コットン西村、ディベート対決で大号泣のカオス展開に!感情剥き出しで「勝ち負けなんてどうでもいいよ」
番組をみる »

 コットンの西村真二とYouTuberのブチギレ氏原が戦いを繰り広げた結果、番組史上初の大号泣のカオス展開となってしまった。

【動画】スタジオ爆笑の大号泣ディベート

 3日、ABEMAテレビ朝日が共同制作する新バラエティー枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』(以下『ネオバズ!』)にて『マッドマックスTV論破王』が放送された。論破王・ひろゆきを打破できる人材を発掘するため、『D-1グランプリ(ディベート1グランプリ)』の続編を開催。

コットン西村、ディベート対決で大号泣のカオス展開に!感情剥き出しで「勝ち負けなんてどうでもいいよ」

 テーマは『芸人がこれから頑張るべきは テレビ or YouTube』。元お笑い芸人で現在YouTuberの氏原は「俺は当然YouTubeに決まっている。もうこれ言う必要あるか?」と前のめり。一方、芸人の西村は当然テレビを選び、「氏原さん今 YouTuberとして活躍されているじゃないですか?でも根幹の気持ちはテレビに出たくて始めたんじゃないですか?」とチクリ。氏原が「そうだな」と認めると西村は「最初の志した気持ちを否定するのは違うのかなと思う」と指摘。だが「変化でしかないからな。だからそれを否定っていう風にやって議論に無理に勝とうとしたって無駄」と西村を一蹴した。

コットン西村、ディベート対決で大号泣のカオス展開に!感情剥き出しで「勝ち負けなんてどうでもいいよ」

 「氏原さんは今テレビに出たくないんですか?」と西村が切り込むと氏原は「めちゃくちゃ出たいよ」と告白。その理由について「昭和生まれだもん」と氏原が正直に明かすと、「あの時に憧れで俺らこのブラウン管の前に出ようと思ったじゃないですか?」と感情に揺さぶりかける西村。すると氏原は「でももう…できねぇじゃん!」と悔しそうな表情を滲ませ、「できるか?今?」「俺たちがやりたかった笑いができるか?」とテレビが最も熱かった世代だからこその感情が爆発。予想外の反応に西村は「それを変えるのが俺らでしょ?この世代で変えていかなきゃいけないんだよ!」と必死で氏原を説得。「もう無理だよ」「諦めちゃダメだよ」「諦めたんじゃねぇよ」と、もはやディベートなのか分からない展開に突入していった。

コットン西村、ディベート対決で大号泣のカオス展開に!感情剥き出しで「勝ち負けなんてどうでもいいよ」

 西村が「もうどうでもいいこのテーマ!絶対こっち戻ってきてくれよ」とついにディベートを投げ出すと「いや頑張るよ、俺も」と柄にもなく素直な氏原。そして「このタイミングでお前と会えて良かった」と口にし、2人して涙をこぼし大号泣するという異例の展開に。「勝ち負けなんてどうでもいいよ!」と西村は肩を震わせながら叫び、感極まったまま対決は終了した。

 この超カオス展開にスタジオメンバーは終始、「意味不明!」「最高のテレビになっているやん!」と大爆笑だった。

マッドマックスTV論破王
マッドマックスTV論破王
打倒ひろゆきのため人材発掘!第2回芸能人D-1グランプリ後半戦
マッドマックスTV論破王
マッドマックスTV論破王
友近、ひろゆきを完全論破!スタジオ絶賛
オズワルド伊藤、キャバクラボーイとして10年間働いた経験を武器にひろゆきを口撃