だいたひかる、帝王切開で第1子を出産「今までに味わった事の無い感動」

 お笑いタレントのだいたひかるが14日に自身のアメブロを更新。帝王切開で第1子男児を出産したことを報告した。

【映像】だいたひかるが第1子男児を出産 我が子との2ショット写真

 同日に、夫でグラフィックデザイナー・小泉貴之さんが更新したブログで「この晴天の下、元気な男の子を授かることが出来ました」と第1子男児の誕生を報告。「母子ともに元気です」と説明し、「細く長く険しい道のりを乗り越えて…愛情たっぷりの妻とド根性の息子が父にさせてくれました」と喜びをつづっていた。

 だいたも「帝王切開手術が無事終わり、3.198g の元気な男の子が生まれました」と報告。「今までに味わった事の無い感動と、安堵感でゆっくりしています」と出産後の様子を明かした。

 続けて「寒気がある位で私は元気です」と述べるも「血圧計や点滴など色々ついていて…赤ちゃんも産声をあげて間も無くに見て、まだ写真などは撮れていない」と説明。「生まれて移動中に、夫がご対面できる数分で、撮ってくれた写真」と第1子の写真を公開し「地球へ ようこそ!」とコメントした。

 また「夫と同じ泣き顔のような!?」と小泉さんの幼少期の写真も公開。「一緒に夢を追いかけてくれた夫と、見守ってくれた家族…そして応援していただいた皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです!!」と述べ「ありがとうございました」と感謝をつづり、ブログを締めくくった。

 これに対し読者からは「心から、おめでとうございます」「良かったです!感動で泣きました」「ご夫婦の宝ですね」などのコメントが多数寄せられている。

だいたひかる(46) 第1子男児を出産
だいたひかる(46) 第1子男児を出産
だいたひかる『男の子が生まれました!』
だいたひかる『男の子が生まれました!』
だいたひかるオフィシャルブログ Powered by Ameba
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」
川田裕美がコロナ禍、37歳で迎えた初めての出産「自分の知識の少なさを反省しました」
Ameba News [アメーバニュース]