直近3回のミサイル発射を報道せず “異例の事態”の背景にコロナ拡大? 金総書記の“マスク姿”に見える切迫感
番組をみる »

 これまで新型コロナウイルスの感染者はいないとしていた、まさに“ゼロコロナ”だった北朝鮮は12日、初めてオミクロン株の感染者を確認したと発表した。

【映像】北朝鮮コロナ拡大 異例の“内情”報道 「強い危機感・正恩氏の激怒」も明らかに

 金正恩総書記は全地域の徹底封鎖を指示し、国家防疫体制を「最大非常防疫体系」へ移行。また、15日の会議では、自らが命じた医薬品の国家備蓄放出や薬局の24時間化が進まないことに怒りを爆発させ、「内閣と保健部門が危機を正しく認識せず、人民への献身精神が口先だけだからだ」と厳しく叱責したという。

 北朝鮮の新型コロナを巡る状況について、ANNソウル支局の河村聡記者が伝える。

Q.北朝鮮の感染状況は?
 北朝鮮メディアは12日、新型コロナのオミクロン株の感染者が確認されたと初めて公表した。12日の一日で1万8000人が新たに発熱。また、4月末から原因不明の熱病が爆発的に拡散し、発熱者は35万人、うち16万2200人は完治したとしている。これまでに約19万人が隔離・治療を受けていて、6人が死亡し、そのうち1人はオミクロン株の感染が確認されたということだ(13日時点)。

 発表はあくまで「発熱者が出た」というもので、北朝鮮内部で検査体制がどうなっているかはわからない。ただ、発表のタイミングからみると、少なくとも新型コロナと関連付けて発熱者を見ていることは間違いないと思う。

直近3回のミサイル発射を報道せず “異例の事態”の背景にコロナ拡大? 金総書記の“マスク姿”に見える切迫感

 13日に公開された映像で注目したいのが、金総書記がマスクを付けている姿。会場に入ってくる時にマスクを付けていて、しゃべっている時には外しているが、金総書記がマスクを付けている姿というのは初めて公開された。これまでは周りが付けていても最高指導者だけは付けないという姿勢を貫いていたが、ここにきて公開している。それだけ切迫感があることもわかるし、国民に感染対策を促す意図があるとみられている。

Q.医療体制はしっかりと整備されている?
 もちろん先進国のような医療体制は整っていない。さらに、新型コロナに関しては、ワクチンがほとんど入っていないのではないかとされている。国民全体の栄養状態も悪い中で、危機的な状況にあることは想像に難くないが、唯一の救いは、食糧不足が特に深刻な冬ではないことだ。

Q.ウイルスはどこから入ってきた?
 “ゼロコロナ”の自信のもととなっていたのが、徹底した国境封鎖。経済へのダメージは大きくなるが、徹底的に水際対策をしてきた。ただ、完全にこれをゼロにできるかというと、そうではない。今年の1月からは中国との貨物列車の行き来を再開しているように、どうしても国内だけではまかなえないものに関しては、外とのやりとりでなんとかしている。そういったところからウイルスが入り込んだと考えられる。

直近3回のミサイル発射を報道せず “異例の事態”の背景にコロナ拡大? 金総書記の“マスク姿”に見える切迫感

 また、4月には北朝鮮の「記念日」が相次いだ。15日には金日成主席の生誕110周年の記念日、25日は朝鮮人民革命軍の創設90年の記念日だった。25日の軍事パレードには、金総書記以外にもマスクを外して臨んでいる人が多かった。また、日本で報道されるのはほとんどが平壌で行われた大規模なパレードだと思うが、それ以外にも各地でお祝いのイベントが行われている。そういったところで広がった可能性は十分にあると思う。

Q.なぜこのタイミングで感染を公表した?
 新型コロナの感染確認は“弱み”を見せる情報なので、正直、発表があって我々も驚いた。まずは、国内の人々に感染対策をとらせないといけないという切羽詰まった状況があると思う。一方で、韓国メディアの中には「いずれ国際社会からの援助が必要になった局面のために、自分たちの状況を明らかにしておく」と報じているところもある。

Q.周辺国の北朝鮮に対する援助の方針は?
 韓国の尹大統領は「ワクチン含む医薬品を提供する方針だ」と表明した。ただ、北朝鮮にもメンツがあるので、受けるかは別問題だ。アメリカはワクチン分配の国際的な枠組み「COVAX」からの提供を北朝鮮が何度も拒否していることから、「提供の計画は今のところない」と厳しい姿勢をとっている。また、北朝鮮と比較的仲が良い中国は「提供の用意がある」と早々に打ち出しているが、おそらく北朝鮮はまず中国を頼って、それでもどうにもならない場合に他国に訴えるか、国際機関を通して助けを求める流れになると思う。

Q.直近のミサイル発射について北朝鮮側からの発表はないが、新型コロナの感染拡大が影響している?
 ここ3回のミサイル発射は、北朝鮮側から報道されていない。今までであれば、翌日にはミサイルの写真や映像が出たり、金総書記が視察している映像が出てきたりしていたが、それがなかった。これは異例中の異例で、いろいろな専門家からも説が出ている。例えば、「発表しないことで注目度を高める狙いがあるのではないか」とか、「まとめて発表するのではないか」「発表しないことで軍事的な行動は日常的なこととしていく狙いがあるのではないか」などだ。

直近3回のミサイル発射を報道せず “異例の事態”の背景にコロナ拡大? 金総書記の“マスク姿”に見える切迫感

 しかし、ここにきて「コロナが影響しているのではないか」という見方も出てきている。北朝鮮の国民としては、「コロナ対策が必要な時にミサイルを撃っている場合なのか」という不満も出てくる可能性があるので、世論を意識して国内向けに発表しなかったのではないかという見方も出てきている。

ABEMA/『アベマ倍速ニュース』より)
 

北朝鮮コロナ拡大 異例の“内情”報道 「強い危機感・正恩氏の激怒」も明らかに
北朝鮮コロナ拡大 異例の“内情”報道 「強い危機感・正恩氏の激怒」も明らかに
北朝鮮のコロナ犠牲者 今後3.4万人 韓国で試算
北朝鮮のコロナ犠牲者 今後3.4万人 韓国で試算
北側に人影なく厳しいコロナ対策うかがわせ SNSに中朝国境地帯の様子
北側に人影なく厳しいコロナ対策うかがわせ SNSに中朝国境地帯の様子