ももクロ・高城れに、ウマ娘と『ももいろ歌合戦』でコラボ出走に興奮 「一緒に大晦日を、競馬場を駆け抜けたい」
【視聴する】第5回ももいろ歌合戦〜届け!希望の彼方へ〜50組超え出場!年越し8時間 »

 12月31日、ももいろクローバーZが東京・日本武道館にて、年越しカウントダウンイベント「第5回  ももいろ歌合戦」を開催する。その中で高城れにウマ娘 プリティーダービーと「うまぴょい伝説」のコラボステージを繰り広げる。ABEMATIMESではリハーサルスタジオで高城や小倉唯(マンハッタンカフェ役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、高橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)を直撃し、本番前の意気込みを聞いた。

【視聴する】第5回ももいろ歌合戦〜届け!希望の彼方へ〜50組超え出場!年越し8時間

ももクロ・高城れに、ウマ娘と『ももいろ歌合戦』でコラボ出走に興奮 「一緒に大晦日を、競馬場を駆け抜けたい」

■高城れに、ウマ娘から「“挫折しても諦めない心”を学べた」

― 「ウマ娘」ファンを公言している高城さんですが、ハマったきっかけを教えてください。

高城:今年の夏頃、ファンの方が「ゴルシちゃん(ゴールドシップ CV:上田瞳)と私がイラストになった時の表情が似ている」と教えてくださったんです。それで「『ウマ娘 プリティーダービー』ってどんな作品なんだろう?」と気になって、まずアニメを見始めました。そこからハマりましたね。

― どういったところに魅力に感じたのでしょうか?

高城:これまで競馬は、なかなか手が出しにくい世界というか、“自分と遠いもの”だと思っていたんですけど、アニメとして描かれていたことで、いきなり近い存在に感じられたんです。そこから“もっと知りたい”と思うようになりました。普段は私もグループで活動していますけど「ウマ娘」さんに登場するキャラクターを通じ、“挫折しても諦めない心”を学んだんです。とくにTVアニメ第2期は個人的に熱くて、学ぶ部分はたくさんありました。ゲームも移動時間などで楽しんでいます。

― 高城さんとウマ娘は今回が初対面ですか?

高橋:「2021 FNS歌謡祭 秋~もう一度観たい名曲・名演~」(10月放送)にウマ娘が出場させていただいた時、私たちが楽屋から出ると、高城さんが「ウマ娘大好きなんです!」と走ってきてくださったんです。エレベーター前でお見送りもしていただいて、その後「高城さん、ウマ娘好きでいてくれてるんだね!」とみんなで喜んでいました。あの時のエレベーター前でのやり取りが、今回の「ももいろ歌合戦」のコラボにつながった気がしていて、今はとってもハッピーな気持ちです。

― 高城さんのアクションが身を結んだというか。

高城:でも私がご挨拶できたのは、ももクロメンバーのお陰でもあるんです。私がウマ娘さん好きなのを知っているから「ウマ娘さん通ったよ!」って背中を押してくれて。それで“ご挨拶させてください”と実際にお話しすることができたんです。すごく、感動しました。でも振り返ってみると、とっても緊張していたので、視線をどこにやればいいのか自分でもわからない状態で。めちゃくちゃ気持ち悪いですよね(笑)。我ながら“キモいな〜”と思ってはいたんですけど…。

ももクロ・高城れに、ウマ娘と『ももいろ歌合戦』でコラボ出走に興奮 「一緒に大晦日を、競馬場を駆け抜けたい」

■エルコンドルパサー役・高橋ミナミ、高城れにとの初リハで「仲間だ〜と思えました」

― そういった経緯を踏まえると、まさに今回念願のコラボというわけですね。

高城:はい…でもちょっと未だに信じられないですね……。この取材の前に初めてリハーサルをさせてもらったんですけど、同じ部屋にウマ娘さんたちがいるっていうのがどこか現実的ではないというか。

高橋:でも私たちも、ずっと見ていたアイドルのももクロ・高城れにさんと一緒にリハしているのは、どこか不思議な気持ちでした。

高柳:それこそ、出走させていただくことが決まってから、あまり実感が湧かないままリハを迎えたんですけど、高城さんがいらっしゃって「本物が来た…コラボ出走も本当なんだぁ……」とようやく思えたというか。日本武道館という大きな会場で出走する自分もあまり想像できていなくて、まだどこかフワフワしているような感覚もあります。

佐伯:私はまだ実感が湧いていないかも。そういう意味でも本番後どうなるか楽しみです。

小倉:私もまさか高城さんと一緒にリハーサルできる日がくるなんて思っていなかったので、とても楽しかったです。高城さんが笑顔で「ウマ娘大好き!」と仰ってくれたことには感動しました。大晦日に、高城さんが楽しんでパフォーマンスする姿を早くモノノフの皆さんにも見ていただきたいです。

高城:小倉さんの口から「モノノフ」というワードが出てきただけで、興奮状態です(笑)。

― 当日はウマ娘 プリティーダービー feat.高城れにとして「うまぴょい伝説」をパフォーマンス予定です。どんなステージになりそうですか?

小倉:高城さん、かなりウマ娘に溶け込んでいた印象です!とても素敵なステージがお見せできるんじゃないかなと思います。

高橋:めちゃくちゃ溶け込んでいたよね! 初めて合わせたとは思えないくらいの呼吸でパフォーマンスできていたので「仲間だ〜」と思えました。笑顔満開なステージになるんじゃないかなって手応えを感じました。

小倉:ウマ娘のファンの方もモノノフの皆さんも、楽しみにしてくれてるコラボレーションだと思うので、きっと盛り上がるんじゃないかなって思います。

ももクロ・高城れに、ウマ娘と『ももいろ歌合戦』でコラボ出走に興奮 「一緒に大晦日を、競馬場を駆け抜けたい」

■「一緒に競馬場で走りたい!」この先のコラボ展開に妄想も

― 今回の「ももいろ歌合戦」を皮切りに今後のコラボ展開を望む声もあると思います。

高城:私はただただウマ娘さんのファンなので、“逆に良いんですか?”としか言いようがありません。でも今後も一方的に応援したいと思っていますし、これからも何かご一緒できる機会があればいいなぁと勝手ながら思っています。

高橋:うれしいです…! それこそ、エレベーター前での会話から「ももいろ歌合戦」という大舞台でコラボするところまで一気に来ることができたので、個人的にも“これから先も何かご一緒できるんじゃないかな?”と思っています。一緒に競馬場で走りたいです…!

高城:はぁぁぁぁ(歓喜する声)! 走りたい…走りたいです……! でもそんな夢のような企画でなくても、私はウマ娘さんとコラボレーションできるのならなんでもします!

― 今後も楽しみにしています。では最後に「ももいろ歌合戦」への意気込みをそれぞれ教えてください。

高柳:今年ゲームがリリースされて、この1年で「ウマ娘」という作品をたくさんの方に知ってもらえるようになりました。そんな中で年末の「ももいろ歌合戦」という特別な機会をいただけたことは、ただただ高城さんと関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。会場に足を運んでくださる方はもちろんですけど、配信で見てくださるファンも多くいらっしゃると思うので、2021年の最後まで楽しんでもらえるようなステージにしたいと思います。

佐伯:私はこれまで大晦日といえば、お家で家族とテレビを見ながら「今年も終わるね〜」なんて話をしていました。そんな中、まさか今年、大きな大きな日本武道館という会場でウマ娘として出走させていただけるなんて、夢みたいです。2021年はすごい年末になりました。ぜひ、画面の前でも一緒に「うまぴょい」してください。

小倉:素敵な思い出作りができると、今から本番が楽しみです。出走するからには、盛り上がった空間をお届けできればと思っていますので、配信でご覧の方も会場に足を運んでくださる方も是非一緒に応援してください。

高橋:2021年はウマ娘としてたくさんのステージを駆け抜けてきたんですけど、締めくくりは「ももいろ歌合戦」という大きな舞台に立つことになりました。たくさんの笑顔に会えると思うとすごく楽しみですし、ウマ娘にとっても初めてのコラボレーションになります。リハでも手応えを感じられて、“ウマ娘はまだまだ走っていける”とワクワクした気持ちにもなれました。今も胸がときめいてるので、高城さんと出走する瞬間を楽しみにしています。

高城:ウマ娘さんはまさに2021年のトレンドで、一世を風靡している…私も大好きで、そんな方々と大晦日にコラボできるのが本当に夢のようなんですけど、いろんな方々の協力があって、このコラボが実現していると思っています。当日はしっかりと盛り上げていきたいと思っていますし、それぞれのファンの方々と、そしてウマ娘さんと一緒に大晦日を駆け抜けたいなと思います!

【視聴する】第5回ももいろ歌合戦〜届け!希望の彼方へ〜50組超え出場!年越し8時間無料生放送 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
【視聴する】第5回ももいろ歌合戦〜届け!希望の彼方へ〜50組超え出場!年越し8時間無料生放送 | 新しい未来のテレビ | ABEMA