犯行現場を目撃され“しまった”顔の柴犬 重~い足取りで反省アピール「人間社会にもこういう人いる笑」
【映像】犯行現場を目撃された柴犬のリアクション »

 クッションをビリビリに破ってしまった瞬間を飼い主に目撃された柴犬が直後に見せた振る舞いがネット上で反響を呼び「人間社会にもこういう人いる笑」などといった反響が寄せられている。

【映像】犯行現場を目撃された柴犬のリアクション

 妙にうつむき加減でそろりそろりと歩くのは、柴犬のふう太くん。実はこの直前、クッションから綿を出して遊んでいるところを飼い主に目撃されたしまったのだ。

「ふう太くん」と低い声で名前を呼ぶと、わかりやすく気まずそうな表情に一変。犯行現場を目撃され、怒られるのを察知したか、飼い主のもとに近寄ってくる足取りはだいぶ重たそうである。

 飼い主によると、ふう太くんは人懐っこい性格で表情が豊か。その一方、ヤンチャな一面もあり、子犬のときにはふすまをボロボロにしてしまったことも。今回は何度も縫い直してきたクッションをボロボロにしてしまったため、呆れ気味に声をかけたところ、何とも言えない表情を見せたことから根負けし、優しく注意するだけで許すことにしたという。

 そんなふう太の憎めない振る舞いに対して、ネットからは「犬ってこんなにソロ~リと歩けるんだ」「人間社会にもこういう人いますよね笑」などの反響が寄せられている。(ABEMA週刊BUZZ動画』)

【映像】犯行現場を目撃された柴犬のリアクション
【映像】犯行現場を目撃された柴犬のリアクション
柴犬が加湿器の蒸気を“はむはむ” 飼い主さん悶絶 
柴犬が加湿器の蒸気を“はむはむ” 飼い主さん悶絶