルトしていた」と自分の印象に残ったシーンを挙げた。

【動画】「お化けがシートベルト」昨今のコンプライアンス事情

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCはジュニアと日向坂46佐々木久美

 今回ゲストのゾフィー・上田航平は「コントが炎上する時代に提案したいこと!」というスピーチを披露。犯罪コントがOKだったりNGだったりする事例を挙げ、「コントでやっていいことと悪いことがわからない」「コントのコンプラ、無法地帯になってる」とスピーチで訴えた。

 それを受けてジュニアは、「バラエティ番組もね~」と口を開き、「タクシーの運転手さんが、後ろ見たらおばけが乗ってる……っていうシーンで、おばけがシートベルトしているから」と、制作側の苦心を察知。「降りる気ないねんから。めっちゃこわいで(笑)」と、コンプラがもたらすおかしな状況をジョークまじりに説明した。

 確かに、おばけを演じる“人間”には、シートベルトの着用義務があるが……。

「お化けがシートベルト」昨今のコンプライアンス事情
「お化けがシートベルト」昨今のコンプライアンス事情
『2分59秒』全話リスト
『2分59秒』全話リスト
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態を大島麻衣が暴露
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態を大島麻衣が暴露
ABEMA TIMES