5月8日に最終回を迎えたABEMAの恋愛番組『彼とオオカミちゃんには騙されない』(以下『彼オオカミ』)。モデルで女優のゆなと俳優の松本怜生(レオ)が、遠回りしながらも、最後は見事に恋を実らせた。

【動画】レオ&ゆな、初めての出会い

 レオは最初からゆなを想っていたが、ゆなはSASUKEに惹かれていた。SASUKEのことを想う北澤舞悠(まゆ)を含めた複雑な四角関係性は、誰にも予想できない展開となり、視聴者から多くの注目を集めていた。そんな中、レオの一途な想いがゆなに伝わり、2人は一気に距離を縮める。しかし、ゆなが誘ったSASUKEとのデートをきっかけに再び暗雲漂う展開に。一時は修復不可能なまでに危機が訪れたものの、最終回ではレオが真っ直ぐな気持ちをゆなに伝え、ゆなも「レオが思っている以上にレオのことが好き」とめでたく告白成立。2人を応援するファンが多いだけに、多くの反響が寄せられた。

 ABEMA TIMESでは紆余曲折を経て両想いとなった2人を直撃。番組について振り返ってもらうと共に、これからのことを語ってもらった。

レオ「変にかっこつけないように心がけていました」ゆな「嘘だぁ。かっこつけてました(笑)!」

――最終回は素敵な告白でした。約3か月にわたって放送された『彼オオカミ』ですが、お2人は放送を楽しんでいましたか?

ゆな: そうですね。放送の日は、いち視聴者としてお家で楽しんでいました。“こんなふうになっていたんだ〜”とそこで答え合わせするような感じです。

――放送を重ねるごとに“レオゆな”というものが人気になっていきましたね。

レオ: 本当に恵まれていたと思います。反響ももちろん感じていますし、最終回が近くなるにつれて、一つ一つの行動に大きなリアクションがあって。

――『彼オオカミ』の出演が決まった時、不安に思っていたことはありましたか? 恋をしている瞬間を捉えられるわけですが。

レオ: 僕はとにかく等身大で臨むように決めていましたね。嘘をつかないように、変にかっこつけないように心がけていました。

ゆな: (ニヤリとしながら)嘘だぁ。かっこつけてました(笑)!

レオ: いやいや…! でも、かっこつけてたら言えないような言葉ばっかりを口にしていたんですよ。やっぱり初めての場所で緊張感もあったというか。誰にも見られていない状況だったら、逆に僕はあそこまで素直に感情を伝えられないです。

――そういう意味では元々不器用ということ?

レオ: うーん、どうなんやろ。でも今回の『彼オオカミ』のように話し合えるメンバーもいたから、行動に移せたと思います。例えば、ずっとひとりで考えることになっていたら、多分自分から話かけるような勇気はなかったかなって。

大反響ペア“レオゆな”、これからは「それぞれの夢も応援して欲しい」『彼とオオカミちゃんには騙されない』両想いペアインタビュー

――もどかしそうな表情は画面から伝わってくる場面もありましたが、そういう意味だと番組を通じて新たな自分を発見できた?

レオ: 本当にそうですね!

ゆな: 私は元々恋愛番組が好きだし、『オオカミ』は大好きな番組でした。でも、これまで出演されたみなさんはキュンワードを頻繁に出していて、一方の私はそんなキャラでもないし“自分にはできない”と思っていたんです。YouTubeやバラエティから好きになってくれた人は、私のキャラクターを理解してくださっていると思うんですけど、恋愛番組はまた違う路線だと思うので、正直に言うと不安でした。それと、最年少メンバーというのがわかった時も不安に思ったかな。

――そんな気持ちの中、実際に経験してみてしてどうでしたか?

ゆな: やっぱり初日はとても緊張していました。YouTubeは動画1本撮るのに使う時間は20〜30分で、長くても1時間程度で終わる短距離走です。そういうのに慣れていたので、ずっと素でいる環境は戸惑いました。けれど恵まれた環境だったので、心を開いてからは気にならなくなっていって、学校の休憩時間にワイワイ話しているような感覚になれました。割と序盤から、いつもの自分になれたのかなって思います。

――その中で放送では恋をしている自分というのも見るわけで。そういった部分はどうでしたか? 新しい発見はありましたか?

ゆな: ありました! 私、恋愛を頻繁にしてきた人じゃないし、その上で恋愛をしている自分を見る機会なんてないじゃないですか。これまでは基本的に「人の目をちゃんと見て話するよね」っていろんな方に言ってもらっていたんですけど、好きな人や異性と意識すると、全然目を見られない自分に気づいて(笑)。

――確かに6話での「6秒間の見つめ合い」では照れ臭そうにしていましたね。

ゆな: (笑)。割と感情がすぐ顔に出るので、わかりやすいタイプだと思うんですけど、でも恋愛においては素直じゃないんだなというのは新発見でした。

大反響ペア“レオゆな”、これからは「それぞれの夢も応援して欲しい」『彼とオオカミちゃんには騙されない』両想いペアインタビュー

――レオさんは?

レオ: 僕は、結構感情が顔に出るんだと思いました。この番組に出る前「自分のチャームポイントは?」って聞かれる機会があったんですけど、その時は「喜怒哀楽がわかりやすい」と答えたんです。これは親に言われたことなんですけど。それでいざ映像を見てみたら、本当にわかりやすかった(笑)。

ゆな: 確かにわかりやすい! 明らかに“デュフフ顔”している時があった!

レオ: (笑)。でも、そうですね。声とかにも感情が出ちゃっていたと思います。

――そのまま出ちゃうんですね。

ゆな: 常に出てましたよ〜(笑)! 私的に今回のメンバーで2番目くらいに顔に出ちゃう人でした。

――1番は?

ゆな: ショーンです(笑)。ショーンは何もかもが顔に出ます。そしてSASUKEは1番読めない。なので、レオはわかりやすいよ。私と一緒!

レオ: マジ(笑)?

レオ「僕が好きで聴いていた曲をこっそり聴いてくれてた」ゆな「表情や言動がたまに子供になるんです」

――お互いの性格で似ている部分は?

レオ: 2人ともインドアだし、友人との関わり方、仕事への向き合い方、家族との接し方とか、共感できる部分がすごく多いんです。

ゆな: 血液型がお互いB型というのもあるんですけど、考え方だとか“私だったら、俺だったこうする”という行動の面でも、考えが一緒になることが多くて。

――逆に“ここは理解できない”といった部分はありますか?

ゆな: 人としての考え方は似ていると思うんですけど、聞く音楽だったり、着る服、好きな食べ物とか、そういう系の話は全然合わないです(笑)。私はどっちかっていうと、今のトレンドを追い求めるタイプなんですけど、レオは音楽も私が聴かないような曲を聴いているんです。

――時代に流されないで、自分の好きな曲を求めているということですね。

レオ: でも僕が好きで聴いていた曲をこっそり聴いてくれてたりするんですよ(笑)。そういう部分に僕はいつもやられるんです。

ゆな: きゃ〜(うれしそうな声)。

――それはうれしいですね。

レオ: うれしいし、それは僕ができなかったところですね。

――ゆなさんとレオさんは年の差がありますが、レオさんが甘えるような瞬間はありましたか?

ゆな: 基本的に私よりいろいろ経験してきている大人だと思うんですけど、アトリエで作業が終わる頃になると、犬のような表情になって“疲れた〜”ってしているんです。

――あんまりその様子は放送に映されていませんでしたね(笑)。

ゆな: そうなんです! もっと見てもらいたかったんですけど、ふとした時の表情や言動がたまに子供になるんですよ。ずっとおねだりしていたものをお母さんから与えられて“嬉しい”気持ちがまるわかりの子供のような。私はそういう部分がかわいいと思うんですけど(笑)。

レオ: (笑)。わかりやすい例えやなぁ。

“レオ&ゆな”ペアだけでなく、個人としても応援してほしい

――改めて『彼オオカミ』の期間で得たものを教えてくれませんか。

レオ: 僕は正直、素を出すことに慣れていなかったので、その部分は完全に克服できたと思っています。出演する前はモデルとしての撮影も正直得意ではなく、1回「カメラ苦手だね」って言われたこともあったんです。ずっとその言葉が心の片隅にあって“克服しないと”となっていた時にこの番組に出演することができて、あれだけ気にせず素を出せたので、1番気になっていた部分は卒業できたんじゃないかな。

――“レオゆな”というペアのファンも多く出来たと思いますが、それについては?

レオ: 僕ら2人、たくさんの方に応援してもらっていて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。でも僕らはそれぞれ夢があって、ここで終わらず違うステージで活躍する姿を見せたいという思いがあるので、レオ、そしてゆなと個人としても応援してくれたら嬉しいなと思っています。

ゆな: うん。でもレオ&ゆなが消えるわけじゃないので。レオ&ゆなを推してくれることはとってもうれしいんです!これからはそれぞれの夢も応援して欲しいなと思っています。

大反響ペア“レオゆな”、これからは「それぞれの夢も応援して欲しい」『彼とオオカミちゃんには騙されない』両想いペアインタビュー

――レオさんの最終的な夢を教えてください。

レオ: 僕は役者として活動しているんですけど、仮面ライダー俳優になりたいと思っています。今の立場で“仮面ライダー俳優になりたい”という目標があり、それを叶えたくて頑張っています。僕の地元・愛媛の映画館のスクリーンにも登場できるような、俳優になりたいですね。

ゆな: 私もこの世界での活動歴は6年超になってきていますけど、今、私の中で決めていることは“いろんなことに挑戦する”ってことです。最終の夢は女優さんになることなんですけど、苦手だと感じることでも“とりあえずやってみよう”の精神でここまできました。その中でも新しい挑戦が『オオカミ』だったんです。不安からスタートしましたけど、知らなかった自分を知ることが出来たし、この番組を通して、私のことを好きになってくれた方もたくさん増えました。そういう意味ですごく大きな番組でした。感謝しています。

レオ: これからもし恋愛の作品に出るような機会があったら、『彼オオカミ』はそのための演技の教材になるような気もしているんです。“恋愛した時、俺はこういう風になるのか”というのを知れたので、そういう部分は経験できて良かったです。

ゆな: 今度レオ&ゆなとしてみんなの前に出ることがあるとしたら、ファッションイベントか何かで『彼オオカミ』ステージがあった時だね!

レオ: そうやな。お互い、頑張っていきましょう

 『彼とオオカミちゃんには騙されない』はABEMAにて全話配信中。

テキスト・取材:中山洋平、撮影:You Ishii

彼とオオカミちゃんには騙されない
彼とオオカミちゃんには騙されない