沖縄の警察署襲撃「そもそも警察の制止を振り切って事故。どういった怒り、流れがあっても暴力で解決はダメ」大島由香里氏が見解
【映像】食い違う両者の主張 »

 先週27日から28日の未明にかけ、一時およそ400人の若者が沖縄市の警察署を取り囲んで大暴れした一件について、フリーアナウンサーの大島由香里氏が言及。「時系列や事実関係が細かく出てきておらず、発表もされていない。事実が分かってきて色々言えると思う」と前置きしつつ「そもそも最初、警察の制止を振り切って事故を起こしているのはわかっている。あとはどういった怒りがあって、どういった流れがあっても、警察署を襲撃するのは暴力で解決しようとしている行動だと思うのでダメ」と私見を述べた。

【映像】食い違う両者の主張

 この騒動の前後、若者に人気のTikTokを中心にYouTubeやインスタグラム、ツイッターなどで「自分の友達が暴走グループと間違われて警察官に目を警棒で殴られ失明させられた。こんな大ごとになっているにも関わらず警察はこの事件を事故処理で済ませようとしています」などとする書き込みが拡散され、これを信じた多くの若者が集結。警察署に向かって石を投げつけたり、停めてある車を鉄パイプで殴りつけたりするなど、現場は騒然となった。

沖縄の警察署襲撃「そもそも警察の制止を振り切って事故。どういった怒り、流れがあっても暴力で解決はダメ」大島由香里氏が見解

 情報が断片的に報道されており、全容はいまだ不明。この騒動がここまで大きくなった要因について、ITジャーナリストの三上洋氏は「(拡散された情報が)事実かどうかわからない」としながらも「突然殴られた 失明した 眼球破裂したという内容が出回っている。ショッキングなためにかなり広がったということがある」と指摘した。

 警察によると、暴走行為警戒中に路地裏でバイクに乗った少年を発見。職質しようとしたところ、少年が向かってきたので止めようとして接触。少年はその場から立ち去ったという。一方、少年を搬送した沖縄消防署警防課は「けがをした少年から通報があった。少年は救急隊員に『単独事故ではなく警棒で殴られた』と話した」と説明。少年はその後、病院で右眼球破裂と右眼底骨折と診断されたという。

 本件について、先月30日にABEMAABEMA的ニュースショー』に出演した大島由香里氏は意見を問われると「そもそも最初、警察の制止を振り切って事故を起こしているのはわかっている。あとはどういった怒りがあって、どういった流れがあっても、警察署を襲撃するのは暴力で解決しようとしている行動だと思うのでダメ」と私見を述べた。

 また演出家で脚本家のマンボウやしろが「野次馬の人の動画などを見て、それに対しての批判も集まっている。SNSの良くないところがどんどん広がってきている」とSNSによる悪影響を指摘すると、タレントのでか美ちゃんは「警察と一市民となったときに、どうしても弱いのは一市民で若者。SNSで声を上げるのは今っぽいし、それが自分の助けになることもあるとは思うので一概に否定できない」と述べた。さらに「書き込みを疑っているわけではない」という前提に立ったでか美ちゃんは「見る側の私たちは完全に信じていいのかとは思う。信憑性がどこまであるのか。もちろん被害に遭われた少年が大変な目に遭ったというのはわかるが、バズったもん勝ちみたいになっているのは怖い」と続けた。

【映像】女装して女湯に侵入 驚きの手口
【映像】食い違う両者の主張
【映像】食い違う両者の主張
沖縄署暴動、SNSの言説「沖縄の人たちってヤバい」に沖縄在住YouTuberが警鐘「情報がハッキリしてないのに警察署を襲撃する人たちと同じ」
沖縄署暴動、SNSの言説「沖縄の人たちってヤバい」に沖縄在住YouTuberが警鐘「情報がハッキリしてないのに警察署を襲撃する人たちと同じ」
「口ではなんぼでも言える」女湯や女子トイレで“なりすまし” 偽ジェンダー問題に怒りと戸惑いの声 「心の性別より体の性別に合った使い方でトラブル回避を」などの意見も
「口ではなんぼでも言える」女湯や女子トイレで“なりすまし” 偽ジェンダー問題に怒りと戸惑いの声 「心の性別より体の性別に合った使い方でトラブル回避を」などの意見も