『ドラ恋』糸原美波&佐分利眞由奈がABEMA新ドラマに出演!ファン「これからの展開が楽しみ」
番組をみる »

 大人気恋愛番組『恋愛ドラマな恋がしたい』出演者の糸原美波と佐分利眞由奈が、ABEMAオリジナルのドラマ『30までにとうるさくて』で物語に波乱を巻き起こす役どころで存在感を放っている。

 本作は、『恋仲』『好きこと』を手がけた月9プロデューサーが贈る、令和の20代女性が抱える本音が詰まったABEMA版『SEX AND THE CITY』。美山遥(さとうほなみ)、三浦恭子(山崎紘菜)、藤沢花音(佐藤玲)、佐倉詩(石橋菜津美)ら仲良し女子4人組には共通点がある。全員が29歳の独身であり、恋に仕事に結婚、出産、女性ならではの様々な悩みを抱えながら、煌びやかなTOKYOで必死にサバイブしている。

【動画】29歳独身女性の恋や仕事のリアル…ドラマ「30までにとうるさくて」

『ドラ恋』糸原美波&佐分利眞由奈がABEMA新ドラマに出演!ファン「これからの展開が楽しみ」

 そんな話題作で糸原が演じるのは、遥たちの会社の同僚でフォロワー多数のインスタグラマー・千葉彩子。遥のチームで同じプロジェクトを手掛けていた彩子だったが、第3話では誰に告げることもなく会議を欠席してしまう。いぶかしむ遥の目に飛び込んできたのは彩子のSNS。そこで彩子は「彼⽒に浮気されていた」と暴露していた。その彼氏こそ、性欲を持て余した遥がワンナイトラブしてしまった敏腕デザイナーの鎌田雄也(栁俊太郎)らしいのだが…。このゴシップは瞬く間に社内中を駆け巡る。彩子の告発が意味するものとは?

『ドラ恋』糸原美波&佐分利眞由奈がABEMA新ドラマに出演!ファン「これからの展開が楽しみ」

 かたや佐分利が演じるのは、敏腕女社長・恭子(山崎紘菜)の会社の部下・木下夏菜子。第3話では少しの登場となるが、第4話では恭子に突然退職願を提出し…?恭子の気持ちにとある変化をもたらしていく重要キャラに。『ドラ恋』人気出演者2人の登場にSNSでは「いとっち!」「これからの展開が楽しみ!」「どんなキャラクターなんだろう?」と活躍に期待する声が寄せられている。

30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
#3:29歳、産む産まない問題。
30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
現代の東京を生き抜く29歳独身女性たちの恋とキャリアとセックス、そして友情の物語