ブランデッドムービーの話題作が集結、国際短編映画祭「BRANDED SHORTS」ノミネート34作品をABEMAで配信スタート
番組をみる »

 俳優の別所哲也が代表を務める国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」(以下、「SSFF&ASIA」)の「BRANDED SHORTS」にノミネートされた34作品が5月12日からABEMAにて配信される。

【動画】「阿蘇の不時着」「Unspoken Love」など配信中の34作品

 今年で24年目を迎える「SSFF&ASIA」は、短編映画を対象とした日本の映画祭で、毎年、100を越える国と地域から約6000本の応募があり、その中から厳選された約200作品が部門ごと上映される。本年度は126の国と地域から5,720作品が集まった。今回ABEMAで配信される「BRANDED SHORTS」は、「SSFF&ASIA」の一部門として国内外の企業が制作するブランデッドムービーを映画祭の視点でセレクトされたもの。

 ブランデッドムービーは企業や商品、サービスの存在意義など、企業が伝えたいメッセージを、ストーリー性のある映像にのせることで共感を得るブランドコミュニケーションのひとつ。従来のコミュニケーションプランニングだけでは、顧客とのエンゲージメント醸成が難しくなってきた時代に、企業が動画マーケティングに力を入れ「生活者にとっての価値(エンターテイメント性や有益性)」と「企業やブランド側からのメッセージや理念」を両立出来るコンテンツとして、注目を集めている。

 昨年の「SSFF & ASIA 2021」内で開催されたブランデッドムービーの祭典「BRANDED SHORTS 2021」では、500本以上の応募作品の中から、インターナショナル部門にVOLVOの「The Parent」、ナショナル部門にUNIQLOの「服の旅先」が選ばれ、話題になった。本年度も、「ゴーストバスターズ/アフターライフ」監督の親子共同作品(Apple社)、“楽器を持たないパンクバンド”「BiSH」の出演が話題のブランデッドムービー(NEC社)など話題作が集まり、受賞作品の行方に注目が集まっている。

 また、6月14日に開催される、Branded Short of the Yearおよび観光映像大賞 観光庁長官賞が発表される「BRANDED SHORTS」セレモニーイベントもABEMAで生中継される。 

BRANDED SHORTS 2022 - インターナショナル部門 - Beautiful Run (映画)
BRANDED SHORTS 2022 - インターナショナル部門 - Beautiful Run (映画)
BRANDED SHORTS 2022 - ナショナル部門 - C’est LA VIE (映画)
BRANDED SHORTS 2022 - ナショナル部門 - C’est LA VIE (映画)
BRANDED SHORTS 2022 - (映画) 
BRANDED SHORTS 2022 - (映画)