抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話
番組をみる »

 大喧嘩の理由はセックスレス!『恋仲』『好きこと』を手がけた月9プロデューサーが贈る、2022年ABEMA一発目となる渾身のオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』。5年も付き合い、結婚を約束したカップル。しかし二人には乗り越えなくてはならない壁があった。しかしボタンの掛け違いから、エリート同僚と禁断の過ちを犯してしまうことに。

【動画】婚約者と大喧嘩…同僚とホテルへ行ってしまう遥(25分20秒頃~)

抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話

 美山遥(さとうほなみ)、三浦恭子(山崎紘菜)、藤沢花音(佐藤玲)、佐倉詩(石橋菜津美)ら仲良し女子4人組には共通点がある。全員が29歳の独身であり、恋に仕事に結婚、出産、女性ならではの様々な悩みを抱えながら、煌びやかなTOKYOで必死にサバイブ中。令和の20代女性が抱える本音が詰まった令和版『SEX AND THE CITY』と言えるドラマだ。

 美山遥(さとうほなみ)は、5年間付き合った彼氏の奏多からプロポーズされ、幸せの絶頂…にあるはずだった。だが二人には大きな問題があった。なんと1年半前からセックスレスが現在進行形。性欲が強いと自他ともに認める遥は、なんとか奏多とのスキンシップを試みようとするも、「疲れている」などとつれない返事で思いを遂げることが出来ない。そんな折、かつて遥の事が好きだったというエリート同僚の知也(栁俊太郎)と同じプロジェクトを手掛けることになる。

抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話

 行きつけの飲み屋の店員みちる(菊池亜希子)から、セックスレス夫婦を対象にしたセックスセラピーというカウンセリングがあることを教えられた遥は、早速そのセラピーへの参加を奏多にお願いする。セラピーはカップル同伴でなければいけないからだ。ところが奏多は「別にそこまで深刻にしなくても」「なんでそんなことを他人に相談しなければならないの?」と全否定。遥がどれだけ悩んでいるのかを理解しようとしない。口喧嘩の挙句、奏多は「子供がほしくなったら頑張る」と発言。その言葉に遥は「頑張らないとできないの!?」と女性として深く傷つき、ショックのあまり家を飛び出してしまう。

抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話
抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話

 そんな中、エリート同僚の知也は取引先のプレゼンで大活躍。遥との連携プレイをチームから褒められる。二人が急接近するのは必然。バーで一人祝杯を上げる遥のもとに知也が現れ、「再会したときドキッとした」「プロジェクトに入ったのも遥とまた一緒に仕事したかったから」と告白される。帰りのタクシーの車中で知也から手を握られた遥は、身を乗り出してキス。そのままホテルへと直行するのだった。

抱いてくれない婚約者と大喧嘩! エリート同僚と一線を越えてしまった29歳独身女性『30までにとうるさくて』第2話

 ついにエリート同僚と一線を越えてしまった遥。満足感と罪悪感を抱えながら自宅に帰ると、恋人の奏多からこう伝えられる。「あんなふうに言っちゃったけれど、悪かったなと思って。遥がそれだけ真剣に考えてくれていたっていうか。それだけ悩ませていたのに。ごめん」。奏多はセックスセラピーに行くことを決意したのだ。でも遥は知也とワンナイトラブを満喫してしまったばかり…。この三角関係、どうなる!?気になる第3話は1月27日(木)22時より放送。

30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
【第1話】女29歳。人生設計ムズくない?
30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
【第2話】レスだけど結婚ってアリ?
30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
29歳独身女性たちの恋とキャリアとセックス、そして友情の物語