元日本一のイケメン高校生・新原泰佑が激しいキスからの大胆ベッドシーン…あざとかわいい演技と完璧な肉体美で年上女性をリード
番組をみる »

 抑えきれぬ欲望に身を任せる女性たちの赤裸々な姿を描く、ABEMAプレミアム限定のオリジナルドラマ『私が獣になった夜~season3/好きになっちゃいけない~』。第二夜では、あざとい系ビジネス片言イケメン男子に年上女性が欲望のままに身をゆだねる…。かつて日本一のイケメン高校生としてグランプリを獲得したこともある俳優・新原泰佑が、肉体美を存分に見せつける大胆ラブシーンに挑んだ。

【動画】新原泰佑、激しいキスからの大胆ラブシーン

 韓流アイドルのようなルックスと片言の日本語を武器に、シウ(新原泰佑)はバイト先の女性客から大人気。しかしその片言は、あくまでも人気を得るためのビジネス。シウはあざとい本性の持ち主だった。その事実を知っているのはバイト先の年上女子・穂乃花(久保乃々花)だけ。そもそも片言キャラを勧めたのは穂乃花であり、二人は大の仲良しだ。

元日本一のイケメン高校生・新原泰佑が激しいキスからの大胆ベッドシーン…あざとかわいい演技と完璧な肉体美で年上女性をリード

 穂乃花の前では流暢な日本語で喋るシウだが、「穂乃花が好き」「可愛くて好き」などとあざとさは変わらず、そんなシウに対して穂乃花は「確かにカッコいいけれど、彼の“好き”を真に受けてはいけない」などと自分に言い聞かせてあしらっていた。

 アルバイトをしながら就活に励む穂乃花は、ある企業から不採用の知らせを受ける。落ち込む穂乃花を励ますシウだが「俺が慰めてあげる!」「就職できなかったら一緒に韓国に行こう!」とどこか適当に聞こえる。さすがの穂乃花もシウが自分の真剣さを理解していないと怒ると、シウは一転真剣な表情で「まずは俺、穂乃花の完璧な彼氏になる」と宣言。しかし穂乃花は「もういい加減にして!」と呆れて部屋を出てしまう。

元日本一のイケメン高校生・新原泰佑が激しいキスからの大胆ベッドシーン…あざとかわいい演技と完璧な肉体美で年上女性をリード

 就活仲間たちが上手くことを運ぶ中で、穂乃花の焦りは募るばかり。手応えのあった会社からも、やはり不採用の連絡が届く。落ち込む穂乃花は、何も知らないシウに「笑って!笑って!もっとカワイイ」と言われて、「あんたの言うことがどこまで本気なのかわからない!」とついに激高。シウのビジネス片言も女性ファンの客やスタッフたちにバレてしまう。するとシウは「全部俺のせい!俺が悪い!普通に日本語も喋れる!そして俺は彼女のことを大切に思っている!穂乃花の気持ちを考えずにふざけすぎてごめん!」とカミングアウト。

元日本一のイケメン高校生・新原泰佑が激しいキスからの大胆ベッドシーン…あざとかわいい演技と完璧な肉体美で年上女性をリード

 寒空の下で一人、穂乃花の帰宅を待つシウ。そんなピュアな姿に穂乃花は欲望が抑えられず大胆な行動に。二人は激しいキスを交わし、シウは誰もいない店内で穂乃花を押し倒し、体中に口づけ。全裸になったシウは穂乃香の洋服もすべて脱がし、激しく抱きしめるように愛を交わすのだった。

元日本一のイケメン高校生・新原泰佑が激しいキスからの大胆ベッドシーン…あざとかわいい演技と完璧な肉体美で年上女性をリード

 見所はラブシーンでのシウのジェントルぶりと均整の取れた肉体美。シウは穂乃花をテーブルに寝かせて靴を脱がし、脚を優しく愛撫する。洋服を優しくたくし上げてお腹にもキスの嵐を浴びせていく。そしてシウも自らシャツを脱ぎ捨てると、引き締まった張りのあるボディがお目見えする。中性的フェイスの新原のたくましい裸体に目と心を奪われてほしい。

私が獣になった夜〜好きになっちゃいけない〜
私が獣になった夜〜好きになっちゃいけない〜
もしかして私は遊び相手?鈴木美羽、マッチングアプリで出会ったハイスペ彼氏に本気の駆け引き