重症のジュニアのもとへ駆けつけたせいじ、信じられないリアクションだった「サイッテーやで!」
番組をみる »

 千原ジュニアが命の危機にさらされている時に兄・せいじから受けたサイテーな仕打ちを告白した。

【動画】重症のジュニアのもとへ駆けつけたせいじの反応「サイッテーやで!」

 5月18日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#32が放送。「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、各界のスピーカーが制限時間2分59秒内でスピーチを展開した。MCは千原ジュニア、日向坂46佐々木久美

 死ぬかと思った経験を語り合う中で、ジュニアは「肝臓の病気で死にかけたことが1回」「バイク事故もあるし。2回死にかけたね」「2回ともICU。意識不明。『五分五分ですね』と(言われた)……」と自分が生死の境目を漂った際の状況を説明した。

 ジュニアは「バイクで事故った時、血が大量に抜けると寒いんやね。めっちゃくちゃ震えるわけ。(寒くて震えて)手術台の上で頭ガンガン打って。毛布をかけられねんけど、全く寒さが取れない」と壮絶な体験を振り返った。

 そんな中、見舞いに現れたのが兄・せいじ。ジュニアは「意識が朦朧としてぼんやりする視界の中、せいじが(来た)。身内しか入られへんから」と切り出した。

 ところがせいじは生死の境を漂うジュニアを見て大笑い。「俺の顔のグッチャグチャの腫れを見て、めっちゃ笑ってた」「サイッテーやで!(笑)」と、心配どころか真逆の反応をされたという。

 せいじのサイテーな振る舞いはそれだけではなかった。ジュニアは「その手術室の向かいの廊下には、ホステス待たせてた(笑)」とさらにオチをつけた。他の出演者たちは「サイッテー!(笑)」「めちゃくちゃですね!(笑)」と感想を語り合っていた。

重症のジュニアのもとへ駆けつけたせいじの反応「サイッテーやで!」
重症のジュニアのもとへ駆けつけたせいじの反応「サイッテーやで!」
夫婦で口論の末、カーナビに右ストレート…その時発した「奇跡の一声」とは!?
夫婦で口論の末、カーナビに右ストレート…その時発した「奇跡の一声」とは!?
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
カメラの前でも全裸でウロチョロ…井上咲楽、定点カメラを回される生活での失態を告白
ABEMA TIMES