芸名を“川島ofレジェンド”に変更したお笑いコンビ・はんにゃの川島章良が23日に自身のアメブロを更新。新型コロナウイルス感染後に“やってしまった”ことを明かした。

【動画】ワクチン3回目接種後に感染も…医師が勧める対策のカギ

 21日のブログで、川島は「まさかでした」と切り出し「40歳の誕生日の日にコロナに感染するとは、、」と新型コロナウイルスに感染したことを報告。「40歳というきりのいい日なってしまってちくしょー」(原文ママ)と悔しそうにつづり「子供やなっちゃんにもこれから迷惑をかけてしまう」と述べ「申し訳ない。感染しないよう願ってます」とコメントしていた。

 この日は「やってしまった」というタイトルでブログを更新。「朝食を置いたよとLINEがきた」と明かし「でも手紙も添えってあった」と朝食に添えられた手紙の写真を公開した。

 続けて、手紙に「もう出てくるんじゃないよ!!!」と書かれていたことを説明。「キッチンからリビングを見たときもあった」「トイレの時にドアのすりガラスから子供達のようすを軽くみてた」と部屋から出ていたことを明かした。

 一方で、部屋から出ていることが子ども達にばれてしまったといい「子供達が興奮してあきぷーと言って会いたい感情がでてしまった」と報告。「みんな我慢してるのにでてくるんじゃないよの手紙だね」と述べ「もうしわけない」とコメントした。

 また「ドアごしならバレないならとおもい。ちょこちょこトイレのついでにみてた」と状況を説明し「触りたいなぁー。触れ合いたいなぁー」と心境を吐露。最後に「何故家族なのに顔すら見ちゃだめなんだよ。コロナめ!」とつづり、ブログを締めくくった。

"まん延防止"適応 東京都内では
"まん延防止"適応 東京都内では
川島章良(はんにゃ)『やってしまった』
川島章良(はんにゃ)『やってしまった』
はんにゃ 川島ofレジェンドオフィシャルブログ Powered by Ameba
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと - Ameba News [アメーバニュース]
パニック障害を乗り越え気象予報士に。小林正寿が本当に伝えたいこと - Ameba News [アメーバニュース]
Ameba News [アメーバニュース]