加護亜依をよく知る山崎裕太、アイドル絶頂期時代のエピソード明かす「どうしても仕事に行きたくないって言ってて…」
番組をみる »

 アイドル時代から加護亜依をよく知る俳優・山崎裕太が、加護が10代の頃「仕事に行きたくない」とゴネるほど追い詰められていたエピソードを明かした。

【動画】加護亜依をよく知る山崎裕太、アイドル絶頂期時代のエピソード明かす

 10日(木)、ABEMAにて極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱が出演する新番組「迷えるとんぼちゃん」#2が放送。この番組は、芸能界の荒波を30年以上乗り越えてきた極楽とんぼが、毎回ゲストと本音でぶつかり合う超爽快お悩み相談バラエティ。

 今回のゲストは34歳になった元モーニング娘。加護亜依。アイドルとして人気絶頂の時、週刊誌に未成年喫煙をキャッチされて1年間の謹慎生活を送った過去を持つ。

 そんな加護にビデオメッセージを寄せたのは、加護が10代の頃から仲良くしているという俳優・山崎裕太。山崎はビデオメッセージで「亜依が10代の頃、一緒に御飯を食べていたら『どうしても仕事に生きたくない』とダダをこね始めましたね」「ものすごく忙しかったですし、仕事に対するジレンマやフラストレーションが溜まっていたのかな」「現場まで車で送っていきました」と振り返った。

加護亜依をよく知る山崎裕太、アイドル絶頂期時代のエピソード明かす「どうしても仕事に行きたくないって言ってて…」

 山崎は「世間を騒がせるようなことがあったけど」と未成年喫煙事件に触れた上で、「母親になり、悩みながらも一生懸命、笑える、素敵な家庭を築こうとしている亜依を見て、逆に僕が励まされているくらいです」と告白。「亜依は頑張りすぎるところがある」「僕だったり、親しい人にデトックスしてもらって」と気遣った。

 加護は山崎に感謝を込めて、「お兄ちゃんみたいな存在」と紹介。「私が大変な時期から、(面倒を)見てもらってました」「ありがとうございました」と頭を下げた。加藤は「良い友達がいますね」「頑張ってください!」と加護にエールを送った。

 ABEMAプレミアムでは、謹慎中のさらなる仰天エピソードを公開中。

加護亜依が喫煙・離婚・結婚までを全て告白
加護亜依が喫煙・離婚・結婚までを全て告白
迷えるとんぼちゃん
迷えるとんぼちゃん