脚本・鈴木おさむによる怒涛の展開と、豪華俳優の怪演で大きな話題となった「奪い愛」シリーズの最新作、『奪い愛、高校教師』が12月27(月)からABEMAテレビ朝日にて4夜連続放送。また、12月20日(月)より先行配信する第1話と、放送終了後の全話見逃しはABEMAにて独占配信される。

【動画】『奪い愛、高校教師』予告

 今度の舞台は、高校。男性教師とその婚約者の女性教師。そこに女子生徒とその母親も絡み、 前代未聞の壮絶な 禁断の奪い愛が展開されていく…。看護師をしている露子役に観月ありさ、高校教師の三太に大谷亮平、露子の娘役で女子高生の灯(あかり)に岡田奈々と、今回も豪華キャストが集結。

 三太の同僚であり、婚約者である華子は『奪い愛、夏』での熱演が人気を呼んだ松本まりかが演じる。お金持ちのお嬢様であり三太に一途な想いを寄せる華子。役作りについて、『奪い愛』シリーズへの想いについて、松本まりかに話を聞いた。

アクセサリーやメイクでも“華子らしさ”を出そうとアイデア出し

――大きな話題となった「奪い愛」シリーズの最新作、『奪い愛、高校教師』が年末に放送となります。オファーを受けた時はどんな感想をもたれましたか?

奪い愛、夏』の撮影時に、「これシリーズ化出来るね」というお話をしていて、覚悟はしていたのですけど…(笑)。実際にこうして新シリーズが作られることになって、(鈴木)おさむさんからお話をいただいた時は驚きましたし、嬉しかったです。

――今回も怒涛の展開が期待出来そうですね。

エンタメ、エンタメ、エンタメ!という感じの、良い意味でしっちゃかめっちゃかな作品で、こういう作品は最近やっていなかったので、お祭りという感じで楽しんでいます。

――松本さんが演じる、華子という女性がどんなキャラクターか教えてください。

社長の一人娘で、相当なお嬢様です。ちょっと韓国ドラマみたいで、その設定も面白いですよね、だけど、普通の高校の先生をしていて、恋人・婚約者に選んだのも同僚の先生で。本当に大切に愛されてぬくぬくと育ってきたので、嫉妬であったり、マイナスな経験をせずに歩んでこれたのかな?と思います。

――衣装やメイクなど見た目が清楚でお嬢様という感じですよね。

ピアスとかイヤリングが校則で禁止されていて、生徒はしていないのに華子さんは常にキラキラしていたい女性だから、「ここはつけていた方が良いだろう」と思って。衣装合わせのときにアイデアを出させていただきました。大きい指輪をつけて先生をしている、メイクもピンクの唇でうるっとさせているとか。先生なのですが、ご令嬢であるということを見た目にも出したかったんですね。学校で浮いているわけじゃなくて人気者の先生で…でもちょっと変わっている、という部分を出したいなと思いました。

――松本さんから色々な意見やアイデアを出されたのですね。

アクセサリーのこととか、そういう細かいアイデアで思いつくことがたくさんあって、楽しかったです。三太さんとの結婚式を教会で行うのですが、カトリックかプロテスタントか?という話をしたときも「絶対カトリックで」って。カトリック教徒というのは再婚を許さないんですよ。神父さんは再婚の結婚式に出てはいけないということを知って。だから華子さんは結婚相手に選んだ人を絶対に逃さないだろう、と。

「奪う方って体力を使う」女の戦いに参戦して

――今回、三太(大谷亮平)をめぐり、年齢も立場も違う女の戦いがかなり激化しそうですが、松本さん演じる華子はその中でどのような戦い方を見せていくのでしょうか?

『奪い愛、夏』の時のという役は、“奪われる方”の役柄だったので、奪う方って体力をすごく使うなと思いました。華子さんは三太さんのことが大好きで、絶対に離さないって思っているんだけど、キャラクターが突出しすぎない様にというのは、今回心がけていました。一番突出しているのは、露子さんなので。華子さんは派手じゃないポジションだけれど、ちょっと変だな?という違和感を出したいなと。

――劇中で、すごく話題になりそうな“鼻血のシーン”がありました。

やっぱりおさむさんすごいなって思ったのが、三太さんがサンタクロース、華子さんが「(名字が十仲(となか)で)真っ赤なお鼻のトナカイ」にかかっていたりとかして、工夫が本当に面白くて。その真っ赤なお鼻で、鼻血が出るシーンがあって、それがホラーな見た目になっている。どうしたらそうやって総合的に面白いことが思いつくんだろう? って思いました。

――視聴者の皆さんもビックリで、次の展開がとても気になってしまう演出ですよね!鈴木さんの作品によく出演される松本さんだからこそわかるすごさは他にありましたか?

大谷亮平さんへの演出の仕方です。大谷さんの面白さというのをよく分かっていらっしゃるなと思いました。大谷さんって天然で可愛らしくて、面白いさがあるんですよ。一番最初のシーンで心が掴まれて、私も笑いが止まらなくなってしまいました(笑)。

今回の台本を読んだ時に、おさむさんの筆がのってる、ペンが走っているのをすごく感じたんです。ビックリマークがたくさんついていて。私もその勢いにのって、自分の華子さんを演じられる様に頑張りたいです。

激動の一年 松本まりかの心を整えるものは?

――このドラマは年末に放送となりますが、松本さんの2021年を振り返ってどんな一年だったでしょうか?

もう、すごかったですね。怒涛でした。2020年、2021年とありがたいことに沢山の仕事をさせてもらいました。2020年はバラエティ番組への出演も多くて忙しかったのですが、2021年はシリアスな作品に関わることが多かったです。プライベートな時間はほとんど無かったような気がします。今年を振り返ることもまだ出来ない感じで、もう少し落ち着いたらはやく一年を最初から振り返る時間を作りたいなと思っています。

――そんな毎日お忙しい松本さんが、ほっと出来る瞬間はどんな時ですか?

運動は定期的にやって、汗を流しています。そのおかげもあって本当に体は丈夫で、全く体調は崩さすに過ごせています。

あと、最寄駅から自宅への道がすごく好きで、緑にあふれた住宅街なんです。今、家族や友達に会えていないから、お家の灯りから人のぬくもりをすごく感じるんです。どんなに疲れていても、タクシーに乗ったりせず、歩いて心を整えています。あとはベランダに出てぼーっと自然を眺めたり。来年は自分の時間ももう少し作れる様に。とにかく友達と、くだらない、なんてことのないおしゃべりがしたいです。

――ファンとしては松本さんのお芝居をたくさん観れることが嬉しいと思いつつ、ご自身の時間が持てるように祈っております。今日は素敵なお話をありがとうございました!
 

インタビュー・テキスト:中村梢、撮影:Mayuko Yamaguchi

新ドラマ『奪い愛、高校教師』番組概要(全4話)

松本まりか、『奪い愛』シリーズはエンタメの塊「お祭りという感じで楽しんでいます」激化する女の闘いに自信 『奪い愛、高校教師』

第1話独占先行無料配信:2021年 12月20日(月)夜9時〜
番組URL:https://abema.tv/video/title/90-1608 

ABEMA放送日程: 第1話 12月27日(月)夜9時~、第2話 12月28日(火)夜9時~、第3話 12月29日(水)夜9時~、第4話 12月30日(木)夜9時~

テレビ朝日放送日程:第1話 12月27日(月)深夜0時15分~、第2話 12月28日(火)深夜0時15分~、第3話 12月29日(水)深夜0時40分~、第4話 12月30日(木)深夜0時50分~

脚本:鈴木おさむ、音楽:沢田完、演出:小松隆志
出演:観月ありさ、大谷亮平、岡田奈々、松本まりか

松本まりかの女優人生初のチャレンジ!24時間で6人の豪華男性俳優たちと夢の共演
「奪い愛、高校教師」(予告)
「奪い愛、高校教師」(予告)
奪い愛、夏
奪い愛、夏