「この2日間炎上しない事だけ願おう」フィッシャーズ、ネット環境のない“無人島0円生活”に出発
番組をみる »

 12月29日(水)夜7時よりテレビ朝日にて放送される『ナスD大冒険TV年末4時間半SP 無人島で2泊3日0円生活』。本番組ではナスD、フィッシャーズ井上咲楽バイきんぐ西村瑞樹の4組が過酷な無人島生活を送る様子が届けられるが、放送に先駆けてフィッシャーズが無人島に出発するまでの一部の様子が公開された。

【動画】先行公開!フィッシャーズ、無人島上陸までの特別映像

 チャンネル登録者約700万人、動画の総再生回数は128億回超えを誇り、「ABEMA5周年大使」として、“ABEMA急上昇プロジェクト”で盛り上げ役も担っている、YouTuber集団・フィッシャーズ。メンバーのひとりで、会社員でもあるダーマは仕事の都合で今回参加することができなかったが、シルクロード、ザカオ、マサイ、モトキ、ンダホの5名で参戦することとなった。

「この2日間炎上しない事だけ願おう」フィッシャーズ、ネット環境のない“無人島0円生活”に出発

 『無人島0円生活』ではよゐこの姿を思い出す人も多いだろう。濱口優の「獲ったどー!」という流行語も生まれたほどだが、ナスDが「無人島0円生活は20年前によゐこから始まったんですよ。20周年が今年なんですけど、その主人公がフィッシャーズなんです」と明かすと、シルクは「感慨深っ。元々フィッシャーズとして活動を始めた時に、“サバイバルをしている人が憧れ”って言っていたからね。元々そういう集まりで作られた軍団ではあるから」とリアクションしていた。

 続けてンダホが「憧れ過ぎて、俺ら川でサワガニ獲って食べてたもんね」と振り返ると、シルクは「全員腹下したな。今回体調だけは絶対崩さないようにしよう」とメンバーに呼びかけていた。

 そんなフィッシャーズは動画撮影をする際、すべてアドリブで現場進行を作っていくという。シルクは「なので、大人が絡むと皆、心配してくれます。『それで大丈夫なの?』みたいな感じで」と笑顔で明かした。

「この2日間炎上しない事だけ願おう」フィッシャーズ、ネット環境のない“無人島0円生活”に出発

 いざ船に乗り、無人島へと向かったフィッシャーズ。無人島滞在期間分の動画は予約投稿してきたそうだが、シルクは「電波がないところに行くのって毎回緊張するんだよな」と本音を明かす。続けて、マサイが「大丈夫? 概要欄とかタグとかいじれないよ?」と聞くと、ンダホは「予約してきたから大丈夫。とりあえずこの2日間炎上しない事だけ願おう」とコメント、メンバーたちは「本当ソレ」「可能性あんのかよ」と笑い合っていた。

 果たして、フィッシャーズはどんな『無人島2泊3日0円生活』を繰り広げるのか。なお、地上波放送後、ABEMAでは見逃し配信およびABEMA限定コンテンツを独占配信することが決定しておる。また、ABEMAでは、フィッシャーズによるオリジナルコンテンツを合わせて配信することも決定。フィッシャーズファンはお楽しみに。(ABEMA「ナスD大冒険TV」より)

ナスD大冒険TV
ナスD大冒険TV
フィッシャーズ、無人島0円生活に向けて出発
ナスD大冒険TV
ナスD大冒険TV
【30秒PR】ナスD大冒険TV年末4時間半SP