「出会い系感覚で遊べる」新業態の「フリマ型マッチング風俗」とは何か
番組をみる »

 4月25日に放送されたABEMA給与明細」では、マッチングサイトのようなシステムで運営する新業態の風俗に潜入。その実態を探った。

【動画】新業態の「フリマ型マッチング風俗」とは

 番組で潜入したのは「フリマ型マッチング風俗」を掲げる「kuricari」。ホームページにアクセスすると、通常のマッチングアプリと同様に幅広い年齢層の女性たちの顔写真が並んでいる。番組では話を聞くために運営事務所へと向かった。

 事務所に到着すると、運営者の男性がお出迎え。マッチングアプリ風のユニークなシステムを作った理由について尋ねたところ、男性は「一般的な風俗店はお店を介してお遊びする。そういったものを一切除外して、女の子とお客様が出会い系感覚で遊べるお店があったらいいなという思いで開発しました」と説明。「kuricari」の登録料は男女ともに無料で、現在女性キャストは1350人以上、男性客の登録は5000人を超えているという。仕組みについて質問すると、運営者の男性は「出会い系の要素も取り入れていて、登録した男性と女の子がメッセージで会話をして、会おうと思ったら予約ができる」と語った。

「出会い系感覚で遊べる」新業態の「フリマ型マッチング風俗」とは何か

 「kuricari」では男性客が1ポイント1円相当の「クリカ」をチャージし、ポイントを使用してメッセージ交換を行う。ダイレクトメッセージは1回20クリカ、予約は500クリカなど、女性に会うためにクリカを消費していくシステムだ。サービス料金は登録した女性キャスト自身がプレイ時間10分につき1000~5000円の範囲内で自由に設定することができる。つまり女性キャストが自らを出品して購入者とマッチングするシステムとなっており、こうした独自のシステムが“フリマ型”を称するゆえんなのだという。

 番組では「kuricari」の常連客にも接触。利用して半年が経つという男性客は「会った時に見た目はどうであれ、この人こんな感じの子だろうなとか、おじさんなりの心の準備ができる」と、事前にメッセージでやり取りできるメリットを説明。さらに「kuricari」を利用している理由について「初めは登録したり女の子とメッセージをしないといけなくて、面倒くさいのかなと思ったけど、お店に聞きたいことを女の子に直接聞けるし、自分の都合で予約を入れられるから、(通常の風俗店より)断然スムーズかな」と語っていた。
(ABEMA/給与明細より)

【動画】新業態の「フリマ型マッチング風俗」とは
【動画】新業態の「フリマ型マッチング風俗」とは
【動画】女性キャストにもメリットがある「フリマ型マッチング風俗」
【動画】女性キャストにもメリットがある「フリマ型マッチング風俗」
【動画】女性キャストにもメリットがある「フリマ型マッチング風俗」