競馬場でハイスペ社長をゲット!? 29歳婚活女子が声をかけられた予想外の理由『30までにとうるさくて』第3話
番組をみる »

 踏んだり蹴ったりの29歳婚活女子に、大どんでん返しの出会い到来か?『恋仲』『好きこと』を手がけた月9プロデューサーが贈る、2022年ABEMA一発目となる渾身のオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』。第3話では、結婚相談所にお金をつぎ込むものの、なかなかうまくいかない婚活女子に、まさかの場面でまさかの人物との運命的出会いが訪れる。

【動画】ハイスペ社長の目に留まった29歳女性の競馬場での振る舞い(29分30秒頃~)

競馬場でハイスペ社長をゲット!? 29歳婚活女子が声をかけられた予想外の理由『30までにとうるさくて』第3話

 美山遥(さとうほなみ)、三浦恭子(山崎紘菜)、藤沢花音(佐藤玲)、佐倉詩(石橋菜津美)ら仲良し女子4人組には共通点がある。全員が29歳の独身であり、恋に仕事に結婚、出産、女性ならではの様々な悩みを抱えながら、煌びやかなTOKYOで必死にサバイブ中。令和の20代女性が抱える本音が詰まったABEMA版『SEX AND THE CITY』と言えるドラマだ。

 夢は年収2,000万円以上の男性との結婚。そのために結婚相談所にもエントリーした。しかし現実はそう簡単に上手くはいかない。社長秘書という華やかな言葉の響きとは裏腹に、与えられる仕事は社長と愛人の密会セッティング。家に帰れば支払い明細や督促状が待ち構えている。しかも愛人の1回の手当が自分の月収より高い30万円という事実に衝撃を受ける。

競馬場でハイスペ社長をゲット!? 29歳婚活女子が声をかけられた予想外の理由『30までにとうるさくて』第3話
競馬場でハイスペ社長をゲット!? 29歳婚活女子が声をかけられた予想外の理由『30までにとうるさくて』第3話

 ストレスマックスの花音は、いつメンの4人と飲み屋の店員・みちるさんからの誘いで競馬場に行くことに。だが花音一人だけがアンラッキー。賭けても、賭けても、花音の予想はまんまと外れてしまう。盛り上がるいつメンたちを横目に、花音は煽り酒とばかりに一人ビールを買いに行く。しかし財布はスッカラカン。レジで焦る花音の前に現れたのは、身なりのいい男性。「これで」と花音のビール代を払ってくれた。

競馬場でハイスペ社長をゲット!? 29歳婚活女子が声をかけられた予想外の理由『30までにとうるさくて』第3話

 驚く花音に男性はこう説明する。「さっき⾺券売り場で予想してたでしょ?僕は⾺に詳しくないからあなたが⾔っていた通りに買ってみたんです」と。それがなんと大当たり!「代わりに勝たせてもらっちゃいましたね」。ビール代はそのお礼なのだという。

 物腰柔らかな男性に花音は、自分が社長秘書であること、競馬好きの社長の話に合わせるために競馬の勉強をしていたことを照れながら明かす。すると男性は「もしよければ今度改めてお礼をさせてください。ビール一杯じゃ申し訳ないから」とスマートに名刺を出す。そこに書かれていたのは「CEO」という肩書き。男性の正体は、近年急上昇中の有名企業の社長・高村だった。競馬は大外れだった花音に、まさかのナンパで玉の輿大本命に急接近!? 第4話は2月3日(木)22時から放送。

30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
#3:29歳、産む産まない問題。
30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
現代の東京を生き抜く29歳独身女性たちの恋とキャリアとセックス、そして友情の物語