会員数1億3000万人のSNS「OnlyFans」で世界上位2%に入る日本人女性「フェチ度が高いコンテンツを作りたい」月収約100万の人気ぶり
番組をみる »

 12月6日に放送されたABEMA給与明細」で、話題の会員制SNS「OnlyFans」でトップクリエイターとして活躍するMARIさんが登場。大人向けコンテンツを制作し始めた経緯やOnlyFansで活動を続ける理由を明かした。

【動画】世界で上位2%の人気を誇るMARIさん

 「OnlyFans」とは、約7割が成人向けコンテンツで通称“18禁のインスタ”とも呼ばれる、イギリス発祥の会員制SNS。世界で1億3000万人が登録しており、近年では日本人クリエイターの数も増加傾向にあるという。そんなOnlyFansの投稿者の中で、世界の上位2%にランクインしているトップクリエイターの一人がMARIさんだ。月額20ドルの有料会員に向けて毎日投稿を続けているという彼女は、フォロワー数はおおよそ350~450人。メインコンテンツは「ウェット&メッシー」という、衣服をローションなどで濡らしたり汚したりする行為で性的興奮を感じさせるフェティッシュなジャンルだそうだ。

 以前は社会人として働いていたMARIさん。大人向けコンテンツを制作し始めるようになった経緯について尋ねたところ、「もともとインターネット上にアップロードを始めたのが3年前。自分がいやらしいことをしているのを撮るのが好きだった。だからちょっとストックがあったんです」と告白。続けて「3年前に(ネット上に)出してみたらどんな反応が返ってくるのか気になって。収益化とか考えずに、自分と同じようなフェチの人いるのかなと思って投稿し始めたんです」と経緯を説明した。
 

会員数1億3000万人のSNS「OnlyFans」で世界上位2%に入る日本人女性「フェチ度が高いコンテンツを作りたい」月収約100万の人気ぶり

 OnlyFansを利用するようになった理由については「大きく2つある」といい、「1つはダウンロード形式にしてしまうと、違法アップロードばっかりされちゃうんですよ。一生懸命作ったものを無断で、しかも自分が嫌だなってタイトルに変えられて、他の無料で見れるサイトにアップロードされてしまう。それが嫌だなと思った」と本音を吐露。さらに「(もう一つは)よりフェチ度が高いコンテンツを作りたいと思ったので。限られた方だけが見ることのできるサイトにシフトチェンジしていきました」と、OnlyFansのメリットについて語った。

 25分間のライブ配信で775ドル(約8万8000円)ものチップを稼ぐことがあるほか、月額料金や有料コンテンツなどの売り上げから手数料を引いた合計額を計算すると月収はおよそ100万円にものぼるという。そんなMARIさんは今後の展望について「これからの時代って、自分でコンテンツを作って自分でブランディングをして、自分で自分のコンテンツに値段をつけて販売するのか、サブスクとかそういうサイトを運営する時代だと思う」と説明。続けて「『ここでしかみられない』とか『この人がやってるこれじゃないと』と、いかに思ってもらうかが収益化に繋がると思う。なので局部を出したから収益に繋がるのか、激しいプレイをしたから収益に繋がるのかというと、そうではないと思います」と語った。
(ABEMA/給与明細より)

【動画】世界で上位2%の人気を誇るMARIさん
【動画】世界で上位2%の人気を誇るMARIさん
【動画】通称“18禁のインスタ”会員制SNS「OnlyFans」とは
【動画】通称“18禁のインスタ”会員制SNS「OnlyFans」とは