オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回
番組をみる »

 紆余曲折ありながらも、最終的にはユリホへの想いを貫く決意を固めたゆうきだったが、最終告白の結果、ユリホは「オオカミちゃん」だったことが判明。ゆうきはユリホの本心が綴られた手紙を読み、涙を流した。

【動画】オオカミちゃんはユリホだった…想い続けていたゆうきが涙

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』第12話が、5月8日(日)よる10時から放送された。

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/22歳)。

「これからも2人で笑っていたい」切なく散ったゆうきの恋

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回

 ユリホがなかなか本心を明かさなかったことで、ゆうきの気持ちが離れかけた時期もあったものの、最終告白前に行った2度のデートで、2人はいい雰囲気に。あとはユリホが「オオカミちゃん」ではないことを祈るのみとなっていた。

 最終告白当日、ゆうきは「オオカミちゃん」の着ぐるみを着たユリホの前に立ち、「初めて会った時から、ユリホは俺の中ですごく気になる存在だった」と、出会った時のことを回想。続けて、ユリホの人思いなところや、優しいところに惹かれたと言い、「2人でいる時間はとても大切な思い出になりました。これからも2人で笑っていたいです」と願いを込めた。「オオカミじゃないって信じています」。その言葉とともに、ゆうきは頭を下げ、ユリホに向けて手を差し出した。ユリホの持つ赤い風船がゆうきの手に渡れば、告白成立となる。しかし、赤い風船はユリホの手によって空に放たれ、スタジオに絶叫が響き渡った。風船の代わりに渡されたのは、赤い手紙。ユリホが立ち去った後、手紙を開くと、ゆうきの目から涙があふれ出した。

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回

手紙で明かされたユリホの本音「あなたの笑顔が大好きでした」

 「すごく素敵な笑顔で笑う男の子。それが私のゆうきに対する第一印象でした」。手紙の中でユリホは、ゆうきの第一印象をそう振り返った。生放送の仕事を終えてからアトリエ作業に参加していたゆうき。体力的にはきついものがあったと思われるが、それでもゆうきは、いつも誰かのために笑っていたという。「その笑顔に私の気持ちは大きく揺らいでしまった」。恋をしない「オオカミ」という大役を背負いながら、ユリホの心の奥底では、恋心が芽生えつつあったのかもしれない。そしてユリホは、中間告白の前に、ゆうきへの印象が「目の前で一番風船を飛ばしたくない男の子」に変わったと告白。その上で「ゆうきの笑顔を奪ってしまうことが怖くて逃げてしまった。ゆうきをたくさん傷つけていることはわかっていたのに」と、後悔を吐露した。そして手紙の最後は「私はゆうきから笑顔を奪ってしまう存在だったけど、私はあなたの笑顔が一番大好きでした」という一文で締めくくられていた。

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回

「風船渡した後、もう1回聞かせて」守られなかった約束

 中間告白前にユリホとスケート場を訪れ、「どんな冬にしたいか」という話題になった際、ゆうきは「ユリホと一緒にいられる冬にしたい」と話していた。それから色々なことがあり、ついに最終告白を迎えようという中、ユリホと行ったデートで、ゆうきは「俺さ、いい意味でも、ちょっと寂しい部分でも、いろいろ感情動かされた部分があって。そういうの全部ひっくるめて、すごいいい冬だったなと思う」と『彼オオカミ』の期間を回想。この時ユリホは「風船渡した後、もう1回聞かせて」と、決して叶うことのない約束を求めたのだった。

 「オオカミちゃん」だった女性メンバーが、最終告白終了後に、他のメンバーと話すことは許されない。着ぐるみの頭を外し、「オオカミちゃん」としての役を終えたユリホの目には、涙が浮かんでいた。「嘘ついたまま、もう会えないのが悲しい」。ユリホはそう言って、唇を噛んだ。一方、ゆうきも涙をこぼしながら「一番大事な約束は守ってくれなかったけど、ユリホだったから、たくさん思い出作れたし、いい冬でした」としみじみ語った。最終告白が終わった時、ゆうきが笑顔ではいられないことを、ユリホはわかっていたはずだ。しかしそれでも、願わずにはいられなかったのだろう。ゆうきとデートで神社を訪れた際、ユリホは絵馬に「大好きなゆうきの笑顔がずっと続きますように」と書き込んでいたのだった。

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回

 ゆうきとユリホに訪れた、切なすぎる恋の結末に、スタジオのMCも胸を締め付けられた様子。横澤は泣きながら深いため息をつき、「切ない…」とポツリ。飯豊と滝沢も静かに涙を流していた。

オオカミちゃんはユリホだった…一途に想い続けたゆうきが涙「私はあなたの笑顔を奪ってしまう存在」涙の結末『彼オオカミ』最終回
『彼とオオカミちゃん』今シーズン最大の謎“彼”を徹底予想!メンバー内をかき乱すジョーカー的な存在の可能性も
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない