「『鬼滅の刃』 遊郭編」OPが最高に派手派手!Aimer「残響散歌」がかっこよすぎる
「遊郭編」第1話、見逃し配信中 »

 テレビアニメ「『鬼滅の刃』 遊郭編」が、ついに12月5日より放送開始した。女性歌手・Aimer(エメ)の楽曲「残響散歌(ざんきょうさんか)」を起用したOP映像が「派手派手」と称賛されている。

【動画】Aimerを起用したOP映像(4分30秒ごろ〜)

 アニメ「鬼滅の刃」は、2016年11月から2020年5月まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された吾峠呼世晴氏による大ヒット漫画が原作。2019年放送のテレビアニメをきっかけに社会現象的なブームを巻き起こし、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億5000万部を突破した。

 歌手・LiSAからバトンタッチして、「『鬼滅の刃』 遊郭編」で主題歌を担当するのは、気鋭の歌手であるAimerだ。第1話「音柱・宇髄天元」で、オープニング映像がさっそく公開された。OP主題歌「残響散歌」の疾走感あふれるサウンドに合わせて、主人公の炭治郎(CV:花江夏樹)や鬼殺隊の“音柱”宇髄天元(CV:小西克幸)たちが迫力の戦闘を繰り広げている。

 遊郭らしい華やかさも感じさせる映像は、宇髄天元の口癖に引っ掛けて「派手派手」と好評だ。「OPがド派手でかっけー!!」「OP映像から派手派手で良かった!」「流石宇髄さんOPから派手派手じゃないですか」「OPだけ1時間リピートで観れる!!」といった声が上がり、Aimer公式Twitterアカウントも「OP映像かっこよすぎます。。。」とツイートした。Twitterで関連ワードが次々とトレンド入りする中、「残響散歌」もトレンドランキングに並んだ。

 今後の展開を示唆するようなカットなどもあり、視聴者の考察も盛り上がっている。タイトルが表示される際、無限列車編では炭治郎と“炎柱”煉獄寿郎(CV:日野聡)が逆の方向を向いていたが、今回の遊郭編では炭治郎と宇髄天元が同じ方向を見ていることに注目した視聴者も多い。「煉獄さんとの別れって感じで結構しっかり涙腺にきた」「この形式伝統になる予感がしますねえ」「こーゆーとこも意味込めてるの好き」という声が寄せられている。

※煉獄の「煉」は、正式には「火+東」の字
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

【最新話】Aimerを起用したOP映像(4分30秒ごろ〜)
【最新話】Aimerを起用したOP映像(4分30秒ごろ〜)
TVアニメ「鬼滅の刃」無限列車編【全話配信中】
TVアニメ「鬼滅の刃」無限列車編【全話配信中】
TVアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編【全話配信中】
TVアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編【全話配信中】