現代の東京を生きる29歳の女性たちの恋愛、仕事、友情を描いたABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』のスピンオフドラマ『結婚してとうるさくて』が3月3日に配信された。本編に登場した広告代理店の敏腕クリエイター・鎌田知也に対して、タイプの違う29歳の2人の女性が結婚を迫る物語。知也役は本編から引き続き栁俊太郎、文房具メーカーの営業で家庭的な女性・西野まりえ役を今泉佑唯、弁護士でバリキャリ女子の白石梨沙子役を山本千尋が演じる。ABEMA TIMESでは、3人にドラマの感想や女性の年齢で区切られることについて話を聞いた。

【動画】"まだ結婚したくない"男性のリアルな本音…ドラマ「結婚してとうるさくて」

――本日はよろしくお願いいたします。まずは本作を演じたご感想から教えてください。

栁俊太郎(以下、栁):本編では見られなかった知也の裏側の姿が描かれていて面白かったですね。

――プレイボーイな部分が深掘りされていたようですが、本編と演じ方を変えたりしましたか。

栁:そこはコミカルだったり、チャーミングに映ればいいなと心がけました。普通の男だったら隠すようなところをあからさまにやっちゃうのが知也の可愛いところでもあると思っているので。

――憎めないところがモテる理由でもあるんでしょうね。今泉さんは、そんな知也に結婚を迫る役を演じられましたがいかがでしたか。

今泉佑唯(以下、今泉):これまでは20歳前半の役柄を演じることが多かったので、30歳手前の結婚や出産がテーマになった作品はとても新鮮でした。あと、29歳という年齢は大人というイメージだったのですが、私が演じたまりえは感情を爆発させることもあって、そういうギャップは面白かったですね。29歳でもこういうところがあるんだって、発見にもなりました。

――ギャップで印象的なシーンはありましたか。

今泉:知也に「結婚するの?」「別れるの?」と詰め寄るシーンがあって、監督から「狂って」という指示があったんです。まさかそこで狂っちゃうなんて私は想像していなかったので、大人の女性の狂気的な部分を知れて面白かったです。

――今泉さんの狂気の演技を間近で見られて栁さんはいかがでしたか。

栁:「一回落ち着け」という台詞があるんですけど、本心から出ました。近寄って背中を叩かないといけないくらい鬼気迫るものがありましたね。

――どんなシーンになっているのか楽しみです。山本さんは、今泉さんとは真逆のタイプのバリキャリ女子を演じられました。

山本:私はこれまで、アクションやファンタジーに出演することが多くて、日常に本当にありそうなことを描いた作品に携わるのが初めてでした。感覚としては、ドキュメンタリーを撮影しているような気持ちで演じました。

――ドキュメンタリーというと、素の演技に近いという感じでしょうか。

山本:実際の私は25歳で、30代手前の感覚はないので、だからこそその場で受けた感覚、現場の空気感を大切にしながら演じました。栁さんが大人の魅力を魅せてくれたので、それに引っ張ってもらった部分が大きいですね。監督やスタッフのみなさんも、大人の内容だからこその雰囲気を作ってくれていて、その空気感に素直に入らせてもらいました。

――大人の雰囲気、注目ですね。栁さんの印象が出たので、今泉さんにもお聞きしたいです。栁さんと初めて共演されていかがでしたか。

今泉:最初、ちょっと暗い人なのかなって思いました(笑)。

栁:それ、よく言われます。

今泉:でもスタッフさんとお話している姿を横目で見て、なんだ~、ちゃんと喋ってくれる人なんだって気づいて安心しました。撮影中も声をかけてくれたりして、見た目とのギャップを感じました。

――いいギャップでよかったです(笑)。演技はいかがでしたか。

今泉:すごく力強かったです。掛け合いをするシーンでは、知也の台詞がグサグサきちゃいました。これだから男って……、とちょっと腹立つくらいでした(笑)。

――栁さんはお2人と共演されていかがでしたか。

栁: 2人ともこういう作品は初めてだと言っていましたが、いざ役に入るとものすごくリアルでした。女の人ってすごいなって、きっと日常でも七変化できちゃうんだろうなって恐怖を感じましたね(笑)。2人は全く違うタイプの役柄で、相手が変わると違う作品なのかって勘違いしそうになるくらい現場の雰囲気もガラッと変わりました。

――本作は、29歳の女性の結婚がテーマになっていますが、女性が年齢によって焦りを感じることについて、男性としてはどう思いますか。

栁:そんなに気にすることもないのになぁというのが正直な気持ちです。2人はどう?

今泉:私は結構焦るタイプかも。人生設計はけっこう考えています。50歳には第二の人生をスタートしたいんです。

――ちなみにどんな第二の人生を計画されているんでしょうか。

今泉:一人で海外を旅したいです。

栁:すごい。ちゃんと計算しているんだ。

――山本さんは同じ女性としていかがですか。

山本:こだわりはないです。何歳までに結婚とか、何歳までにこういうキャリアを積みたいとか、あまり考えてないですね。気にしていることと言えば、私はボクシングをしているので、ライセンスを取るのに年齢制限があるので、それくらいですかね。数字は人それぞれかなって思います。

――栁さんは現在30歳ですが……。

今泉:え~~~!? 30歳?!

栁:それ、どっちのええ~~~?!なの?

今泉:25歳くらいだと思っていました。

――(笑)。山本さんも意外ですか?

山本:私は事務所が同じなので年齢を知っていました。ルックスは若いですが、中身は落ち着いていて大人だと感じています。

栁:そんなことないですよ(笑)。

――質問に戻りますね(笑)。栁さんは30歳という節目の年齢ですが、年齢で区切ってなにかをやり遂げたいと考えたことはありますか。

栁:ないですね~。友達の結婚式とかに行くと、結婚っていいな~とか、パパってカッコイイなとか思いますけど。東京に戻ってくると、すぐ一人って楽しいな~って感覚に戻ります。仕事も目の前のことに精一杯です。

――人それぞれ、いろんな考え方がありますね。最後にドラマの見どころを教えてください。

栁:29歳前後の人だけじゃなく、若い世代の人も未来を想像しながら楽しめるし、上の世代も懐かしい気持ちで面白がれる作品です。女性だけではなく、男性側の意見もしっかり描かれているので、男女問わず、年齢問わずぜひ見てほしいです。

今泉:共感してもらえる部分がたくさんあるドラマだと思います。栁さんと同じで、未来のことを考えたり、経験してきた人たちが振り返って楽しめる作品です。

山本:最近は、リアリティー番組を見ている人が多かったり、YouTubeとかでアイドルの近況が見える映像が人気だったりします。まさにこの作品はそういったリアリティー番組をドラマ化したような、のぞき見しているような感覚になれるお話です。客観的に見ても、自分に置き換えてみても面白い作品なので、是非ご覧ください。


取材・文:氏家裕子
写真:You ishii

■ABEMAオリジナルドラマ『結婚してとうるさくて』番組概要

https://abema.tv/video/episode/90-1620_s1_p20(一部映像を無料配信中)
#1:『女には言えない男の本音』
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1620_s1_p30
#2:『男が結婚しない本当の理由』
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1620_s1_p40
 
ドラマ「結婚してとうるさくて」
ドラマ「結婚してとうるさくて」
#1:『女には言えない男の本音』
ドラマ「結婚してとうるさくて」
ドラマ「結婚してとうるさくて」
#2:『男が結婚しない本当の理由』
ドラマ「30までにとうるさくて」
ドラマ「30までにとうるさくて」
3/6(日) 23:00まで全話無料配信
結婚出産に興味無しのバリキャリ女性が急に婚活!? 号泣しながら明かした切なる女心『30までにとうるさくて』第2話