ABEMAオリジナル恋愛番組『隣の恋は青く見える3』(以下、『隣恋3』)が3月26日より配信されている。悩めるカップルたちが、お互いの合意のもと“お試し破局”をして、自由恋愛OKという状態で1週間の共同生活を行う同番組。舞台は真っ青な海と空に囲まれた開放感いっぱいの沖縄の島。“恋人公認の浮気”というとんでもない設定の中、恋人と別れシングルになった男女14人が初対面から2人きりでジャグジーに入るなど急接近、早くも波乱の予感を見せている。1週間の共同生活の先に待っているのは“復縁”か“別れ”か、それとも“新しい恋”なのか。今回、カップルたちの見届け人を務めるのは、お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希。愛妻家として知られ、破局や浮気とは縁遠いイメージのある平子は、番組を見て何を思うのか、直撃した。

【動画】浮気OK?スキャンダラスな7日間『隣の恋は青く見える3』


「僕は結婚と恋愛に関しての数少ない成功者」

――『隣恋』は浮気OKの共同生活という恋愛番組ですが、この設定を最初に聞いたときにはどう思われましたか。

絶妙ですよね。浮気というものは、禁じられているものなので、それが公認されたときに人はどういう感情で動くんだろう…。僕は前々から、学校が喫煙を解禁したら学生は煙草を吸わないはずだと思っているタイプなので、この場合は、どういう現象が起きるのか…。

――実際に、恋人と別れ浮気OKという環境になったカップルたちの姿を見ていかがでしたか。

僕は、妻が奥さんであり、彼女であり、不倫相手であるようなところがあるので、結婚と恋愛に関しての数少ない成功者なんです。なので、神様の目線で下々の者たちの悪あがきを見ている感じではあります。

――(笑)。悪あがきに見えますか。参加者の心境は今のところまだわかりにくいですよね。

カップルでこの企画に参加するということは、そういうフェチズムを持っていないと不可能だと思うんですよ。交際歴が3年もあるようなカップルならマンネリ化してきますが、交際歴3カ月のカップルもいるじゃないですか。3カ月って…、本来は吐くほど楽しいときじゃないですか。

アルピー平子、浮気OKの恋愛番組の楽しみ方「神の目線で下々の者たちの悪あがきを見ている」

▲浮気OKの共同生活を楽しむ参加者たちの様子(『隣の恋は青く見える3』より

――一番楽しい時期かもしれませんね。

となると、ケン&レイナのカップル(交際歴3か月)はフェチの境地の中で遊んでいる可能性が見えてきますよね。

――このシチュエーションに萌えているってことでしょうか。

元サヤに戻るのを前提で、いったんお互いを異性に近づけてみて自分の第六感を高める。交際3カ月でさすがにこのシチュエーションに飛び込むということは、彼らも神の目線でこの企画を遊んでいる可能性がありますよ。“寝取られ”の一歩手前の遊び方ですね。

――(笑)考えも及びませんでした。ちなみに、神様の目線で印象的なカップルはいますか。

僕はK-1が好きなので、フミヤ(30歳/K-1ファイター)のことは以前から知っているんですよ。通常、アグレッシブファイターは、プライベートでは静かだったりするのですが、フミヤはリングから降りずに戦っているような印象ですね。やるかやられるか。顎を打ち抜かれるか打ち抜くか。恋愛のスタイルも同じみたいですね。

アルピー平子、浮気OKの恋愛番組の楽しみ方「神の目線で下々の者たちの悪あがきを見ている」

▲平子が気になるフミヤ、気になる女子へグイグイアプローチ!(『隣の恋は青く見える3』より

恋愛は「言葉にビキニを着せ始めたときから」

――万が一、平子さんがあの環境に急に参加するようなことになったらどうしますか。

僕とは正反対というか。異性とプールに入ってバーベキューができる気質とは正反対の人間なので。着衣のまま陸地で静かに過ごします。瞬間的にはしゃいでみたとしても、あとあとボロが出てくるというか。違う気質であることがバレてしまうと思うんです。参加者の中にも、本当はあの気質じゃない子たちも、何人かいるはずなんですよ。その場の流れで空気を読んで、無理している可能性があります。企画デビューというか、教習所の合宿所でみんなはしゃぎ倒している中で、みんながはしゃいでいるから自分もはしゃいでいるというか。そういうデビューをしている人も男女問わずいるとは思います。

――平子さんにもそういう経験はありますか。

ありますね。お笑い芸人になるということで、20代のころは遊ばないといけないんだっていう強迫観念の中、無理やり動きかけたことはありました。合コンとか、王様ゲームが乱立していた時代だったので。僕は、王様ゲームが大っ嫌いで、とにかく嫌いで、途中で帰ってたんですよ。王様ゲームってエロくないですよね。僕はエロいことがしたいんです。カジュアルパーティーには、エロチシズムのかけらもない。それ以来は合コン嫌いを公言して、誘われない状況を自分で作りました。

――この番組も、もう少し時間がたてば素の姿を見せてくれる参加者が出てきそうですね。

どっかでパーティーを抜け出してしっぽり過ごすカップルがいたら、そこがスタートかもしれないですね。プールではしゃいでいるうちはなにも始まっていない。着衣のまま陸地でゆっくりと話し始めるときが、スタートです。言葉にビキニを着せ始めたときからというか、ピンポイントで見えてくる仕草で仕掛け合うカップルが出てきたら見ものだなと。そういう意味ではビキニってビキニではないので。まだ吐息で遊んでないというか。

――平子さんが同じ企画のもとやるならどうされますか? 

僕がやるとしたら、元恋人同士をミックスして図書館に放ちますね。有隣堂もいいな。有隣堂にはエロチシズムのかけらもないから、逆に全身を性感帯にしたやり取りが見えるんじゃないかな。バーベキューとビキニでは見えないですね、今のところ。

――今は、はしゃいでいるだけに見えるという。

ただ、女性はわかっていると思いますよ。男性はビキニ姿に鼻の下を伸ばしていますけど。青天の下の解放感は男だけが感じていることで、女性はそういった場面だからこそ、一つひとつの所作、仕草、言動を見ている感じがしますね。2人でピンクのスワンに乗ったからといって距離感が近づいたことにはならないですから。

自分の中の女性を自覚「ガラス製品や花瓶が好き。クロムハーツよりもティファニーの小さい石」

――番組中もそうですが、平子さんのコメントを聞くと、なんで女性の気持ちがこんなにわかるんだろうって感心してしまいます。

女性の気持ちがわかるというよりは、僕の中に女性を持っていて、女性の感覚をもともと兼ね備えているのは自覚しています。モード誌も女性誌のほうが好きですし、香りも女性が好むような香りが好き。ガラス製品や花瓶が好き。クロムハーツよりもティファニーの小さい石が好きなので。僕の中に女子があるんですよね。

――平子さんは、体格がよくて男性らしい印象ですが、とてもステキなギャップですね。

そういう側面を出すと芸人としての振る舞いに無理が生じてくるというか…。なので、正反対の表現で茶を濁している部分はあります。僕が全力を出すと、新しい生命体のような表現になってしまうので。

――芸人をしているときにはまた違う側面を出しているんですね。

そうですね。家に帰れば、奥さんと一緒にずっと花瓶の情報を見たり、ガラス製品の情報を集めて遊んでいたりするので。


「僕がモテるというよりも、既婚者フェチに気に入られているだけ」

――蛙亭のイワクラさんや納言の薄幸さんなどの女性芸人も、平子さんがカッコいい、ステキだと、女性芸人は必ず一度は平子さんを好きになったことがあると仰っていました。

それはちょうどいいところを選んでいるだけです。既婚者で、奥さんと仲が良くて、ある程度、年齢が上で、かと言ってわざとらしいほどの大物でもなく、中の下の下くらいにいる。リアリティーを持ちつつもちょっとリアリティーのないところで、安パイなんです。生々しさもないですし、そこはかとないマニアック加減も出せますし。僕があのくらいの年齢の女性芸人だったとしても僕を選ぶと思いますので。位置、マニアックさ。あらゆる側面でちょうどいい。

――でも、実際はおモテになる? 

僕がモテるとかではなく、既婚者フェチの方に気に入られているだけです。僕が奥さんを大事だと言っていて、そこに食い込みたいフェチの女性というか、これが僕じゃなくてもAくんやBくんだったとしても、同じことを言っていたらそっちに行くだろうし。本質的に僕がモテているのとは違いますね。もちろん魅力的な女性が寄ってきたら、異性として惹かれる部分があるのもわかりますが、ただ、表現するのが難しいですけど、時間もお金もかからない最上級が家にいるから、外で時間やお金を使う必要がないんですよ。もったいないというか、意味がない。A5ランクが家にあるのに、わざわざA3と知っていて食べる必要がないというか。

――わざわざ浮気をする必要がないんですね。

僕も昔は浮気をして、見つかっては修羅場を経験しています。経験したからこそ、意味がないことだとわかったんです。経験したことがないと、どんなものなんだろうという探求心が生まれてしまうと思うので。

――ますますこの番組に平子さんを投入してみたくなりますね(笑)。

めちゃくちゃ嫌われますよ。服は脱がないし、プールも入らない。足をちょっとつけるくらいで。

――逆に女性からの視線は集めそうです。では最後に番組の見どころをお願いします。

今、話したことを全部覆しますけど…浮気って楽しいじゃないですか。

――(笑)。

結果、楽しいので。年齢的にも気質的にも野に放たれた野獣どもですから。野獣どもの宴を一緒に観察しましょうっていうことですかね。

▲神の目線から観察する平子

 『隣の恋は青く見える3』は毎週土曜よる10時より配信。ABEMAにて第3話まで無料配信中。


テキスト・取材:氏家裕子
撮影:Mayuko Yamaguchi
 

隣の恋は青く見える3
隣の恋は青く見える3
彼氏の携帯見たら「バチバチに浮気してた」