DJ松永、PMSの現実を知りこれまでの女性への対応を反省「申し訳なかったな今まで」
番組をみる »

 Creepy NutsDJ松永が、女性が抱えるPMSの問題について知り驚愕した。

【動画】DJ松永が驚いた女性のPMSの現実(2分頃~)

 3月16日(水)にABEMAで『29.4〜ワタシの本音〜with anan』の#2が放送された。本番組は2021年に放送された特番に続く第2弾で、日本女性の平均初婚年齢である29.4歳という数字にフォーカスし、人気雑誌『anan』協力の元、一般女性の実話に基づく再現VTRを紹介。芸能人のトークも交えながら、29.4歳の女性のリアルな本音に迫り、ポジティブに生きていくヒントを学んでいく。

DJ松永、PMSの現実を知りこれまでの女性への対応を反省「申し訳なかったな今まで」

 今回のテーマは女性ホルモン。再現VTRではPMSの症状による悩みで恋愛に没頭できない29.4歳の女性の例を紹介。このVTRを受け、2児の母でゲストの近藤千尋は、「私は子供を産む前の方がイライラしたりとかあったかもしれない」とコメント。また代表的なPMSの症状としてMCの横澤夏子が「頭が痛くなったりお腹だったり腰だったりとか…。お腹痛いけどトイレに行って治るってわけでもないしみたいな」と話すと近藤も「そうそうそうそう」と同意。

DJ松永、PMSの現実を知りこれまでの女性への対応を反省「申し訳なかったな今まで」

 「(普通の腹痛とは)また感覚が別なんですか?」と唯一の男性ゲストのCreepy Nuts・DJ松永が質問すると横澤は「また別なんですよね」と言い、近藤は「いや〜な痛み」と表現した。さらに「ええ〜!それって月一で確実に平等に来る?」と、男性目線で深堀りすると横澤は「あるけどそれもまた不調によって来ない時もある」、近藤は「それもまたホルモンバランスのせい」と話しDJ松永は「大変ですね」と驚いた。

 DJ松永は「(PMSの)症状の重さは人によってだいぶ違う?」と疑問をぶつけると「全くない人もいるし、ある人は入院レベルで起き上がれない」と横澤が明言。すると「それが月1で来る人がいるの?まじで?」とDJ松永は目を丸くしていた。

 anan総研リサーチで生理への女性の本音を調査した結果、全ての感情が倍になってしまう、甘いものが食べたくなる、お酒に酔いやすくなる、といった悩みが挙げられ、DJ松永は「怒りだけじゃなくて喜びも?」と感受性が豊かになることに驚愕。またグラビアアイドルが生理痛で吐くこともあり、10年程低用量ピルを飲んでいることを明かすと、DJ松永は「そんなに個人差ってあるの?」と初めて知るPMSの現実に再び驚きの声を上げていた。

DJ松永、PMSの現実を知りこれまでの女性への対応を反省「申し訳なかったな今まで」

 そして番組の最後に“男のホンネ”を求められたDJ松永は「申し訳なかったな今まで。反省している。すべての人に謝りたい」と改まった口調でコメントした。

29.4 -ワタシの本音- with anan
29.4 -ワタシの本音- with anan
#2:女性ホルモン
30までにとうるさくて
30までにとうるさくて
現代の東京を生き抜く29歳独身女性たちの恋とキャリアとセックス、そして友情の物語
29.4 -ワタシの本音- with anan
29.4 -ワタシの本音- with anan
【次回放送】 #3 『ライフスタイル』