アニメ「キングダム」4期第5話、戦いを終えた成キョウに感動の嵐「ほんとかっこよかった」
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 アニメ「キングダム」第4シリーズ第5話での、王弟・成キョウ(CV:宮田幸季)が妻・瑠衣(CV:折笠富美子)に想いを伝えるシーンが「涙が止まらない」と反響を呼んでいる。

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(CV:福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 前回の第4話では、ついに都市・屯留をめぐる攻城戦が開幕した。城主代行・蒲カク(CV:平林剛)によって地下牢に捕らえられた成キョウは、瑠衣に会いに行くことを決意。警備兵を説得して地下牢を脱出し、彼女との再会を果たした。成キョウの脱出劇に、視聴者からは「自ら運を切り開くの、熱すぎ!」「めちゃくちゃ男前だった」などの反響が寄せられた。

 5月7日より順次放送中の第5話「剣と盾」では、成キョウと蒲カクが対峙した。成キョウは、屯留と瑠衣を狙う蒲カクを迎え撃ち、諦めずに戦い抜いた。成キョウが「ずっとお前に惚れている」と瑠衣に想いを伝える姿も描かれ、Twitter上には「いい男に成長したね」「ほんとかっこよかったです…」「こんな展開になるなんて」「言葉が出ない」「マジで涙が止まらん」といった感動の声が殺到していた。

第5話「剣と盾」
【あらすじ】

羌カイや飛信隊の仲間とともに、成キョウと瑠衣が囚われていると思しき場所を探す信。だが屯留城内は乱戦状態となっており、成キョウはおろか反乱の首謀者・蒲カクさえも見つけられない。一方、反乱兵との交戦で深手を負った成キョウは、救い出した瑠衣に援軍を連れてくるよう頼むと、その場に留まり、蒲カクら追手を迎え撃つ。成キョウの元に援軍を連れ帰るため走る瑠衣と救出を託された飛信隊は、成キョウの危機を救い、ともに都に帰ることができるのか!?

※エイ政の「エイ」は環境依存文字
※成キョウの「キョウ」は、正式には虫+喬の字
※蒲カクの「カク」は、正式には高+鳥の字
※羌カイの「カイ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ