アニメ「パリピ孔明」第4話は構成が秀逸すぎる!激アツ演出の特殊EDにファンも大喜び
番組をみる »

 4月26日より順次放送中のアニメ「パリピ孔明」第4話での、エンディングへの入り方が「エモすぎる」と評判を呼んでいる。

【動画】激アツ演出の特殊EDが見られる第4話

 「パリピ孔明」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて連載中の同名漫画(原作:四葉夕卜氏/漫画:小川亮氏)が原作。現代日本に転生した天才軍師・諸葛孔明(CV:置鮎龍太郎)が、歌手になりたいという月見英子(CV:本渡/歌唱:96猫)の夢を叶えるため、英子の軍師として音楽シーンに革新を巻き起こしていく。

 前回の第3話では、英子が初めての野外フェスに挑むも、悪条件揃いのステージを割り当てられてしまった。孔明は、絶体絶命の状況を打破するために計略“無中生有”を実行。さらに、英子の歌を聞いた孔明は、かつて仕えていた主君を思い出し、英子と共に夢を叶えることを決心するのだった。孔明の決意に、視聴者からは「劉備がでると泣ける」「まさかの感動パートにグッときた」などの反響が寄せられた。

 第4話「孔明、道を照らす」は、英子と孔明の絆が一層深まる展開だった。通常はEIKO starring 96猫と諸葛孔明が歌う「気分上々↑↑」がエンディング主題歌として流れるが、第4話では英子の新曲「六本木うどん屋(仮)」に変更された。さらに英子が同楽曲のデモ音源を流した瞬間にエンディングに入る演出も施されており、Twitter上では「魅せ方、入り方うまっ!!!」「演出激アツ!!!!」「構成がとても秀逸だと思いました」「エモすぎる…!」「音質の悪さが『臨場感』溢れていました」など興奮の声が相次いでいた。

第4話「孔明、道を照らす」
【あらすじ】

クラブイベント→フェスといい感じにステップアップした英子。
フェスに来ていた怪しげダンディな超有名オーガナイザーから英子は選択を迫られる!
ビッグイベントorスモールイベント? どっちの出演権を取る?
いきなりの大チャンスに超ビビる英子。
ねえ孔明、どっちがいいかな?
……って、あれ? なんか孔明の反応が変? 孔明、信じさせてよ!

(C)四葉夕卜・小川亮・講談社/「パリピ孔明」製作委員会

まさかの感動パート?「パリピ孔明」3話、主君を思い出す孔明に視聴者ウルッ…
激アツ演出の特殊EDが見られる第4話
激アツ演出の特殊EDが見られる第4話
「パリピ孔明」全話リスト
「パリピ孔明」全話リスト
まさかの感動パート?「パリピ孔明」3話、主君を思い出す孔明に視聴者ウルッ…
まさかの感動パート?「パリピ孔明」3話、主君を思い出す孔明に視聴者ウルッ…
ABEMA TIMES