青山テルマ、ドキドキよりも落ち着く人を選んだ結果「めちゃくちゃつまんなかった」『私の年下王子さま』第11話
番組をみる »

 1月29日(土)、ABEMAオリジナル恋愛番組『私の年下王子さま 100人の王子編』#11が放送。MCの青山が過去の恋愛を通じて学んだ恋愛観を明かした。

【動画】青山テルマ、ドキドキする人よりも落ち着く人を選んだ結果

 本番組は、ピュアで無邪気に強引な年下男子=“年下王子”たちと、オトナの年上女性による年の差を超えた甘く切ない恋愛番組。スタジオMCをタレントのウエンツ瑛士、歌手の青山テルマが務め、お笑いトリオ・3時のヒロイン福田麻貴、お笑いタレントの丸山礼をゲストに迎えた。 

 年上オトナ女性の心を掴むために奮闘するのは、メンバー最年少の現役大学生モデルの“ピュア系”王子・誠也(せいや/18歳)、モデルや俳優活動の他ブランドプロデューサーにも挑戦予定の“グイグイ系”王子・髙山大翔(だいと/23歳)、理系大学院で研究活動に取り組みながらモデルや俳優として活動している“癒し系”王子・ふうき(ふうき/22歳)、元アイドルでモデルとして活動中の“肉食系”王子・はやて(はやて/21歳)、総勢100人の候補者の中から選ばれたアイドルで“クール系”王子・こうき(こうき/24歳)&俳優として活動中の“子犬系”王子・がい(がい/22歳)の6人。 

 そんな年下王子たちと出会うのは、元K-POP練習生で日韓で活躍中、10代の女性を中心に「なりたい顔No.1」とも呼び声も高い、女優・モデルの南りほ(りほ/26歳)、現在CM契約数10社、ドラマ「来世ではちゃんとします」シリーズにも出演した女優の浦まゆ(まゆ/29歳)、Miss World Japan2019実行委員長賞を受賞したモデルで女優の羽鳥早紀(さき/29歳)、タレントやグラビアアイドルとして活躍中のみゆ(みゆ/28歳)の4人。 

 メンバーたちは執事からの指令をこなしながら、抜けがけの個別デートやお泊り旅行などを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白することがルール。さらに今回は番組初の取り組みとして、途中から総勢100人の年下王子の中から視聴者の応援によって選ばれた理想の年下王子が参戦。#7から“クール系”王子のこうき、“子犬系”王子のがいが加わった。

 最後の旅行デートにきた一同は、くじ引きで2つのグループに分かれて、それぞれ手作り体験をすることに。がい、こうき、ふうき、みゆ、まゆの5人がAグループ、せいや、だいと、はやて、りほ、さきの5人はBグループとなった。

 初対面から一途に想い続けてくれるだいと、途中参加で積極的なこうきと2人の間で揺れているまゆは、同じグループになったこうきへ手作りしたキャンドルをプレゼント。こうきからもまゆへお返しのキャンドルが贈られた。

青山テルマ、ドキドキよりも落ち着く人を選んだ結果「めちゃくちゃつまんなかった」『私の年下王子さま』第11話

 さらにまゆは、前回のこうきとの個別デートについて、「日常の延長線のデートだったからすごいリアルに感じた」と振り返り、「だいとと一緒にいるのは楽かな。だけどドキドキするのはこうきのほうかな」とこうきに気持ちが動いていることをほのめかした。

 これまで受け身だったまゆの攻めの言動には、スタジオも驚き。一緒にいてドキドキする人か、楽な人かどちらを選ぶかという話題になると、青山は「この歳になったらドキドキとかってあんまり頼りにしちゃいけないのかなって思って。気持ちよりも一緒にいて落ち着くって人を選んだんだけど、めちゃくちゃつまんなかったの」と過去の恋愛での過ちを暴露した上で、「だからドキドキに頼るのもいいなって思う」と意見。続けて、「めちゃくちゃドキドキしたい、今年」と自身の抱負を明かした。

青山テルマ、ドキドキよりも落ち着く人を選んだ結果「めちゃくちゃつまんなかった」『私の年下王子さま』第11話

 ゲストの福田も「キュンキュンするほうを選びますよ」と青山に共感していたが、果たしてまゆはドキドキするこうき、一緒にいるのが楽なだいと、どちらの年下王子を選ぶのか?いよいよ次週は、年下王子からの告白だ。『私の年下王子さま 100人の王子編』最終回は、2月5日(土)よる10時~の放送だ。

私の年下王子さま 100人の王子編   第11話
私の年下王子さま 100人の王子編   第11話
私の年下王子さま 100人の王子編
私の年下王子さま 100人の王子編