湯浅政明監督による劇場アニメーション『犬王』の公開日が、5月28日(土)に決定、この度本予告とビジュアルが公開された。

 湯浅政明(監督)×野木亜紀子(脚本)×松本大洋(キャラクター原案)×大友良英(音楽)といった常に新作が期待されるクリエイターが集結し、室町の知られざるポップスター【犬王】から生まれた物語を、変幻自在のイマジネーションで描く“狂騒のミュージカル・アニメーション”。

【動画】松本大洋『鉄コン筋クリート』

 「平家物語 犬王の巻」(古川日出男著/河出文庫刊)を原作に、カリスマ性と歌唱力、そして野心を抱く主人公・犬王を人気バンド「女王蜂」のボーカル担当・アヴちゃんが演じ、その相棒となる琵琶法師・友魚(ともな)を実力派俳優・森山未來が演じる。第78回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門をはじめ、世界各国の国際映画祭にて早くも絶賛・熱狂の嵐を巻き起こす前代未聞のミュージカル・アニメーションが誕生した。

 当時人気を博しながらも歴史に名が刻まれなかった実在の能楽師・犬王を大胆不敵な解釈、イマジネーションを駆使して描いた、痛快無比なサクセスストーリーにして、切ない諸行無常の物語。第78回ヴェネチア国際映画祭では“ロックオペラ”と評された本作は、ヒップホップやロックが入り混じり、歓喜する民衆の様子はまるで狂熱の野外フェスのよう。室町時代を舞台に、能楽を全く新しい視点で描き、2人の青年の友情に胸躍る狂騒のミュージカル・アニメーション!主人公・犬王を演じるアヴちゃんの歌声で始まる予告映像では、それらのシーンが畳みかけるように展開され、グルーヴする音楽、派手なパフォーマンスシーンが印象的な映像に仕上がっている。また、脇を固める柄本佑(足利義満役)、津田健次郎(犬王の父役)、松重豊(友魚の父役)の声もこの度初披露となる。

 同時に解禁となった本ビジュアルでは、橋の下に作られた特設ステージで瓢箪のお面を高々と掲げる犬王と、琵琶を携えた友魚のド派手なステージ姿が。その背後には橋の上から二人のステージを見届けようと待ちわびる民衆の姿があり、まさに音楽フェスの熱気を感じさせる!二人は一体どんな前代未聞のパフォーマンスを繰り出してくるのか!?同時に、犬王&友魚の友情・激しいライブシーンなど劇中も印象的なシーンを切り取った場面写真も解禁となった。

 本ビジュアルに券面デザインが一新されたムビチケカード第2弾は3/26(土)より発売開始。購入特典は、本作で重要な役割を果たす「平家の魂」をあしらったアクリルキーホルダーに決定!・

 また、本予告にも登場する楽曲を含めた『犬王』オリジナル・サウンドトラックの発売が5月25日(水)に決定。「いだてん~東京オリムピック噺~」『花束みたいな恋をした』などの大友良英が紡ぐ楽曲、アヴちゃん・森山未來が熱く歌い上げる劇中曲を収録。公開を前に本作の世界観を味わえるサウンドトラックもぜひ手に入れてほしい。

劇場版「アンダードッグ」
劇場版「アンダードッグ」
鉄コン筋クリート
鉄コン筋クリート