アニメ「プラオレ!」最終話、白熱の試合シーンが見ごたえ抜群!ファン「迫力があって凄かった」
番組をみる »

 アニメ「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」最終話では、主人公・水沢愛佳(CV:増田里紅)が所属する日光ドリームモンキーズとライバルチーム・釧路スノウホワイトの試合が描かれた。

【動画】感動の最終話

 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」は、株式会社サイバーエージェントのアニメ事業本部と、合同会社EXNOAが運営する「DMM GAMES」との共同メディアミックスプロジェクト。栃木県日光市を舞台に、アイスホッケーに青春をかける少女たちの成長を描く物語だ。

 前回放送された第11話では、ついに全日本選手権大会Bの決勝戦が開幕した。選手入場時には、日光ドリームモンキーズと釧路スノウホワイトの選手紹介も行われた。試合会場のスクリーンに、各選手の名前や背番号が映し出される場面もあり、視聴者からは「かっこいい!」「テンション上がる」「本当の試合って感じがする」などの反響が寄せられた。

 12月22日より順次放送中の最終話「PRIDE OF ORANGE」では、ついに日光ドリームモンキーズと釧路スノウホワイトの試合が決着を迎えた。日光ドリームモンキーズのメンバーは、相手に怯むことなく懸命にパックを繋ぎ続けた。そして、仲間の思いを受け止めた愛佳が、ついに勝利に繋がる1点をもぎ取るのだった。

 釧路スノウホワイトが結束を深める展開もあり、白熱した試合が繰り広げられた最終話。Twitter上では「本当に感動しました」「丁寧な試合描写で見応えがあった」「目が離せなかった」「激アツだった!」「迫力があって凄かったです」といったコメントが相次いでいた。

第12話(最終話)「PRIDE OF ORANGE」
【あらすじ】

先制点はスノウホワイト、すぐに巻き返すドリームモンキーズ。接戦を繰り広げる両チーム。元のチームメイトへの、優の想い。アイスホッケーを純粋に楽しもうとする愛佳が、ドリームモンキーズを引っ張っていく。そして、アイスホッケーの明るい未来を願う、羊子。様々な想いが重なり合う、感動の最終回。

(C)2020 プラオレ!メディアミックスパートナーズ

【動画】感動の最終話
【動画】感動の最終話
【動画】「プラオレ」全話リスト
【動画】「プラオレ」全話リスト