“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回
番組をみる »

 最終告白の結果、まゆは恋をしようとしない「オオカミちゃん」、SASUKEは「オオカミちゃん」の正体を知る「彼」だったことが判明。まゆは「月LINE」でレオと会った際に、SASUKEが「彼」だと気づかされたことを明かすとともに、「私の存在をわかってて一緒にいてくれた」と涙ながらに語った。

【動画】“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にMC陣ら涙腺崩壊

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』第12話が、5月8日(日)よる10時から放送された。

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/22歳)。

レオが「月LINE」でまゆに伝えたかったこととは?

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

 最終告白で「好きです」と、まゆにストレートに想いを伝えたSASUKE。しかし、まゆの正体が「オオカミちゃん」であることを、SASUKEは初めからわかっていたのだ。「オオカミちゃん」の着ぐるみを着たまゆは、赤い風船を空に放つと、SASUKEに手紙を渡し、その場を立ち去った。そして、着ぐるみの頭を外すと、隠し続けてきた本音があふれ出し、「やっと初めて好きって言ってくれたのに…」と泣きながら吐露。続けて「たぶんSASUKEくんは私の存在をわかっていて、一緒にいてくれたから…」と嗚咽交じりに絞り出した。

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回
“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

 SASUKEに宛てた手紙の中でまゆは、嘘をついてきたことを謝罪するとともに、「レオからの月LINEでSASUKEくんが背負ってきたものの大きさに気づくことができました」と、レオから「月LINE」で呼び出された際に、SASUKEが「彼」だと気づいたことを打ち明けた。最終告白の直前、まゆはレオとの待ち合わせ場所に向かうと、「何の話かと思ってびっくりしたわ」と「月LINE」を受け取った驚きを吐露。レオは、まゆが脱落後に復活したことで、急な告白になることを心配していると言い、「力になれたら」と切り出した。「仮にあの話をしたら、まゆはSASUKEのことを『彼』と思いたくないと思うけど、もしまゆがこの番組で役を与えられてるんだったら、それは知っておくべきかなと思って」。レオがそう語ると、まゆは自分が「オオカミちゃん」であることを隠そうとしたのか「なんでまゆがオオカミちゃん前提なの?」と質問。しかし、レオが「本当そうよね」と共感しつつ「じゃけん、そのケースだった時に、まゆが整理追いつかんかなと思って」と説明すると、まゆはこっそり涙を拭った。

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

 まゆに「月LINE」を送信したレオは、SASUKEが「彼」だと気づいていたのだ。決定的な発言があったのは、レオがSASUKEに、ゆなとの「月LINE」デートで何があったのかを尋ねた時のこと。なかなか口を割ろうとしないSASUKEに、レオが「今ゆなのこと好き?」と質問を変えると、SASUKEは「好きよ」と答え、その後に「友達としてね」と付け加えた。レオは安堵し、「答え方…」と笑いつつ、「月LINE」デートの件について「ゆなの口からは言いたくないことなのか」と確認。するとSASUKEは「なんとなくわかってるんじゃないの?」と、暗に自分が「彼」だと認め、「心配せんでもいいよ。レオが想像していることでだいたいあってると思う」と語ったのだった。

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

SASUKEとの「月LINE」デートでまゆが見せた涙

 まゆとの「月LINE」で、レオは「あいつも限界なんじゃないかなって。告白が近づくにつれて、俺は誰かに気づいてほしいんじゃないかなって思うけどね」と、SASUKEの心理を推測。この言葉を聞くと、まゆは「私、SASUKEくんとの月LINEで、SASUKEくんの気持ちに気づいてあげられなかったかも」と言い、沈痛な面持ちでうつむいた。脱落後に復活し、SASUKEと行った「月LINE」デートで、「最終告白の相手、決まった?」と問いかけた後、まゆは泣き出してしまったのだ。SASUKEは「泣いたらいい」と言葉をかけ、まゆに優しく寄り添った。

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回

 SASUKEに宛てた手紙の中で、まゆはその時のことを「涙がこらえきれなくなってしまった私は、オオカミちゃんだとバレないよう、自分を守ることで精一杯でした」と回想。そして「でもSASUKEくんは全てをわかった上で、私の嘘に付き合ってくれてたんだよね。全然気づかなくてごめん」と続けた。なお、こうしてまゆが手紙で素直に気持ちを伝えることができたのは、レオが背中を押してくれたおかげもあったのだろう。レオは「月LINE」でまゆと会った際、最後に「言い残すことがあるなら、最終告白の時、素直に伝えな」と助言していたのだった。

 「オオカミちゃん」だったまゆは、恋の相手に「彼」を選ぶことだけは、避けたいと願っていたのだという。しかし、SASUKEと多くを過ごした『彼オオカミ』での時間に、後悔はないようだ。「最後まで私の言葉を信じてくれてありがとう。SASUKEくんが私の『彼』で本当に良かった」。まゆは心からの感謝の言葉で、手紙を締めくくったのだった。

“オオカミちゃん”だと知りながら恋をした…SASUKEとまゆ、明かされる2人の真実『彼オオカミ』最終回
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない