観月ありさ、30年続けての“連ドラ主演”に「ライフワークのよう」
【映像】30年の“連ドラ主演”を振り返る »

 女優の観月ありさ(45)が、ABEMAテレビ朝日で放送されるドラマ「奪い愛」シリーズの最新作「奪い愛、高校教師」で主演を務めることが発表された。

【動画】観月ありさ、30年続けての“連ドラ主演”を振り返る

 鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた同ドラマは、ドロドロの愛憎劇や豪華俳優の怪演が大きな話題を呼んだ『奪い愛』シリーズの最新作。高校を舞台にした今作では、1人の男性教師を巡り、松本まりか(37)演じる婚約者の女性教師、AKB48岡田奈々(24)演じる女子生徒、さらに観月演じるその母親が、前代未聞の壮絶な奪い合いを繰り広げる。

 今作で連続ドラマの主演を30年続けることとなった観月。自身が達成した大記録を振り返り、「もうライフワークのように、毎年連続ドラマをやっているので、『何かやんないと逆におかしいな』みたいな感じになっている部分もあって。忙しくないと時間の使い方がわかんないみたいな部分もあります。ずっとあまり意識せずに、連続ドラマを毎年やってきたという感じなんですよね」と心境を明かした。(『ABEMAヒルズ』より)

観月ありさ「奪い愛シリーズ」主演に意気込み
観月ありさ「奪い愛シリーズ」主演に意気込み
観月ありさ 45歳で変わらない美貌
観月ありさ 45歳で変わらない美貌
シリーズ最新作!「奪い愛、高校教師」
シリーズ最新作!「奪い愛、高校教師」