“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』
番組をみる »

 5月8日放送の第12話をもって最終回を迎えた、ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』。本作において、「オオカミちゃん」の正体を知る男性メンバー「彼」を務め上げた、SASUKEの苦悩と本音に迫ったエピソード『彼とオオカミちゃんには騙されない SASUKE それぞれの歌』が、ABEMAプレミアムにて配信されている。

【動画】彼はSASUKEだった…その事実にまゆが号泣、スタジオは嗚咽

『彼とオオカミちゃんには騙されない』とは

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』は、最高の恋を手にするために集まった男女がデートや共同作業を通して、“真実の恋”を叶えようと奮闘する姿を追いかける恋愛番組。ただしメンバーの中には、恋をしようとしない「“嘘つき”オオカミちゃん」が女性側に1人以上潜んでいる。また、今シーズン限定ルールとして、「オオカミちゃん」の正体を知る「彼」と呼ばれる男性メンバーが1人存在し、「彼」は最終告白が終了するまで、「オオカミちゃん」の秘密を守り抜くことが使命とされている。

 女性メンバーは、新井舞良(マイラ/21歳)、大峰ユリホ(ユリホ/19歳)、北澤舞悠(まゆ/22歳)、ゆな(17歳)、YUNA(18歳)。男性メンバーは、櫻井佑樹(ゆうき/19歳)、SASUKE(18歳)、Sean(ショーン/19歳)、高橋聖那(せいな/21歳)、松本怜生(レオ/22歳)。

「恋の経験がないので…」まゆのアプローチに戸惑いも…苦悩を告白

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 「オオカミちゃん」の正体を知る男性メンバー「彼」が存在するという、初のルールが注目を集めた今シーズン。「オオカミちゃん」と「彼」が誰なのかをめぐり、視聴者による考察も盛り上がりを見せてきたが、最終回でついに真実が明らかに。「オオカミちゃん」はユリホとまゆ、「彼」はSASUKEだったことが判明した。

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』
“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 当初、SASUKEはゆなといい雰囲気だった時期もあったものの、まゆからアプローチを受け、次第に恋の矢印が変化。中間告白でまゆの告白を受け入れ、最終告白では自ら「好きです」とストレートに気持ちを伝えた。しかし、「オオカミちゃん」であるまゆとSASUKEは、結ばれない運命にある。告白成立の証として渡される赤い風船は、まゆの手によって空に放たれ、2人の恋は切ない結末を迎えたのだった。

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 ABEMAプレミアム限定エピソード『彼とオオカミちゃんには騙されない SASUKE それぞれの歌』は、「オオカミちゃん」だったまゆとユリホが、最終告白の4日後に、それぞれアトリエを訪れるシーンから幕を開ける。2人が観ることになったのは、「オオカミちゃん」の秘密を守り抜いた「彼」の物語。第1話で訪れたキャンプ場で「彼ガチャ」を回し、2人の「オオカミちゃん」の名前が書かれた紙を見た瞬間、SASUKEは「彼」となった。その後、行われたインタビューで、SASUKEは「2人のオオカミちゃんの名前を知ってどう思った?」との質問に、「めちゃくちゃ意外でした。でも一番意外だったから、なんか納得していて」と返答。さらに、「彼」に選ばれた瞬間の心境を「そっか、ぐらいです。確率的にもあり得なくない」と振り返り、いたって冷静に受け止めていたことを明かした。

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 だが、後にSASUKEは、「彼」に課せられた使命が簡単なものではないことを、知ることになる。まゆはSASUKE一筋で、真っすぐ想いを伝えてきた。しかし彼女は「オオカミちゃん」なのだ。「オオカミちゃん」であるまゆの言葉を、本当に信じていいのか…。常に疑念がつきまとい、SASUKEは苦しんできたのだった。インタビューの中でSASUKEは「オオカミちゃんだとわかっているからこそ、そういう意識があって、確認したいこととか。僕が(恋の)経験がないので、勝手に受け取っているだけかもしれないので」と、まゆのアプローチをどう受け取っていいものか、悩んできたことを吐露。SASUKEのこの言葉を聞き、VTRを観るまゆの目に涙が浮かんだ。

“彼”だったSASUKEが本当に好きだったのは? 苦悩と真実が明らかに「やり直せるなら…」『彼オオカミ』

 それでもSASUKEは、まゆに対し疑うような素振りを見せたことは、一度もなかった。中間告白で「私はオオカミちゃんじゃないので、SASUKEくんには信じてほしいです」と言ったまゆに、SASUKEは「信じた」とキッパリ。男性メンバーとの間で「もし彼だったらどうする?」という話題になった際も、「自分が好きだったら一緒。関係なくそのまま気持ち伝えるかな」と話していた。

 なぜSASUKEはまゆを、恋の相手に選んだのだろうか。「やり直せたりするのなら…」。「彼」ではない世界でもう1度恋をするのなら、SASUKEは誰を選ぶのか。さらに、第12話のラストでSASUKEが置いていった、カセットテープの謎も明らかに。『彼とオオカミちゃんには騙されない SASUKE それぞれの歌』は、ABEMAプレミアムで配信中。

【ABEMAプレミアム限定】第一夜:声に出せなかった彼の恋
【ABEMAプレミアム限定】第一夜:声に出せなかった彼の恋