YUNA「ショーンがいるから落ちたくない」ショーンとのラブラブトークに視聴者も悶絶『彼オオカミ』第5話
番組をみる »

 中間告白で両想いになったショーンとYUNAが、アトリエでの作業中、仲睦まじい会話を繰り広げる場面があった。

【動画】両想いのショーン&YUNA、料理中もラブラブ!

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』第5話が、3月20日(日)よる10時より放送。

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

YUNA「ショーンがいるから落ちたくない」ショーンとのラブラブトークに視聴者も悶絶『彼オオカミ』第5話

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/21歳)。

YUNA「ショーンいるから落ちたくない」胸キュン発言にショーン照れ笑い

 中間告白後のアトリエには、楽しそうに2人で料理をする、ショーンとYUNAの姿があった。「落ちたくない?」。視聴者から最も「オオカミちゃん」だと疑われ、最多票を集めた女性メンバーの脱落がいよいよ現実のものとして迫る中、ショーンはYUNAに、そう問いかけた。するとYUNAは「ショーンいるから落ちたくない」と笑みを浮かべ、ショーンの方をチラリ。ショーンは「言うじゃん」と照れ臭そうに笑った。いい雰囲気が漂う中、ショーンは当初、YUNAのことを「誰よりも疑っていた」と告白。その上で、もしYUNAが“オオカミちゃん”だとしても「気持ちは変わらないと思う」と意思を伝えた。

YUNA「ショーンがいるから落ちたくない」ショーンとのラブラブトークに視聴者も悶絶『彼オオカミ』第5話

 照れ隠しなのか、YUNAが「ショーンにしては珍しい答えだなぁ」と茶化すと、ショーンは「自分に素直になった方がよくない?オオカミだったら諦めようとかできなくない?間違ってる?」と真剣に主張。そして「もし(YUNAが)落ちたら、作業頑張るわ」と、YUNAが脱落した場合は作業に没頭する考えを示した。

 このシーンに視聴者からは「こんなに幸せそうに笑うユナヤちゃん見れて最高に嬉しい」「恋してユナヤ可愛くなった気がする!」「“ショーンいるから落ちたくないよ”ってユナヤちゃん可愛すぎてムリーーー!ほんとに可愛いー!」などの声が寄せられた。

 中間告白で想いを確かめ合い、ようやく動き出した2人の恋。果たしてこのまま安定カップルとなるのか…?2人の運命はいかに?

『彼とオオカミちゃんには騙されない』ルール&共同作業の内容は?

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』では、基本ルールに加え、シーズン限定の特別ルールが導入されている。基本ルールは、女性メンバーの中に1人以上、オオカミちゃんが潜んでいるというもの。さらに、視聴者による「オオカミちゃん投票」が行われ、最もオオカミちゃんだと疑われた女性メンバー1名が脱落する。そして特別ルールとして、男性メンバー5名の中から選ばれた1名に、オオカミちゃんの正体を告知。オオカミちゃんの正体を知る男性メンバー「彼」は、最終告白が終了するまで、オオカミちゃんの秘密を守り抜かなければならない。最終告白終了より前にオオカミちゃんの秘密を明かした場合、「彼」はその時点で失格となる。なお、今回メンバーが取り組む共同作業は、キッチンが併設された、オリジナルのフードトラックの制作。自身で考案・開発したメニューを販売するイベントを実施し、その際の売上によって合否の判定が行われる。

 次回、第5話のラストでSASUKEがゆなに送信した「太陽LINE」の真相が明らかに。「このタイミングで太陽LINE使って、その相手が何でゆななのかな」と、SASUKEに直球質問をぶつけるレオ。果たしてSASUKEは何を語るのか?さらに予告映像では、逆転劇が起こることを示唆するシーンも。その主人公はいったい誰…?『彼とオオカミちゃんには騙されない』第6話は、3月27日(日)よる10時より放送される。

#5:それでも好きって、それでも好きなのかな?
#5:それでも好きって、それでも好きなのかな?
彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない
SASUKEを巡る三角関係、中間告白でまゆが大逆転!笑顔で握手交わす