ウエストランド井口の強烈な吉本批判に千原ジュニア「100:0で井口が正しい(笑)」と完全同意
番組をみる »

 1月12日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#14が放送。ウエストランド・井口浩之が、「芸歴だけで態度変えるのをやめませんか?」と、吉本興業の若手芸人に猛クレームを入れた。

【動画】ウエストランド井口の強烈な吉本批判にジュニア完全同意

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア日向坂46佐々木久美

 井口は「少しだけ先輩というだけでマウントを取ってくる人、いませんか?」とスピーチをスタート。「もちろん、礼儀や上下関係は大事にしなくちゃならない」と前置きした上で、「それは自然な流れの中で生まれてくるものだと思うんです」と訴えた。

ウエストランド井口の強烈な吉本批判に千原ジュニア「100:0で井口が正しい(笑)」と完全同意

 井口が「会った瞬間にとにかくハッキリさせようと強要してくる奴らがいる。そう、吉本の若手芸人です」と吉本興業をハッキリ名指しすると、吉本所属のジュニアは手をたたきながら大笑い。井口は「売れている人、テレビで成功している方はそんなことないんですけど、劇場にいる芸人は全員」「挨拶の時、必ず『NSC◯期生です』って。知らねえよ!」と吠えまくった。ジュニアは笑いが止まらない様子で何度も深くうなずいた。

 井口は数年前、吉本のとある若手に「尊敬してるんです」と途中までヨイショされていたのに、芸歴を答えた途端、「自分、後輩やん」と瞬時に態度を変えられたことがあるそう。そのほか、劇場で合同ライブをした時、初対面だから礼儀として敬語で挨拶しただけなのに、自分より経歴の浅い吉本の若手から「敬語=後輩」と思い込まれ、タメ語で話されたことも。「人として変だから!」「後輩だから敬語とか決めつけないで」とまくしたてた。

 最後に井口は、「敬語を使うか、尊敬するかは、後輩側が決めること」「なぜか吉本の奴らは強要してくる」と再び吉本芸人にクレーム。世間に向けては「自分に部下や後輩ができた時に、『後輩なんだから尊敬しろ』ではなく、尊敬されるような先輩になることを心がけてください」と力説し、ジュニアは「100:0で井口が正しい(笑)」と完全同意した。

 ジュニアは「俺は言うたら8期生ですけど、いつから言うようになったんやろ」と、若手の謎マナーにハテナ顔。そして「いつからかな、吉本の芸人が『他事務所』って言い出した」「いやいや、俺らかて、松竹からしたら『他事務所』や」と、吉本とそれ以外の事務所を差別する態度に疑問を寄せ、井口の訴えを全面的に聞き入れていた。

 ジュニアが見た例だと、お笑いコンビ・りあるキッズが小学生の時、大卒の後輩芸人に「おい◯◯、ビックル買うてきてー!」と頼んでいたこともあるそう。先輩・後輩の極端すぎる例だが、これについては「可愛い(笑)」という声がスタジオからちらほら上がっていた。

ウエストランド井口の強烈な吉本批判にジュニア完全同意
ウエストランド井口の強烈な吉本批判にジュニア完全同意
『2分59秒』放送回リスト
『2分59秒』放送回リスト
モツ鍋を食べるのに命の覚悟…錦鯉・渡辺が語る、もっと心配されるべき重病とは?
モツ鍋を食べるのに命の覚悟…錦鯉・渡辺が語る、もっと心配されるべき重病とは?
ABEMA TIMES