2019年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが21日に自身のアメブロを更新。舌がん手術後に快楽が奪われてしまった時の心境を明かした。

【動画】がん細胞との壮絶な戦い…!「はたらく細胞」で知る体内のバトル

 この日、堀は舌がんになって以降「自分に合った、身体にいいこと」を探しているといい「見つけては実践して、試したり続けたりしています」と説明。「日々の生活の質を向上させたい」「身体が少しでも楽になり、苦痛を取り除くことができればいい」と述べ「日々の暮らしのために」と理由を明かした。

 続けて、舌がん手術後の後遺症について「言語や食事には、以前より不便さが残った」といい「少しずつでも良くなればと思い、全てに於いて諦めてはいません」とコメント。「喋るや食べることは、人間にとって欠かせない、快楽(喜び)だからです」と自身の考えをつづった。

 さらに「術後はこれら両方を奪われた状態でした」と述べつつ「努力してどちらか片方だけでも、なんとかしなければと…」と当時の心境を吐露。「そう思ったのも過去の話となるまでに、年月も経ちました」としみじみ述べ「私の積み重ねも実りつつあります」と前向きにつづった。

 この投稿に読者からは「無理せすボチボチがんばりましょう」「ちえみさんと同じ考えでいます」「とても勇気になります」などのコメントが寄せられている。

はたらく細胞!!
はたらく細胞!!
堀ちえみ『自分に合った身体にいいこと』
堀ちえみ『自分に合った身体にいいこと』
堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba
「男と女が対等でありたい」2児のママ近藤千尋のリアルな素顔 - Ameba News [アメーバニュース]
「男と女が対等でありたい」2児のママ近藤千尋のリアルな素顔 - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]