毎週月曜よる10時から放送中のABEMA今日、好きになりました。』(以下:今日好き)。 1月17日よりスタートした「蜜柑編(みかんへん)」で、最後の最後でカップルとなった岡田蓮(れん/高3/熊本県出身)とみとゆな(ゆな/高2/神奈川県出身)に現在の心境、そして今後についてなど話を聞いた。

【動画】ゆな&れん、告白成立で熱烈ハグ!

 ゆなは「秋桜編」(2021年10月18日~11月15日放送)&「花梨編」(2021年11月22日~12月27日放送)と旅を続けてきた継続メンバー。前シーズンの花梨編では、中里真哉斗(まやと/高3/千葉県)に好意を抱き、告白したもののまやとが気持ちを決めきれず、まやとに誘われ「蜜柑編」に参加することになった経緯がある。

 一方のれんは、前シーズン・花梨編からの継続メンバー。佐藤もえ(もえ/高3/北海道出身)と黒沢実未(みみ/高2/埼玉県出身)との間で揺れ、最終日にみみに告白したが、みみは他の男子からの告白を待っていたため、フラれてしまった。「高校最後にもう一度恋がしたい」という思いを抱え、れんは蜜柑編に参加。

 2人は、花梨編で一度共に旅を経験したにも関わらず、ほぼ話したことなかったと語る。そんな2人が今回の旅でどう距離を縮めていったのか。様々な想いが交錯し、幸せな結末を迎えた2人に話をきいた。
 

れん、気になっていたゆなと「今回は絶対に話そうと思っていた」

『今日好き』ゆな(みとゆな)&れん(岡田蓮)「お互い尊敬しあえるような2人に」旅を振り返り、ゆな「れんがいなかったら辛い旅になってた」感謝も

――蜜柑編で急速に距離を縮めて、カップルとなった2人ですが、今日こうして会うのは久しぶりですか?

ゆな: 2週間ぶりですね。神奈川と熊本の遠距離なので。

――ゆなさんが参加した『今日好き』を振り返ると、結構タフな旅だったのではないかと推測します。

ゆな: そうですね(笑)。

――そんな、ゆなさんは参加した全てのシーズンを通して一途だった印象です。もちろん揺れ動く場面もあったとは思いますが。

ゆな: そうなんですよ……! (確認するように)そうでしたよね、フフ(笑)?

――はい(笑)。真っ直ぐ相手と向き合っている姿が印象的でした。いろいろあった中で、ハッピーエンドを迎えられたのは、見守ってきた視聴者の方もうれしかったのではないかと。感慨もひとしおですか?

ゆな: そうですね。約3か月間、旅に出かけていたので、次回からはもう行かなくていいんだ〜という気持ちです(笑)。

――視聴者からの声はゆなさんの元に届いていますか?

ゆな: SNSの伸びがすごかったんです…! 『今日好き』に参加する前はInstagramのフォロワーは800程度だったんですけど、今は9万くらい(※取材時の段階)いて。

――それはすごい。

ゆな: でも、いきなり目の前に9万の人が現れたわけではないから、どこか実感が沸いてなかったりもして。

――れんさんも驚かれてます?

れん: すごいですね。

――そんなれんさんも今回継続メンバーとして参加しましたが、花梨編でゆなさんとは特にコミュニケーションを取っていなかったんじゃないかと。まずは再会した時を振り返っていただけますか?

れん: 僕は前回ゆなとは話ができなかったので、今回は絶対に話そうと思っていました。まやとの存在も別に気にならなかったですね。

ゆな: うれしいです。1日目は、男子全員が私を第一印象に選んでくれたんですけど、まさか、れんが選んでくれるとは思っていなくて。それはびっくりしましたね。

――そのくらい花梨編で関わっていなかったということ?

ゆな: 帰りの空港でペコっと会釈した程度です。

――では今回の蜜柑編がほぼ初めてのコミュニケーションだったんですね。

2人とも: そうなんです。

ゆな、れんに気持ちが動いた瞬間は?「あの時2ショットに誘ってもらったというのは大きかった」

――そんな中、れんさんは以前からゆなさんを好意的に見ていた?

れん: そうですね。でも花梨編では積極的に行けなかったので…。

――それはなぜ?

れん: 継続メンバーも多かったし、ゆなと関係値を築いていたまやとと、いさ(北本要世/高2/大阪府出身)がいたので、一歩を踏み出すことができなかったですね。

――そういう意味では、今回の結末は念願叶ってということですね。

れん: はい! 今回も最初は遠慮してしまった部分があったんですけど「誘わないと後悔する」と思ってアクションを起こしました。

――ゆなさんがれんさんに対し気持ちが動いた瞬間は?

ゆな: やっぱり2ショットに誘ってもらったというのは大きかったです。私、よく喋る人が少し苦手で、喋られ過ぎちゃうと、“私も喋らなきゃ”と思っちゃうんです。2人で落ち着いている感じが理想というか。

――このゆなさんの意見をれんさんはどう受け止めていますか?

れん: 自分は多分“落ち着いてる系”なので、その意見はめっちゃうれしいですね(笑)

――そうなんですね! ゆなさんは『今日好き』の中で、しっかりと思いを伝えるシーンも強く印象に残っていますが、あれは頑張った姿なのでしょうか?

ゆな: テンションが上がったら喋ります(笑)。でも思ったことは割と口からすぐ出ちゃうタイプかもしれないですね。

ゆな「れんがいなかったら私は辛いままで旅を終えていた」

『今日好き』ゆな(みとゆな)&れん(岡田蓮)「お互い尊敬しあえるような2人に」旅を振り返り、ゆな「れんがいなかったら辛い旅になってた」感謝も

――ゆあさんが(上ノ堀結愛/高2/大阪府出身)登場した時のシーンも反響は大きかったと思います。

ゆな: でも私自身、ゆあは途中から来ると思っていたんです。まやとの喜び方にはちょっとびっくりしたけれど(笑)、あれがあったからこそ、今こうしてれんと一緒にいることができているので。

――その後、まやとさんに対してしっかりとエールを送っていましたね。

ゆな: 正直に言うと、お肉事件(まやとがBBQの際にお肉を焼くのが苦手と言っていたが、ゆあが登場した際にゆあのためにお肉を焼くと積極的に動き出したシーン)の時に、パツンと心も離れたので、応援することができました(笑)。でも、れんがいなかったら、私は辛いままで旅を終えていたと思います。

――今、れんさん少しはにかみましたが、うれしいですか?

れん: うれしいですね(笑)。

『今日好き』ゆな(みとゆな)&れん(岡田蓮)「お互い尊敬しあえるような2人に」旅を振り返り、ゆな「れんがいなかったら辛い旅になってた」感謝も

▲傷心のゆなを救ったれんの存在(『今日好き』蜜柑編第3話

――これからどんどん関係性を築き上げていくと思いますが、付き合ってから知ったお互いの新しい一面は何かありますか?

れん: 怖がりなんですよ。暗闇が怖いみたいで。

ゆな: ダメなんです。部屋が真っ暗だと寝られないんですよ。それとこの前、れんと電話している時に緊急地震速報の音が鳴って、それにめっちゃビビっちゃって。

れん: 僕はそのリアクションの大きさにビックリするんです。結構なオーバーリアクションで(笑)

――一方のれんさんは慌てるようなことはないんですか?

れん:  お化け屋敷とかは無理ですね。怖いっす…。

――テンションが上がる瞬間は?

れん: 上がってもそんな変な感じにはならないですね。わりといつも同じペースだと思います。

――今回、念願叶ってゆなさんと付き合うことになったわけで。例えば、LINEで連絡を取り終わって、幸せを噛み締めてガッツポーズしちゃったりすることは?

れん: あはは(笑)。いや、でも電話とかも切らないんですよ。朝まで繋がったまんまで、準備の時間を迎えたからお互い切るみたいな感じなんです。

ゆな: たくさん話しているせいか、最近『今日好き』メンバーに「れんくんと話し方が似てきた」って言われることもあって(笑)。

――知らぬ間に影響受けてるんですかね(笑)。

ゆな: 受けてるのかもしれないです(笑)。れんは独特のペースだけど、どっしり構えてくれてるから安心感があります。

――改めて、幸せな結末を迎えましたね。

ゆな: はい。1番良い終わり方ができたと思います。

れん&ゆな「お互いが尊敬しあえるような2人になりたい」

『今日好き』ゆな(みとゆな)&れん(岡田蓮)「お互い尊敬しあえるような2人に」旅を振り返り、ゆな「れんがいなかったら辛い旅になってた」感謝も

――デートしてみたい場所なんかは2人で話していますか?

ゆな: ディズニー(東京ディズニーリゾート)だよね。れんはこの春で高校を卒業しちゃうので、制服でね?

れん: ディズニー行きたいですね!

――れんさんが住む熊本に行く計画は?

れん: グリーンランドっていう遊園地が熊本にあるんですよ。そこに連れて行きたいです。

ゆな: 案内してくれるのうれしい。

れん: あんまり詳しくないけど(笑)。

ゆな: それと一緒に映画「タイタニック」が見たいんです。

――1997年の作品でゆなさんが生まれる前の映画ですけど、なぜ?

ゆな: (主演のレオナルド・)ディカプリオが好きなんです。特に詳しいわけじゃないけど、ディカプリオのビジュアルが好きで。テレビで「タイタニック号の悲劇」みたいな特集をやっているのを見たんですけど、その時、少し映画も流れていて、好きになりました。お家で一緒に見たいです。

れん: 僕も見たことがないから一緒にみたいね。

――理想とするカップル像は?

れん: お互いが尊敬しあえるような2人になりたいです。

ゆな: そうですね。「親しき中にも礼儀ありなカップルになろう」とよく言い合ってます。

――お互いの尊敬する部分は?

ゆな: 私は今、神奈川に住んでいて、結構東京に近いんですけど、でも東京にいると結構、あたふたしちゃうんです。でもれんは、熊本から東京にきても、ごくごく平常心。それはすごいなって。東京のエスカレーターのスピードって早く感じない?

れん: えっ。全然感じない(笑)

ゆな: 全然動揺しないもんね?(笑)

れん: えっ。する人いるの?

――あははは(笑)。物怖じしない性格というか。

れん: 自分では全然自覚していないです(笑)。でも、ゆなも落ち着いていると思いますよ。それと『今日好き』のコメント欄でゆなについて「気が強そう」と書いてあったのを見たことがあるんですが、最初は僕もそう思っていました。でも、全然そんなことなかったですね。

――そんな風に見られるんですか? 

ゆな: 私、第一印象めっちゃ悪いんです…(笑)。「喋りかけるなオーラがある」って言われたこともあって。

――ちなみにれんさんは高校卒業後の進路は?

れん: 上京する予定です。

――では、遠距離恋愛じゃなくなるんですね。これからたくさん良い思い出が出来ていきそうですが、SNSに2人の姿をアップしていく予定は?

ゆな: あげたいです…!

れん: たくさんあげたいよね!

 『今日、好きになりました。蜜柑編』はABEMAにて全話配信中

取材・テキスト・撮影:中山洋平

[最新]今日、好きになりました。蜜柑編 最終回
[最新]今日、好きになりました。蜜柑編 最終回
[最新]今日、好きになりました。蜜柑編
[最新]今日、好きになりました。蜜柑編
今日、好きになりました。朝顔編
今日、好きになりました。朝顔編
今日、好きになりました。花梨編
今日、好きになりました。花梨編
ゆあ「不安な部分がある」「他の人にすぐ心移りしちゃうんじゃないか」まやとに本音を吐露