“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回
番組をみる »

 最終告白の結果、まゆは恋をしようとしない「オオカミちゃん」、SASUKEは「オオカミちゃん」の正体を知る「彼」だったことが判明した。心の奥底ではSASUKEに惹かれ、葛藤を抱えながら「オオカミちゃん」を演じたまゆ、すべてをわかった上でまゆを受け入れたSASUKE。切ない恋の結末に、スタジオが涙に包まれた。

【動画】“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にMC陣ら涙腺崩壊

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』第12話が、5月8日(日)よる10時から放送された。

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/22歳)。

最終告白で初めて伝えた「好き」しかし赤い風船は空へ…

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 SASUKEが最終告白の相手に選んだのは、中間告白でも結ばれ、多くの時間を一緒に過ごしてきたまゆ。告白場所に向かうSASUKEの顔に、迷いは一切感じられなかった。SASUKEは「オオカミちゃん」の着ぐるみを着たまゆの前に立つと、初めて会った時の印象を「ものすごいきれいな人が来たなと思って、僕の手の届かないような感じもしてしまった」と回想。続けて「話してみるとものすごくフレンドリーで、芯があって、真面目で、誰よりも作業頑張ってくれてたし、本当に尊敬できる部分もあって。たまにお茶目だったりもするし、かわいいところを出してくるのもずるいなと思いながら」と、まゆの魅力を列挙した。そしてSASUKEは「好きです」とキッパリ。「オオカミちゃんじゃないって、信じています」という言葉とともに、まゆに向けて手を差し出した。

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 まゆの持つ赤い風船がSASUKEの手に渡れば、告白は成立となる。しかし、まゆは風船を渡すことなく、SASUKEを抱きしめた。着ぐるみの中から、まゆのすすり泣く声が聞こえてくる。「SASUKEくん、ごめん」。まゆはそう言って、赤い風船を自らの手で空に放った。

 SASUKEは、こうなることをわかっていたようだ。SASUKEが心を込めて「ありがとう」と感謝すると、まゆは赤い手紙を渡し、その場を去っていった。

「オオカミちゃん」だったまゆが悔いた嘘「本音は逆の気持ちだった」

 唇を噛みしめながら、まゆの手紙を開いたSASUKE。手紙の冒頭でまゆは「私はSASUKEくんにたくさんの嘘をついてきました。『オオカミちゃんじゃないよ』って言葉が1番の嘘だったのは間違いないけど、後悔している嘘はそれじゃなかったりします」と切り出し、「脱落の後、2人で話した時に私が伝えた言葉、覚えてる?」と問いかけた。そしてまゆは、脱落前最後のデートで言った「私がいない間、SASUKEくんは恋愛、前向きに行ってほしいと思っています」という言葉の真意を、「他の子と恋愛しても構わないんだよって意味で言った」と説明。その上で「あれ嘘なんだ。本音は逆の気持ちだったんだ」と明かした。

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 「復活したら、私はもう1度SASUKEくんを傷つける。だったらせめて他の恋に進んでもらうべきだって、頭ではわかっていたの。だけどあの時、砂時計をひっくり返してくれたことが嬉しくて、言うつもりのなかった言葉を口にしてしまいました。嘘ですら貫き通すことができなくてごめん」。SASUKEは言葉のひとつひとつを噛みしめるように、時折うなずきながら手紙を読んでいたが、まゆが抱えていた葛藤を知ると、手紙を顔に当ててうつむいた。いつもはポーカーフェイスなSASUKEだが、この時ばかりは、感情を抑えることができなかったようだ。

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 そしてまゆは手紙の中で「それともう1つだけ、謝らなければならないことがあります」と切り出し、「レオからの月LINEでSASUKEくんが背負ってきたものの大きさに気づくことができました」と、レオから「月LINE」で呼び出された際に、SASUKEが「彼」だと気づいたことを告白した。

 レオはあらかじめSASUKEが「彼」だと感づいており、もしまゆが「オオカミちゃん」だった場合、何も知らない状態で最終告白を迎えたら「心の整理がつかないのでは」と心配し、まゆに「月LINE」を送信。SASUKEが「彼」だと暗に伝えていたのだった。

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

 「全てをわかった上で、私の嘘に付き合ってくれてたんだよね」。まゆは手紙にそう綴り、レオから言われるまで気づかなかったことを謝罪。そして最後は「最後まで私の言葉を信じてくれてありがとう。SASUKEくんが私の『彼』で本当に良かった」と感謝の言葉で締めくくった。こうして「オオカミちゃん」としての役割を終え、着ぐるみの頭を外したまゆは、涙ながらに苦悩を吐露。「やっと初めて好きって言ってくれたのに…」「たぶんSASUKEくんは私の存在をわかっていて、一緒にいてくれたから…」と、嗚咽交じりに話していた。

“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にスタジオが涙腺崩壊『彼オオカミ』最終回

横澤夏子「考えれば考えるほど泣ける」

 SASUKEとまゆのVTRに、スタジオの横澤は涙腺崩壊。「ちょっと待ってもう、この結末、切なすぎるわ」「つらいよ…」と涙で声を詰まらせ、「考えれば考えるほど泣けるね。SASUKEが『彼』って言われたのって、一番最初じゃん。そこから全部知ってるって、つらかっただろうなって思うよね」とSASUKEの心情を慮った。飯豊と滝沢も涙が止まらない様子。飯豊は「オオカミちゃんじゃないと信じてほしい」と言ったまゆに、SASUKEが「信じた」とキッパリ言った場面を持ち出し、「あの受け答えも、優しさすごかったですね」としみじみコメント。滝沢も「まゆちゃん、やっと好きって言ってもらえたのに、それがまさかこんな日にっていうのもつらくって…」と、涙で声を震わせながら感想を語っていた。

#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない