「100日後に死ぬワニ超えた」『離婚約』芸人のスピーチに千原ジュニア感動
番組をみる »

 『離婚約』著者の芸人が、離婚危機を乗り越えた感動エピソードを明かし、千原ジュニアが「100日後に死ぬワニ超えた」と絶賛した。

【動画】「100日後に死ぬワニ超えた」千原ジュニア感動のスピーチ

 3月9日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#22が放送。離婚を考えている人に向けて、インスタントジョンソン・じゃいが「離婚約」というやり方を大プッシュした。

 この番組は、「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、制限時間2分59秒内で、各界のゲストたちがズバズバ世間に訴えかけるスピーチバラエティ。MCは千原ジュニア、日向坂46佐々木久美

「100日後に死ぬワニ超えた」『離婚約』芸人のスピーチに千原ジュニア感動

 じゃいはスピーチの中で「『離婚約』という言葉は僕が作った」「婚約の反対、離婚の約束」と説明。家事・育児を全くやらなかったせいで、妻から「下の子が小学校に入学する4年後に離婚して、再婚したい」と告げられたエピソードを明かした。当時小学2年生だった長男は、「お父さんがイケメンになるかもよ?」と言われて、「それなら、いいか」と受け入れていたという。

 「離婚約」は離婚まで猶予があるので、その間に努力・修正できるメリットがあるという。じゃいは心を入れ替え家事・育児に取り組み、「頑張った方」と振り返った。

 それでも妻の離婚の意志は変わらず、いよいよ離婚の日が訪れた。じゃいが終わりを覚悟していると、朝6時ごろ、妻が紙を2枚持って号泣しながらじゃいの部屋に入ってきた。

 妻が持っていたのは、長男の机の上にあった卒業文集の原稿。「家族を大事にしたい」「親孝行したい」という原稿を読み、妻は「私は家族のことを考えてなかった」と離婚を撤回。長男が離婚を阻止することになったという。

 この結末にジュニアは「めちゃめちゃドキドキした」とコメント。「『100日後に死ぬワニ』超えたんちゃう?100日後に離婚するじゃい」「『イケメンやったらいいか』と言っていた子の成長がね。2分59秒ですごいドラマ」と感動していた。一方ゆったり感・中村英将は、「うちの場合それを決めたら、期限が早まる可能性がある(笑)」と笑いを誘っていた。

 ジュニアは「じゃいくん、『4年後に離婚するじゃい』っていう本を書いた方がいいよ」とリクエスト。じゃいは「『離婚約』っていう本はもう書いているので(笑)」と、最後に自著をアピールしていた。

「100日後に死ぬワニ超えた」千原ジュニア感動のスピーチ
「100日後に死ぬワニ超えた」千原ジュニア感動のスピーチ
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
「激ヤバイベントやん!」ホントの港区女子が集まる「バースディ」の実態
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
ABEMA TIMES
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白