クリスマスを“超過激”に彩る白熱アクションほか『キングスマン:ファースト・エージェント』最新作の見どころ3選

 表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げ、全世界で大ヒットを記録した『キングスマン』(2015)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)に次ぐシリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』が、12月24日(金)クリスマスイブに公開となる。今回は本作の見どころを紹介しよう。

【動画】クリストファー・ノーランが仕掛けるタイムサスペンス超大作『TENET テネット』

ポイント①:クリスマスをド派手に彩る、スタイリッシュな英国紳士たちの白熱アクションは必見

 「キングスマン」シリーズといえば、これまでも、普段は紳士的な振舞いを見せる英国貴族たちが、一度スイッチが入るとその見た目からは想像できないほどのキレッキレのアクションで悪に立ち向かう姿で、多くの人々を魅了してきた。本作では、そんな“キングスマン”の誕生秘話が明かされる。

 時は1914年、世界中を混乱に陥れるべく、“闇の狂団”が密かに暗躍をしていた。この狂団の影響で今まさに世界が混迷を極めようとしている中、キングスマンの最初の任務が、この“世界大戦を止める”こと。人類破滅へのタイムリミットが迫る中、⽴ち上がったのは、ブリティッシュスーツを身に纏った平和主義のイギリス名⾨貴族《オックスフォード公》(レイフ・ファインズ)とその息子《コンラッド》(ハリス・ディキンソン)、そして、かつてアフリカの戦⼠だったオックスフォード家の執事《ショーラ》(ジャイモン・フンスー)、射撃の腕はピカイチのオックスフォード家の使⽤⼈《ポリー》(ジェマ・アタートン)。

 普段から生活を共にする4人が息を合わせ、一瞬たりとも目を離せない迫力満載のアクションを次々と繰り広げる。

ポイント②:父子のドラマチックなストーリーに期待大

 本作では、世界大戦を一刻も早く止めようと立ち上がったオックスフォード公たちの活躍が描かれるが、オックスフォード公とその息子・コンラッドの親子ドラマも見逃せない。

 高い戦闘力や広大な情報網を有するなど、これまで謎に包まれてきた“キングスマン”創設に関わる英国貴族・オックスフォード公は、戦争で世界平和は実現しないという考えの持ち主。コンラッドがまだ幼い頃、最愛の妻を失ってしまったことが原因で、心身共に深い傷を負った彼は、愛する人を2度と失いたくないと息子を危ない場所へ行かせまいとする。一方のコンラッドは、正義感が強く、争いが絶えない世の中を危惧し、国のために命を尽くすことが自らの使命だと語る。父の反対を押し切り戦場へ赴こうとすることから、度々父と口論になってしまう。

 戦争を止めたいという想いを持ちつつも、父親として愛する息子の安全を願う複雑な心境のオックスフォード公と、戦争を終わらせるべく、果敢に戦場へと向かおうとするコンラッド――。共に《世界平和》の実現を夢みる2人だが、別の考えを持つが故に、別の手段を選ぼうとしていたのだ…。意見の食い違う2人の間に生まれる複雑な親子ドラマに、思わず自分と大切な人に重ね合わせてしまうような、ドラマチックな物語にも注目したい。

ポイント③:キングスマンVS闇の狂団 予測不可能で壮大な展開を見逃すな

クリスマスを“超過激”に彩る白熱アクションほか『キングスマン:ファースト・エージェント』最新作の見どころ3選

 過去2作でも、誰も予期しなかったようなまさかの展開で世界中の人々を驚かせ続けてきた本シリーズ。

 主演を務めたレイフ・ファインズは、本シリーズが多くの観客を虜にしてきた理由について「予想不可能なところだと思う」と説明。「映画に来る人は、観たことあるようなスパイ映画を期待して劇場に来ると思うんだけど、実際にジェームス・ボンド的な要素もあるし、イギリスTVシリーズ的な要素もあるし、『アベンジャーズ』のような要素もあるけど、でも、それだけではない。この映画の素晴らしいところは、次に何が起きるのか絶対に予測不可能なところだと思うよ。マシューが永遠に驚かせてくれるところだと思う。僕にとっては、映画の魅力は、この映画の予測不可能なところなんだよね」ともコメントしているとおり、最新作でも、誰もが予想だにしなかった驚きの演出が満載なのだという。

 既に解禁されている映像でも、世界大戦を引き起こそうと目論む”不死身の怪僧“ラスプーチン(リス・エヴァンス)が、クラシックの楽曲に合わせ華麗なダンスでオックスフォード公らを翻弄する姿が捉えられているほか、世界を股に掛けたキングスマンVS闇の狂団の白熱バトルの行方、そしてオックスフォード公とコンラッドの親子ドラマが誘う予想外の結末など、、見事に観客の予想を裏切るキングスマンシリーズならではの展開が待ち受ける。果たして“キングスマン”誕生の裏にはどのような物語があったのか?

 超過激スパイ・アクションシリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』は、12月24日(金)より公開。

■『キングスマン:ファースト・エージェント』

US公開日:2021年12月22日 
原題:THE KING’S MAN 
監督:マシュー・ヴォーン (『キングスマン:ゴールデン・サークル』 『キングスマン』『キック・アス』)
キャスト:レイフ・ファインズ (『007 スペクター』『ハリー・ポッター』シリーズ)、ハリス・ディキンソン(『マレフィセント2』)

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

【動画】TENET テネット(字幕)
【動画】TENET テネット(字幕)
【動画】マトリックス レボリューションズ(吹替)
【動画】マトリックス レボリューションズ(吹替)
【動画】ボーン・スプレマシー(字幕)
【動画】ボーン・スプレマシー(字幕)