作業中に指を2本切断…リアルすぎる労災体験に「巻き込まれる瞬間見てて怖かった」「一度体験してみたい」様々な反響
【映像】指2本が一瞬で…超絶リアルな労災体験 »

 普段は体験することができない、いや、決して体験したくはない作業中の労災。そんな製造作業中などに起こり得る“指を切断する”というショッキングな労災体験を実現させたVRのリアルすぎる再現力が話題を呼んでいる。

【映像】指2本が一瞬で…超絶リアルな労災体験

 機械で作業する様子を仮想空間で体験するのは動画の投稿者。VRゴーグルとグローブを装着して作業工程を体感していると…ザクッっと左手が機械の下敷きになる巻き込まれ事故が発生。一瞬で指2本が切断され、そのリアルな映像に驚いた投稿者は「あっ!」とまるで本当の出来事のように驚きの声を上げた。

 労災体験を経験した投稿者は「巻き込まれた瞬間に本気の電気ショック来た。VRになるとほんとにリアルで直感的にわかりやすいので普及して欲しい」と感想を述べている。

 展示イベント会場で投稿者が体感したのは三徳コーポレーションが開発したVR危険体感システム「RiMM」。爆発事故、感電事故、挟まれ事故など、100種類以上の労働災害を疑似体験することが可能だという。

 視覚や聴覚に加え、グローブや床が振動する触覚までを緻密に再現。事故の様子をリアルに再現することで、危険意識や感受性を高めることができるという。そんなRiMMによる投稿者の労災体験動画に対して、「巻き込まれる瞬間見てて怖かった」「製造業に携わる人間として一度体験してみたい」といった反響が寄せられている。(ABEMA週刊BUZZ動画』)

【映像】指2本が一瞬で…超絶リアルな労災体験
【映像】指2本が一瞬で…超絶リアルな労災体験
電球に能面をつけて点灯したら想像以上に“ホラー”な絵面 「怖すぎて吹いた」400万人に戦慄
電球に能面をつけて点灯したら想像以上に“ホラー”な絵面 「怖すぎて吹いた」400万人に戦慄