「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6
番組をみる »

 12月5日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』act.6が放送。元AKB48で女優の中村加弥乃が嫉妬深い一面を明かした。

【動画】元AKB子役女優・かやのの告白シーン(30分頃~)

『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』とは?

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務める。

「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、織田奈那(以下:ナナ/23歳)、川合ルイ(以下:ルイ/20歳)、島津見(以下:けん/23歳)、大地伸永(以下:のぶなが/20歳)、永岡拓真(以下:たくま/25歳)、中村加弥乃(以下:かやの/27歳)、夏目アミリア(以下:アミリア/22歳)、吉永アユリ(アユリ/24歳)の男女8人。

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。さらにメンバーたちは一つ屋根の下で共同生活を送り、オーディション前夜には、選ばれた1組の男女だけが二人きりでひとつのベッドで一夜をともにする“同棲ハウス”に入居することとなる。

 ドラマ第4話は、遠距離恋愛で月に1度しか会えないながらも愛し合うカップルの恋物語。今回の主役は、台本には描かれていない「2人が付き合うきっかけとなった告白シーン」をアドリブで演じる女子からの告白オーディションによって決定。ただし、男子は自分の気持ちとは関係なく、両思いの結末に向かって告白を進めなくてはならない。

元AKB子役女優・かやの、嫉妬深い一面を告白

「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6

 ドラマ第4話は、遠距離恋愛で月に1度しか会えないながらも愛し合うカップルの恋物語。今回の主役は、台本には描かれていない「2人が付き合うきっかけとなった告白シーン」をアドリブで演じる女子からの告白オーディションによって決定。ただし、男子は自分の気持ちとは関係なく、両思いの結末に向かって告白を進めなくてはならない。

「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6
「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6

 そんな告白前夜、女子部屋ではお酒を嗜みながらの本音トークがスタート。お互いの告白相手を探る中、たくまへ想いを寄せ続けてきたかやのは、「(告白相手は)決まってる」ときっぱり。しかし、「だけど、辛くて一緒にいるとしんどいなって思うんだけど」「嫉妬だと思う」とその想いが大きくなりすぎて、嫉妬してしまうことを明かした。

「女の子のアドレス全部消させた」元AKB子役女優が嫉妬深い一面を暴露『ドラ恋~Kissing the tears away~』act.6

 さらに、かやのは「はじめて人とお付き合いしたときに、女の子のアドレス全部消させて」と過去の恋愛での嫉妬深い行動を暴露。他の女子メンバーに「独占欲強いだからツラくなっちゃうんだよ」と突っ込まれると、「はじめての人がそうだったから、それ以降は気をつけてる」と話した。

 かやのは想いを募らせてきたたくまに告白するのか?それとも…?『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』気になる中間告白オーディションは、ABEMAビデオにて配信中。

恋愛ドラマな恋がしたい~ Kissing the tears away ~
恋愛ドラマな恋がしたい~ Kissing the tears away ~
最新話を見る
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kissing the tears away~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kissing the tears away~
手を縛りながら脱がせ合いっこ…混浴後に課せられた‟秘密の課題”