女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞
番組をみる »

 2021年に女子中高生の間で流行したヒト・モノ・アプリ・コトバをランキング形式で発表する特別番組『JC・JK流行語大賞2021』が、11月29日(月)よりABEMAにて配信された。

【動画】女子中高生の間で流行したモノ・コトを“JCJK流行語大賞”として発表!

 『JC・JK流行語大賞』は、椎木里佳が代表を務めるAMF社と、トレンドのリサーチが得意な“JCJK調査隊”のメンバーが、その年の流行を「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」を4部門で調査&選考し、女子中高生の間で流行したモノ・コトを発表するもの。本放送では、各4部門における2021年のトップ5と“大賞”を発表する授賞式の模様が映された。

■「モノ部門」で『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞に!「TikTokで常に表示」され、話題もちきり!

女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞

 まずは「コトバ部門」から発表。TikTokやYouTuberなどから発信された“コトバ”が多くランクインする中、YouTuber・ウチら3姉妹のとうあが発信をし、使い勝手の良さから人気に火が付いた「気まZ(きまぜっと)」が1位に輝いた。進行を務める現役女子高生から「気まZ」を伝授された番組MCを務める児嶋一哉は、ポーズ付きで「気まZ」を初めて披露し、スタジオを沸かす一幕もあった。

女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞

 続く「モノ部門」では、韓国にまつわるモノが複数ランクインする中、1位にABEMAにて日韓同時、国内独占無料放送をしたグローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』(以下、Girls Planet 999)が輝いた。難しいミッションに協力しながら挑む参加者たちの一生懸命な姿勢や、プロ顔負けのパフォーマンスステージで、2021年最も注目を集めたオーディション番組となった。

 女子中高生の間では、「TikTokで常にオススメ表示されている」とトレンドの中心となり、デビューメンバーを選ぶ視聴者投票では「誰に投票する?」という話題で持ちきりに。見事、「モノ部門」の栄冠を手にした。

 なお、ABEMAでは『Girls Planet 999』の初回放送から多くの話題を集めた最終回までの全話を一挙独占配信中。女子中高生のみならず、世界中で大きな反響を呼んだ99人の少女たちによるデビューまでの軌跡を堪能できる。

 また、ABEMAでは、『Girls Planet 999』から誕生した9人組ガールズグループKep1er(読み:ケプラー)初の単独リアリティ番組『Kep1er View』を、12月2日(木)夜9時より日韓同時、日本語字幕付きで国内独占無料放送。Kep1erのメンバーが様々なミッションに挑戦し、メンバー同士の絆をより一層深める時間を過ごす様子や、メンバー9人による9色の魅力を存分に楽しめる内容となっている。

■「ヒト部門」では、2021年にデビューしたグローバルボーイズグループ『INI』が大賞を受賞!

女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞

 「アプリ部門」では、Instagramの動画や画像の加工ができる機能「ストーリーズエフェクト」が1位にランクイン。2021年は“変顔”がトレンドとなり、動物や宇宙人になったような画像加工が女子中高生の間で爆発的なブームとなった。

 スペシャルゲストのグローバルボーイズグループ・INIの佐野雄大は、グループ内で流行っているアプリについてエピソードを披露。「メンバーの田島将吾くんが、デビューしてからの思い出の動画を動画編集アプリで作ってくれて、それがすごく良かった」と、2021年にデビューしたばかりの彼らならではのコメントをした。児嶋が「仲良いね!」とリアクションをすると、INIのリーダーを務める木村柾哉は「仲良いです!」と堂々と応じた。また、実際にストーリーズエフェクトを使用して、児嶋やINIのメンバーが普段見ることができない“ガングロギャル”姿に…?

女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞

 最後に発表された「ヒト部門」では、スペシャルゲストで登場している『INI』が見事1位を獲得した。INIは、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生した11人組グローバルボーイズグループ。女子中高生からは、「デビュー前から応援できて、楽しかった」「メンバーに“可愛い担当”や“イケボ担当”がいて、それぞれいろんな担当があって素晴らしい」と多数の支持を得る声が寄せられた。また、「オーディション番組をお母さんが見ていて、一緒に見るようになった」と意見が飛び出すなど、幅広い世代から人気を集め、1位に輝いた。

 大賞を受賞した木村は「嬉しいです。“ヒト部門”1位という順位に恥じぬよう、活動していきたいです」、佐野は「ファンのあたたかさや、支えられることの素晴らしさを毎日実感しています」、池﨑理人は「ファンの皆さんに選んでもらった僕たちなので、感謝を忘れず、1位に恥じぬよう頑張っていきたいです」と、感謝の気持ちと今後の意気込みをそれぞれ語った。

 4部門のランキング発表を終え、児嶋は「女子中高生の間で流行っているヒト・モノ・アプリ・コトバを、出演者の中で1番わかっていなかったから、勉強になった。流行についていかないと、どんどん“おじさん”になっちゃうから…。これからも『JC・JK流行語大賞』に注目していきたい」とコメントした。

 コロナ禍での生活が当たり前になりつつあり、思い通りにいかない生活が続いた2021年。そんな日々の中でも、女子中高生は前向きに流行の発信を続け、そこから世代を超えて日本中でブームとなることも。そんな女子中高生たちが選んだ注目のランキングの全容は、2022年1月31日まで、無料で見逃し配信中。

■ABEMA『JC・JK流行語大賞2021』番組概要

配信日時:2021年11月29日(月)夜8時~9時
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL
放送URL:https://abema.tv/video/episode/534-8_s1_p1

出演:
MC:児嶋一哉(アンジャッシュ)
ゲスト:なえなの・ゆうちゃみ(古川優奈
スペシャルゲスト:池﨑理人(INI)・木村柾哉(INI)・佐野雄大(INI)
特別リポーター&進行:川井来夢・山口夢菜

■ABEMAで日韓同時、日本語字幕付きで国内独占無料放送『Kep1er View』

女子中高生の間で流行したモノ・コトは?ヒト部門はグローバルボーイズグループ『INI』が、モノ部門は『Girls Planet 999:少女祭典』が大賞受賞

初回放送日時:2021年12月2日(木) 夜9時~
放送チャンネル:ABEMA SPECIAL3
放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/D1NLJwibEX5Eej
出演:Kep1er

(C)AbemaTV, Inc. (C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

JC・JK流行語大賞2021
JC・JK流行語大賞2021
【日韓同時・国内独占放送】Kep1er View
【日韓同時・国内独占放送】Kep1er View