しずる・KAZMAをブチギレ氏原が完全論破!「今までで1番弱いかも」とニューヨーク屋敷も爆笑
番組をみる »

 しずる・KAZMAがYouTuberとディベート対決を実施するも、圧倒的な差で敗北し、「今までで1番弱いかも」と笑われてしまう一幕があった。

【動画】KAZMAをブチギレ氏原が完全論破(19分頃~)

 12日、ABEMAテレビ朝日が共同制作する新バラエティー枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)にて『マッドマックスTV論破王』(※旧『マッドマックスTV』)が放送された。

 今回は論破王ひろゆきを打破するべく、しずる・KAZMA、コットン・西村真二、ゲイバー店員・カマたく、YouTuber・ブチギレ氏原を召集し『ディベート-1グランプリ』を開催。ブチギレ氏原に完敗するKAZMAの最弱っぷりが話題になった。

しずる・KAZMAをブチギレ氏原が完全論破!「今までで1番弱いかも」とニューヨーク屋敷も爆笑

 ディベートのお題は「ネタを書いたことのない芸人が審査員をするのは アリorナシ」。相方と交代でネタを書いていたKAZMAはアリ、芸人時代ネタを書いていた氏原はナシの立場を選択。KAZMAに煽られたら氏原は「お笑いの競技を知らない奴が審査員をやって誰が喜ぶんだよ!」と主張。しかしKAZMAは「でもその大会選んでお前が出てんだろ?だったらその大会に従えよ」と反論。すると氏原は「ネタを書いてない人が審査員をやっている大会を選ばねぇんだよ」と話すと、KAZMAは「じゃあ出んな!」とブチギレ。ワイプは「そういうことじゃない!」と大爆笑だった。

しずる・KAZMAをブチギレ氏原が完全論破!「今までで1番弱いかも」とニューヨーク屋敷も爆笑

 両者一歩も引かない中、「(お笑いの審査で)ネタ書いてない奴はパフォーマンスや表現の部分しか分からないだろ?」と話す氏原にKAZMAは「表現の部分も審査に入るだろ?」と反論。だが氏原は「表現の部分はネタ書いてる奴も分かってんだから、ネタ書いている奴に任せりゃいいだろ!」と一蹴。KAZMAは「ネタっていうのは2人が合わさってネタじゃん?」と2人で作っていることを強調し、「だからその意味ではネタを書いてない人も審査をしていいってことにならない?」とうかがうも「ならないな」と氏原はバッサリ。

 その後も氏原の論理的な説明に押され、KAZMAは「ネタを書いている奴の方が全てを含めて審査できるってことか」と聞くと、「その理由がネタを書いて台本を作るという能力。これは毎日何時間もかけているもの。(ネタを書いてない人とは)雲泥の差があるよ」と指摘。するとKAZMAは「それはそうだな」と納得してしまった。

しずる・KAZMAをブチギレ氏原が完全論破!「今までで1番弱いかも」とニューヨーク屋敷も爆笑

 ニューヨーク屋敷裕政は完全論破される様子を受け「今までで1番弱いかも」と爆笑。KAZMAは「敵としてとんでもない奴だと思ってしまった」と氏原と対決した率直な気持ちを吐露。判定はもちろん満票でブチギレ氏原の勝利となった。

※KAZMAの「Z」は正しくはストローク付きのラテンアルファベットの字

マッドマックスTV
マッドマックスTV
芸能人がディベート対決!第2回芸能人ディベート-1グランプリ
マッドマックスTV
マッドマックスTV
友近、ひろゆきを華麗に論破!
あのちゃん、論破してくるひろゆきに「うるさい」とブチギレ! ディベート対決の結果にも「マジで腹立つ」と怒り露わに