坂上忍、ギャンブルで大勝ちした“ケタ違い”な額に共演者あんぐり「帯が重なって」
番組をみる »

 坂上忍がギャンブルで大勝ちして1年間仕事をセーブした過去を告白。気になる勝利額を明かすと、スタジオの共演者は驚きの表情を浮かべた。

【映像】『7.2 新しい別の窓 #50』

 『7.2 新しい別の窓 #50』では、坂上が番組初登場。“今聞きたいホンネクエスション”と題した企画に出演した。その中で「Q. まだ1年の終わりにギャンブルしていますか?」という質問が読み上げられると、坂上は「競艇には行ってますね」と答えた。

 坂上は1年間で得た収入をそのまま年末の賭け事に使うんだという。ここ最近は“使いきれない”という理由で全額とはいかないそうだが、年末にすっからかんになってしまうこともあったそうだ。

 一方で大掛けが当たったこともあるという。坂上は「勝った時は1年休みましたね。帯どころではなく、帯が重なって、それが何個あるかって感じ」とケタ違いな勝利額を明かすと、スタジオのみちょぱは「すげー」と驚いていた。

 坂上はギャンブルを行う理由として「金があると、労働意欲が沸かなくなる。基本はヒモになりたかった。金がなくなると、働かないと食べていけないと考えるから」と説明していた。
ABEMA『7.2 新しい別の窓 #50』より)

7.2 新しい別の窓 #50
7.2 新しい別の窓 #50