千原ジュニアの記憶に残った「ちゃんと名前を呼んでくれる芸能人」とは?
番組をみる »

 12月1日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#9が放送。MCの千原ジュニアが「芸能界でコミュニケーションが上手いと感じる3組」の名前を挙げた。

【動画】「ちゃんと名前を呼んでくれる芸能人」3組は誰?

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCはジュニアのほか、日向坂46佐々木久美

千原ジュニアの記憶に残った「ちゃんと名前を呼んでくれる芸能人」とは?

 今回のスピーチゲストの一人が、事件レポーター・阿部祐二。阿部は「事件リポーターが伝授! 失敗しないコミュニケーション術」と題して「ジュニアさん、佐々木さん、事件です」とスピーチをスタート。嫌な相手へのファーストコンタクトのコツ、怒っている相手への対処法を熱弁した。

 するとジュニアが、「自分はコミュニケーション下手なんですけど、ほかの人を見ていて、『この人、スゴイな~』と感じる人がいる」と、ある芸能人らの共通点を告白。それは、阿部が今回のスピーチ冒頭で「ジュニアさん、佐々木さん」と呼びかけたように、最初に名前を呼んでくれる人だそう。

 1人はロックスター・矢沢永吉。ジュニアは矢沢とのエピソードを振り返り、「矢沢永吉さんも、絶対名前を言う。『永ちゃんが俺の名前言ってくれる!』って、グッと心を掴まれる」と明かした。

 2人目はベッキー。ジュニアは「ベッキーも絶対、最初に名前を言う」とベッキーの魅力を語った。そして3組目が、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマン。「絶対、楽屋挨拶に来てくれて、『ジュニアさん、きょうはよろしくお願いします!』って言ってくれる」と明かすと、阿部も「伊達さん、絶対言う!」とジュニアの説に同調していた。

 ジュニアいわく、伊達が相手の名前を呼ぶのは、サラリーマン時代に上司から習ったコミュニケーション術だそう。佐々木は「勉強になりました」と深くうなずいていた。

 ちなみに、ゾフィー・上田航平もジュニアと同じく人見知りだそう。「笑顔になったほうがいいって言われたけど(笑顔になれない時は)とりあえず口を開けておく」と明かし、飲み会などで空気が悪くならないよう口をポカーンと開けていると告白すると、ジュニアは「それ、エエな!」「油断させられる」と大絶賛していた。

「ちゃんと名前を呼んでくれる芸能人」3組は誰?
「ちゃんと名前を呼んでくれる芸能人」3組は誰?
『2分59秒』全話リスト
『2分59秒』全話リスト
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態を大島麻衣が暴露
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態を大島麻衣が暴露
ABEMA TIMES