明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回
番組をみる »

 長らくの間、謎に包まれていた、ゆなとSASUKEの「月LINE」デートの真相がついに判明。SASUKEはレオとゆなに手紙を宛て、「僕が最後まで『彼』でいられたのは、二人のおかげです」と感謝を伝えた。

【動画】“オオカミちゃん”と“彼”のあまりに切なすぎる恋の結末にMC陣ら涙腺崩壊

 ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』第12話が、5月8日(日)よる10時から放送された。

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。スタジオでは横澤夏子飯豊まりえ滝沢カレン神尾楓珠がMCを務める。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/22歳)。

ゆながSASUKEを誘ったもう1つの理由「少しでも気持ちが軽くなるんだったら…」

明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回

 まゆが「オオカミちゃん」で、SASUKEは「オオカミちゃん」の正体を知る「彼」なのかもしれない…。その事実に気づいたレオは、まゆを「月LINE」で呼び出し、SASUKEが「彼」である可能性を伝え、「言い残していることがあるなら、最終告白の時、素直に伝えな」と助言。事実、まゆは「オオカミちゃん」、SASUKEは「彼」で、2人の恋は切ない結末を迎えた。また、最終告白でレオはゆなとカップルに。SASUKEがゆなのことを「好き」だと言ったのは、「友達として」だったことも判明した。残されたもう1つの謎は、ゆながSASUKEを誘った「月LINE」デートで、何が語られたのかということ。リアルタイム放送にはなかった、「月LINE」デートでの2人の会話が、ABEMAで配信されている。

 「月LINEを誘ったのには、もう1つ理由があって」。SASUKEを「月LINE」で誘った1つ目の理由は、以前の「太陽LINE」デートで元気付けてくれたことへの「お返し」だと説明していたゆな。しかし、SASUKEを誘ったのには、もう1つ理由があったのだ。ゆなは「もう1つはあくまでも私の中での話だから、それに対して、答えとかを求めているわけではない」と前置きした上で、「彼」という決定的なワードは避けながらも、SASUKEが1人で抱え込んでいることは明白だと言い、「話を聞いて少しでも気持ちが軽くなるんだったら、今日は話を聞こうと思った」と語った。ゆなはSASUKEが「彼」で、まゆが「オオカミちゃん」という関係性を、見抜いていたようだ。しかし、SASUKEは苦しい胸の内を明かそうとはしなかった。天を仰ぎ「そういうことね~」と悩ましげな表情を浮かべ、「あまり答えられることはないけど…そこまで考えてくれてありがとう」と言葉少なに感謝した。

明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回

 その後ゆなは「私はでも、これからもSASUKEくんがここから何かをしたとしても、後ろから見守ることしかできない」ともどかしさをにじませつつ、「本当に私の勝手な考えだからごめんなんだけど、私は正直に今好きなのは…レオです」と告白。少し沈黙した後、SASUKEは「いいと思う」「(レオは)みんなに気を使えるし、絶対素直に伝えてくれるしね」と2人の恋を応援した。番組がスタートした直後の短い期間、ゆなとSASUKEはいい雰囲気だった。しかしその後、SASUKEはまゆが「オオカミちゃん」だと知りながら恋の相手に選び、ゆなから離れていった。SASUKEの胸の内を思い、ゆなは感情を抑えきれなかったのだろう。ゆなの目から、涙があふれ出した。一方、SASUKEは冷静沈着。「泣けよ、君が」と泣きじゃくるゆなに、SASUKEは落ち着いた口調で「一番わかってるじゃない。そういうのじゃないの」と言い聞かせた。

 だが、この時SASUKEは、本当は泣きたかったのかもしれない。一瞬だけ、涙をこらえるような表情を見せたのだった。それでもSASUKEは自分のことより、ゆなを思いやることを優先。「ちょっと楽になった」と語り、涙が止まらないゆなに「大丈夫だから。僕は何もつらくないから」と言葉をかけた。SASUKEから優しさを向けられ、ゆなはますます号泣。「つらいよ…」「もっと早く気づいてあげられていれば良かった」と悔やんでいた。

SASUKE「最後まで彼でいられたのは二人のおかげ」レオ&ゆなに感謝

 レオは目を潤ませながら、「月LINE」デートの模様が収められた映像を、ゆなと共に鑑賞した。その場には、SASUKEがレオとゆなに宛てた、赤い手紙も。手紙の冒頭でSASUKEは「僕が『彼』だったせいで2人にはたくさんの迷惑をかけたと思います。ゆなが月LINEの出来事をレオに話せなかったのは、きっと僕を守るためだったと思います」と、レオからデートのことを聞かれても、ゆなが黙秘していた理由を説明。そして「僕が最後まで『彼』でいられたのは、二人のおかげです。本当にありがとう」と、自分のために行動を起こしてくれた2人に感謝したのだった。

明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回

 なお、このVTRの最後には、ゆなとレオが「月LINE」デートの映像を観た部屋に、SASUKEがカセットプレーヤーのようなものを残し、去っていくシーンも。スタジオの横澤は「何、何!?」と気になる様子を見せつつ、SASUKEの負担を少しでも減らそうと考えたゆなの優しさを「すごいわ」と称賛。レオに「月LINE」デートの詳細を聞かれた際、ゆなが多くを語れなかったことについては「せめぎあいだよね、難しいね」と同情を寄せた。また、ゆなだけでなく、レオもSASUKEとまゆのために「月LINE」を使ったことが話題に上がると、横澤は「絆がすごい」としみじみ。滝沢も「本当にいい関係だったんだ。私たち、疑っちゃいましたね。全然違った。上の上の上だった」と話し、ゆながSASUKEに心変わりしたのではないかと、疑ってしまったことを反省していた。

 そして、最終告白終了後のメンバーたちの様子が収められた、スペシャルエピローグの中で、SASUKEは「1個最後にみんなに言っておきたいことがあるんですけど。僕が『彼』でした」と告白。これを聞いたメンバーたちは、すぐさまSASUKEの周りに集まり、「頑張ったね」「お疲れ」とねぎらいの言葉をかけた。そして男性メンバーたちは、続々とSASUKEをハグ。「彼」という大役から解放されたSASUKEの顔には、安堵の笑みが浮かんでいた。

明かされた真実にレオが涙、“彼”だったSASUKEとゆなの秘密のデート「もっと早く気づいてあげられていれば…」『彼オオカミ』最終回
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
#12:それでも彼は、好きだと言った【未公開付き】
彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない