脚本・鈴木おさむによる怒涛の展開と、豪華俳優の怪演で大きな話題となった「奪い愛」シリーズの最新作『奪い愛、高校教師』が年の瀬の12月27(月)からABEMAテレビ朝日にて4夜連続放送。また、12月20日(月)より先行配信中の第1話 と、放送終了後の全話見逃しはABEMAにて独占配信される。

【動画】『奪い愛、高校教師』第1話(無料配信中)

 今度の舞台は、高校。男性教師とその婚約者の女性教師。そこに女子生徒とその母親も絡み、 前代未聞の壮絶な 禁断の奪い愛が展開されていく…。看護師をしている露子役に観月ありさ、高校教師の三太に大谷亮平、露子の娘役で女子高生の灯(あかり)に岡田奈々、三太の同僚兼婚約者に松本まりかと、今回も豪華キャストが集結。

 主演の観月ありさに、役作りについて、印象に残っているシーンなど話を聞いた。

苦戦した露子のキャラクター、看護師という設定にこだわりも

観月ありさ、鈴木おさむが描く『奪い愛』の世界観に魅了「台本読んだだけでうわ~(笑)」『ナースのお仕事』へのオマージュも

――本作『奪い愛、高校教師』のオファーを受けた時はどんなお気持ちでしたか?

「すごいドラマだよ」というのは周りから聞いていて。鈴木おさむさんとはいつかご一緒したいと思っていたので嬉しかったです。おさむさんの脚本ということで楽しみにしていました。それで『奪い愛、冬』を観たら面白すぎて、1日で全7話観てしまいました。

――『奪い愛、冬』のどんな部分に面白さを感じたのでしょうか。

すごく有り得ないことを、とても真面目にやっているじゃないですか。演技派の皆さんがやっていることもあって、それが面白いですよね。「よくみんな吹き出さないで演じているな、すごいな」と思いました(笑)。私だったらもっとコメディにふってしまうと思ったので。激しいシーンや感情の起伏の揺れ動き方が、昔のメロドラマ的な要素もあって、懐かしさも感じました。

――本作で観月さんが演じる露子さんは、衝撃的なシーンも多いですよね。

『奪い愛、冬』を拝見している時は「どこまで台本に書かれていて、どこまでアドリブなのかな?」と思っていたのですが、今回出演させていただくことになって台本を読んだら、ほとんどが台本に忠実なんだということが分かりました。

「ちょっと常軌を逸した役を演じていただきます」という事だったので、台本読んだだけで「うわあ〜〜(笑)」と笑いなしでは読めない感じだったので、それをどう自分の中で膨らませていこうかというのを考えました。全4話なので、(露子が)最初から最高潮におかしくなっていくところまでの時間が短いんですよね。『奪い愛、冬』だと7話あるので、そこまでの過程を時間をかけて描けると思うんですが、4話だと急展開にならざるを得ないというか、「ホップ、ジャンプ!」という感じで、ステップが無いので(笑)。そこは苦戦しましたね。

――なるほど、徐々に狂気に満ちていく部分が、4話という短さだと難しいですよね。

第1話だとまだ露子さんはまともな人なんですだけど、でもちょっとどこか変だよね?という部分を出したいなと思いました。少しずつ出しておかないと、急に露子がおかしくなった感じになってしまうというか、そこのさじ加減が難しかったです。

第1話の夜道で露子が絶叫するシーンは、そんな露子の「まともそうに見えて、変わっている」という豹変性が垣間見えるシーンだと思います。おさむさんと小松監督は『奪い愛』シリーズでずっとご一緒されていて、監督はおさむさんの“書き癖”みたいなものも分かっているので、監督と相談しながら進めていきました。

――鈴木おさむさんとお仕事してみたいと思っていたそうですが、実際にご一緒していかがでしたか?

画的な面白さであったり、「この人がこれやったら面白いよね」という事を取り入れるセンスが面白いですよね。セリフのちょっとした面白いエッセンスとか。

――看護師の露子さんの前任者が“朝倉さん”というのもたまらない演出でした!

そうそう、だから絶対露子の職業は看護師が良かったみたいです。その一言のセリフを言わせるためのこだわりで。最初に看護師さんという設定を聞いた時に「ちょっと『ナースのお仕事』を連想させちゃうかな?」と思ったんですね。もっとお仕事シーンがたくさん描かれると思っていたので。でも実際の台本をいただいたら、お仕事シーンはほとんどなかったので(笑)。そして、このセリフはやっぱり看護師じゃないと面白くないなと納得しました。

「嵐の様に過ぎ去った現場」印象的だったシーンは?

――撮影で印象的だったことはありますか?

これから皆さんにドラマを観ていただいたら、ジェットコースター的な勢いを感じると思うのですが、撮影現場もそんな感じなんですね。カットとかあまり割らないで、過激なシーンも一気に撮るんです。嵐の様に過ぎ去っていく感じでした。

――観月さんはこれまでたくさんのドラマに出ていらっしゃいますが、その中でも珍しい撮り方ですか?

珍しいと思いますね。何かを取り出す、とか紙を破る、とかそういったシーンの時って物理的に失敗してしまうことが多いからカットを割って撮っていくことが多いんです。あとは手元だけ映すとか。今回の撮影では「失敗してもとにかく止めないで最後まで撮ります」と。「一回のテストより、二回の本番」という感じでした。

フルートを窓から外に投げるシーンがあったのですが、実際にお部屋で言い合いをしてフルートを取り出して、うわあ〜!って感じで一気に窓から投げるんです。下でスタッフさんが毛布を持ってキャッチしてくれるんですが、電線にもひっかからず、上手に受け止めてくれたら、私も一緒に盛り上がってしまって(笑)。ライブ感あふれる現場でした。

――最後になってしまいますが、テーマソングの「TOO SHY SHY BOY!」(※)もファンにとってはたまらないポイントですね。

ありがとうございます。おさむさんが「TOO SHY SHY BOY!」が良いと言ってくださって、でも昔のままだと合わないかなという事もあり、小室哲哉さんが新しくアレンジを加えてくれて。楽曲も一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

※「TOO SHY SHY BOY!」1992年にリリースされた観月ありさの楽曲。小室哲哉さんが作詞・作曲・編曲・プロデュース。今回テーマソングに起用された、「TOO SHY SHY BOY!」は約30年振りにオリジナル楽曲のプロデューサー小室さんがニューアレンジを加えた。

――今日は素敵なお話をどうもありがとうございました!

取材・インタビュー:中村梢
撮影:You Ishii
衣装:アオイワナカ、グロッセ・ジャパン、ランバン コレクション(モーダ・クレア)

『奪い愛、高校教師』あらすじ(1話)

観月ありさ、鈴木おさむが描く『奪い愛』の世界観に魅了「台本読んだだけでうわ~(笑)」『ナースのお仕事』へのオマージュも

 新しい病院で働き始めた看護師の星野露子(観月ありさ)は、楽器カフェで冬野三太(大谷亮平)のフルート演奏を聴き、体に小さな電気が走るのを感じた。捨てていたはずの恋する気持ちがよみがえったのだ。後日、バイオリンを持ってカフェを訪れ三太と情熱的な曲をセッションすると、露子の体にはまた大きな電流が走り、快感となってエクスタシーをもたらした。しかし、蘭桜女学院高等学校の音楽教師である三太には同じ学校の英語教師・十仲華子(松本まりか)という婚約者がおり、すでに一緒に暮らしていた。それでも露子は恋する気持ちは抑えきれず、嫉妬心を募らせていく。ある日、三太のクラスに星野灯(岡田奈々)が転入してきた。三太は心臓が悪いと聞かされていた灯を気遣うも、冷たく拒絶されてしまう。こうして高校教師とその婚約者、生徒と母親までを巻き込んだ、1人の男の愛をめぐる"奪い愛"が開幕した…。

番組URL: https://abema.tv/video/title/90-1608

ABEMA放送日程: 第1話 12月27日(月)夜9時~、第2話 12月28日(火)夜9時~、第3話 12月29日(水)夜9時~、第4話 12月30日(木)夜9時~

テレビ朝日放送日程:第1話 12月27日(月)深夜0時15分~、第2話 12月28日(火)深夜0時15分~、第3話 12月29日(水)深夜0時40分~、第4話 12月30日(木)深夜0時50分~

脚本:鈴木おさむ、音楽:沢田完、演出:小松隆志
出演:観月ありさ、大谷亮平、岡田奈々、松本まりか

電流が走るほどの“運命の恋”に溺れる看護師・星野露子(観月ありさ)、娘、婚約者を巻き込む壮絶な愛が幕を開ける
奪い愛、高校教師  1話
奪い愛、高校教師  1話
奪い愛、高校教師 【予告】第2話
奪い愛、高校教師 【予告】第2話