GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮
番組をみる »

 5月15日、ABEMAにて『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.1が放送され、息の合った即興演技を見せた朝ドラ女優・白石優愛と人気モデル・鈴木志遠のペアに注目が集まった。

【動画】小森隼が大興奮だった即興演技

『恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~』とは?

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 同番組は、期待の若手俳優たちが毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛番組。スタジオメンバーは近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃんPerfume)、福徳秀介ジャルジャル)、小森隼GENERATIONS from EXILE TRIBE)、谷まりあが務め、初回放送ゲストには俳優の稲葉友を迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、上大迫祐希(以下:ゆうき/21歳)、小池亮介(以下:りょうすけ/26歳)、白石優愛(以下:ゆあ/20歳)、鈴木志遠(以下:しおん/25歳)、橋下美好(以下:みよし/23歳)、橋本裕太(以下:はっしー/27歳)、松川星(以下:あかり/25歳)、松村陸斗(りくと/23歳)の男女8人。 

 毎回、配られるドラマの台本は主役のキャストが決まっておらず、メンバーたちは男女でペアを組み、主役の座を目指す。その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンでは、前シーズンとは違って男性メンバーと女性メンバーが別れて共同生活をし、男女が顔を合わせられるのは限られた時間のみ。また恋愛ドラマの内容は、「おとぎ話」をテーマに原案を募集し、子どもの頃誰もが一度は夢見た「おとぎ話」の世界を現代の恋愛と掛け合わせ、女性にとっての憧れがたっぷり詰まったストーリーとなっている。

朝ドラ女優と人気モデルの即興演技に小森隼がキュン

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 今回の出会いの場は稽古場ではなく、パーティ会場。女子メンバーが待つ中、階段上から男子メンバーが次々と登場した。1人目は186センチ高身長の人気モデル・しおん、2人目はウルトラマンで主演を務めていたりょうすけ、3人目はまだ演技ははじめたばかりだという最年少男子・りくと、そして最後に登場したのは、『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン1に出演していたはっしー。こうして男女8人が初対面を終えた。

 まだまだ緊張気味のメンバーたちは、適当に分かれて談笑することにするが、時間が限られているということもあり、次第に思い思いの相手を誘い、2ショットタイムを過ごすように。はっしーはあかりを、りくとはみよしを誘った。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 女子メンバーで自ら動いたのは、ゆうき。第一印象でしおんが気になったというゆうきだったが、話してみると「会話がうまく続かない」「気になっている人に私は入らないんだろうな」と手応えがなかったとのこと。そんなゆうきの一方で、しおんは「話しやすかった」「話の波長が合うような気がしました」とゆうきとの時間を振り返っており、早くもすれ違いが勃発。他にもみよしは、誘ってくれたりくと、話が合ったしおんを気になるとコメント。既に2人の女性から名前があがったしおんに、スタジオのあ~ちゃんは、「それはモテるよね~」と納得の様子だった。

 翌日、さっそく第1話のドラマオーディションへ向けての稽古がスタートする。今シーズンの恋愛ドラマのテーマは「現代版おとぎ話」。ドラマ第1話は『シンデレラ』をモチーフとした恋物語で、残業でひとり取り残されたヒロインのもとへ、パーティーを抜け出してきた憧れの副社長が登場し、想いを告げられたヒロインはそこでロマンチックなキスを交わすというもの。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 初回のペア決めは、女子からの指名制。1番のくじを引いたゆうきは、“憧れの上司”という設定で入り込める相手として、はっしーを指名。2番のくじを引いたゆあも同じくドラマの設定を加味した上で、「台本的に“まさか私がこの人と?”という人にぴったり」としおんを選択。3番のくじを引いたみよしは前日に誘ってくれたりくとと、4番のくじを引いたあかりは必然的にりょうすけとのペアとなった。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 各々が練習する中、スタジオが注目したのは、ゆあ&しおんのペア。身長差があり、絵になる2人の姿にスタジオは「すごい身長差!」「顔ちっちゃ!」と大興奮。さらに、キスシーンまでの流れを一通り終えると、ゆあはうっとりと乙女の表情へ。小さな変化を見逃さなかったスタジオのMCからは「とろ~んとしてる!」「もう顔が違う」とツッコミの声があがっていた。

 そんなスタジオの予想通り、ゆあはその夜、女子メンバーへ「めちゃめちゃ印象変わって」としおんとペアを組んだ感想を報告。「失礼だけど最初全然この人と話合わないと思ってたの」「こんなにちゃんと会話できるんだ、楽しいと思った」と印象が良い方向へ変わったことを嬉しそうに話していた。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 こうして迎えたオーディション当日。演技指導の澤田先生からは、突然、台本に沿った演技ではなく与えられた設定の中での即興演技でオーディションを行うことが告げられた。まさかの展開に動揺するメンバーたち。しかし、ゆあ&しおんのペアは、しおんからの嫉妬を交えた愛の告白に対し、ゆあが過去の恋愛を忘れらない葛藤を涙ながらに打ち明けるという息の合った名演技を披露。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 スタジオからは、「自然だね」「リアル!」「ゆあちゃんすごい」「めちゃめちゃ吸引力があって引っ張られる」と絶賛の声があがり、特に無類のショートカット好きとして知られる小森は、「んぁ~好きです!」と既に虜になっていた。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 オーディションの結果、澤田先生からも「お二人のやりとりが一番リアリティがあって良かったです」と称賛されたゆあ&しおんのペアが主役に決定。ゆあは、「相手がしおんくんじゃなかたら絶対できなかったって確信持ててる」と言い切り、「いざ、本当にキスしてくださいって状況になってるので…ちょっと今恥ずかしい」と照れ笑い。

GENE小森隼、朝ドラ女優の即興演技に「んぁ~好きです!」と大興奮

 一方でしおんも「正直初日の段階で一番恋愛的にないと思ってたのがゆあちゃん」とゆあは恋愛対象ではなかったことを明かした上で、「明らかに初日の段階よりは恋愛感情が芽生えてると思いますし、これからドラマの撮影をやっていく中でもっと縮まるのかな?」と動き出した自身の気持ちについて明かした。

 ゆあ&しおんは実際にキスをして気持ちが動くのか?全貌は、ABEMAにて配信中。『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』act.2は、5月22日(日)よる10時~の放送だ。

恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
act.1:おとぎ話のような恋の始まり【1時間SP】
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~
主役を勝ち取りキスシーンを演じるのは誰?演技を超えたキスは生まれる?